腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

『ファブリック あぐら座椅子』はあぐらをかく事が可能?

   

背もたれを備えた座椅子は、底つき感を緩和できるだけではなく、背中を支えてくれます。

そのため、楽な姿勢で座り続ける事ができます。

しかし、長い間に渡って、座椅子に座り続けたら身体に疲労が溜まってしまう事があるでしょう。

そのような時は、あぐらをかけたら、身体にかかる疲労を軽減できますが、座椅子は横幅が狭い商品が多いです。

そこで、おすすめしたいのが『ファブリック あぐら座椅子』です。

この座椅子は、あぐらをかきやすい商品になっているので、あまり身体に疲労が溜まらないので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

ファブリック あぐら座椅子の特色

本製品は、あぐらをかきやすくなっている上に、座り心地もよくなっています。

しかし、今まで、あぐらをかきやすい座椅子を利用した事がない方は「本当にそのような座椅子があるのだろうか」と思ってしまうでしょう。

そこで本製品の特色について紹介するので、確認してみて下さい。

ワイド設計

本製品が、あぐらをかきやすくなっているのは、座椅子とは思えないほどの『ワイド設計』で作られているからです。

実際に本製品の横幅は、75cmもあるので、よほど体格の大きい方でなければ、座椅子の座面の上であぐらをかく事ができます。

さらに本製品の大きな特色として、座面の奥の中央部が凹んでいるのです。

そのため、本製品を利用すれば、お尻がズレづらくなっているので、正しい姿勢をキープしやすくなっています。

そのような特徴がある座椅子なので、姿勢が崩れやすい方には、本製品はおすすめです。

ボリューム

あぐらをかける座椅子でも、座面の『ボリューム』が足りなければ、座り心地が悪くなってしまうので、注意しなければいけません。

なぜなら座面のボリュームが足りなくなってしまえば、底つき感があるからです。

もしも底つき感がある座椅子を利用したら、腰やお尻が痛く感じやすいのです。

そのような事になれば、長い間に渡って、座る事が難しくなります。

所が、本製品の座面の厚みは、約21cmもあるのです。

このようにボリュームがある座椅子なので、底つき感があまりないので、座り心地がよくなっています。

リクライニング

座椅子は背もたれを備えていたら、背中をサポートしてくれますが、自分の身体に合わない角度になっていたら、身体に大きな負担をかけてしまいます。

そこで本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、背もたれの角度を調整できるようになっているのです。

そのため、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを調整できるようになっているのです。

さらに背もたれは90度まで倒す事が可能なので、うつ伏せで利用する事もできます。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

あぐらのデメリット

本製品で、あぐらをかいたら楽な姿勢で座る事はできます。

しかし、あぐらをかく事は様々なデメリットがあるので、注意しなければいけません。

そこで、あぐらをかきやすい方のために、どのようなデメリットがあるのか紹介するので、見ていきましょう。

猫背になる可能性

あぐらをかいてしまえば、背中が自然に丸くなりやすいので『猫背』になるケースが多いです。

もしも猫背になっている状態で、座椅子の背もたれに背中が当たってしまえば、お尻が前のほうへズレやすくなります。

そうなれば、お尻で座るというよりは、腰で座るような姿勢になってしまうのです。

腰で座るような姿勢を続けてしまえば、最悪のケースでは、腰痛になってしまいます。

所が、本製品の座面は後方の中央部分が凹んでいるので、お尻のズレを抑えてくれます。

そのため、あぐらをかくデメリットをある程度までカバーできるのです。

骨盤のバランス

あぐらをかいてしまったら、猫背になるだけではなく、骨盤のバランスが崩れてしまいします。

実際にあぐらをかいたら、身体が左右対象になりづらいのです。

もしも骨盤のバランスが崩れてしまったら、正しい姿勢をキープする事が難しくなります。

そのような事になれば、見た目が悪くなるので、周りの方たちが、あなたを見る視線が厳しくなる場合もあるのです。

そのため、本製品はあぐらをかきやすいとは言え、骨盤のバランスの事を考えれば、あぐらをかく回数を抑えたほうが良いです。

椎間板にかかる負担を軽減

私たち人類は、四足歩行から二足歩行へ進化する過程で、背筋が『S字カーブ』になっていきました。

このS字カーブとは、背筋を真横から見たら、S字の形状になっている姿勢を指します。

このような複雑な形状をキープできなければ、椎間板に大きな圧力が加わってしまうのです。

あぐらをかいたら、S字カーブをキープする事が難しくなるので、椎間板にも大きな負担をかけてしまいます。

そのため、椎間板にかかる負担を軽減するためにも、あぐらのかきすぎには注意して下さい。

あぐらをかくメリット

あぐらをかいたら、デメリットが多すぎるので、本製品を購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

所が、あぐらをかいた場合には、メリットもあるのです。

それは膝にかかる負担を軽減できる所です。

実は、背筋を伸ばしやすい姿勢として『正座』が有名ですが、正座は膝に大きな負担をかけるので注意しなければいけません。

膝の軟骨は加齢によって、摩耗していくので、膝痛に悩まされてしまう方が多いです。

そのため、正座をするよりは、本製品を利用する価値はあります。

本製品の製品情報

本製品の魅力や、あぐらについて分かってもらえた所で、次に本製品の製品情報も紹介するので、この座椅子を購入するべきか参考にしてみて下さい。

サイズ

座り心地の良い座椅子を購入しても、その商品を部屋に設置できなければ、意味がありません。

そのため本製品を購入する前に、この座椅子を設置するスペースを確保する必要があります。

そして本製品のサイズは、背もたれを倒していない時は、幅75×奥行81×高さ73cmです。

しかし背もたれを90度まで倒したら、幅75×奥行140×高さ21cmになります。

そのため、空きスペースを確保する場合には、本製品の背もたれを倒す余裕を持たせるために、幅70×奥行140cm以上は確保するようにして下さい。

カラーバリエーション

座椅子を購入する際には、多くの方たちが座り心地だけではなく、デザインも気にするでしょう。

実際に本製品は高級感のあるデザインではありませんが、カラーバリエーションが5種類も用意しています。

その5種類とは、ダークブラウン・ベージュ・ネイビー・グリーン・グレーなどです。

これほど数多くのカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うデザインを見つけられる可能性は高いです。

ただし、男性から高い人気を集めているブラックまでは無いので、注意して下さい。

コストパフォーマンス

本製品はあぐらをかきやすい設計で作られているので、ある程度までコストをかけています。

そのため、多くの方たちは「高額な座椅子では、ないだろうか」と不安になったかもしれません。

所が、本製品は意外にも低価格な座椅子で、楽天市場では送料別ですが、税込価格7,970円で購入する事ができるのです(2018年3月8日時点)。

実際に日本で販売されている座椅子の中には、10,000円以上になっている商品が多いので、本製品はコストパフォーマンスが高い座椅子になっています。

まとめ

本製品は、座面に凹みがあるので、お尻のズレを抑えやすくなっています。

しかし猫背になっている状態は、腰にかかる負担を考えたら、あまり良い状態ではありません。

そのため、本製品を購入しても、あぐらをかく回数を抑える事が重要です。

もしも、あぐらをかく回数を抑える事が難しい場合は、座椅子に座る時間を短くしてみて下さい。

そうすれば身体の疲労を軽減できます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子