腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

『姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子』を紹介!腰痛の方は必見

   

家具の赤や(AKAYA) ガスレバー式 無段階リクライニング座椅子 腰痛解消ランバーサポート (ブラック&ブルー)

腰痛の方は、腰に負担をかけるような座り方をしていたら腰痛を悪化させてしまいます。

そのため、腰痛の方は腰にかかる負担を軽減させる姿勢で座る事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子』です。

この座椅子は背もたれを緩やかなカーブにする事で、腰にかかる負担を軽減しているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子の魅力

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、背もたれが緩やかなカーブになっているだけではなく、魅力的なポイントがいくつもあります。

そのため姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を詳しく知りたい方には、興味深い所だと思うので、どのような所が魅力的なのか紹介するので見ていきましょう。

緩やかなカーブ

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子の背もたれは緩やかなS字カーブになっているので、背もたれに寄りかかっていれば、上半身の体重が背中と腰に分散されます。

なぜならS字カーブになっているので、背中の中央部分が背もたれのカーブにフィットするからです。

そしてS字カーブの背もたれに寄りかかる事によって、背中が丸くなってしまう事を抑えやすくなるのです。

そうすれば猫背になりづらくなるので、腰にかかる負担は、さらに軽減できます。

そのため腰痛に悩んでいて、腰にかかる負担を軽減できる座椅子を利用したい方には、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子はおすすめです。

こだわりの素材

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、背もたれの形状だけではなく、素材にもこだわりを持った座椅子です。

実際に背もたれで使用されている素材は、クッションのような働きを持たせるために『ウレタンフォーム』を採用しています。

そして座面には耐久性に優れているチップウレタンを使用しているので、長い間に渡って愛用する事が可能です。

このように、素材にこだわりを持った座椅子なので、多くの方が満足して使用する事ができるでしょう(個人差はあります)。

リクライニング

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、背もたれの上部・背もたれ下部・座面前部の3ヶ所でリクライニングができます。

そのため背もたれの下部をリクライニングすれば、背もたれ全体を倒す事ができるので、90度に近い角度になっている座椅子が、180度の水平の状態にする事ができるのです。

このように水平の状態にしておけば、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を使用しない時には、押入れやクローゼットなどに、容易に収納する事ができます。

そして背もたれ上部や座面前部もリクライニングすれば、様々な楽しみ方があるので、利便性の高い座椅子になっているのです。

コストパフォーマンス

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、魅力的なポイントが多い座椅子なので、多くの方たちが高額な商品と思ってしまうでしょう。

所が、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、楽天市場では11,664円で購入する事ができるのです(2017年9月5日時点)。

数多くある座椅子の中には、3,000円前後で購入できるものもありますが、このように魅力的なポイントが多い座椅子を11,664円で購入できるのは魅力的なポイントでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

S字カーブの重要性

腰痛を防ぐには、座椅子だけではなく、人間の身体もS字になっている事が重要になります。

実際に正しい姿勢になっていれば、人間の背筋はS字のラインになっていて『S字カーブ』と言われる姿勢になります。

このS字カーブになっていれば、腰の部分が曲がっているので、腰がバネの役割を果たしてくれるのです。

そのため歩く際に、地面へ足を着地させた時の衝撃が、腰のバネによって緩和されます。

そのため腰にかかる負担を軽減できるので、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子の背もたれで、S字カーブをキープする事は重要です。

注意すべきポイント

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は魅力的なポイントが多い座椅子ですが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

もしも注意すべきポイントを知らなかったら、後悔する事になってしまうので、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので確認してみて下さい。

3つのサイズ

腰にかかる負担を軽減できる座椅子でも、身体に合うサイズを選ばなければ、使用しづらいので注意しなければいけません。

実際に、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子には3つのサイズが用意されていて、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズなどがあります。

Sサイズは身長155m以下の方におすすめのサイズで、Mサイズは身長170cm以下の方におすすめのサイズで、Lサイズは身長170cm以上の方におすすめのサイズになります。

このように3つのサイズがあるので、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を購入する際には、あなたの身体に合うサイズを選ぶようにしましょう。

カラーバリエーション

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子にはカラーバリエーションが2種類も用意されていて『ブラウン』と『ベージュ』があります。

それぞれ趣(おもむき)のあるカラーになっているので、年配の方から好まれるデザインとなっています。

ただし若い方には、少し地味なカラーに見えるかもしれないので、明るくて華やかなデザインを好む方は注意して下さい。

利用者たちの満足度

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子はS字カーブをキープしやすい座椅子とは言え、注意すべきポイントがいくつかあったので、この座椅子を購入するべきか躊躇(ちゅうちょ)してしまう方もいるでしょう。

そこで、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

日本では、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子の他にも、リクライニングできる座椅子は数多く販売されています。

そのため、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を利用している方たちの中には、リクライニングできるだけでは他の座椅子と変わらないように感じた方もいました。

そのため姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を利用した場合には、緩やかなS字カーブになっている背もたれを気に入らなければ、満足できない可能性が高いでしょう。

好意的な口コミ

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は3つもサイズが用意されていたので、自分の身体に合うサイズを見つけられて喜んでいる方がいました。

そのため自分の身体に合うサイズを購入すれば、利用しやすい座椅子と言えるでしょう。

そして姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、サイズさえ合っていれば、頭まで支える事ができます。

そのため利用者たちの中には、頭を支えてくれるので、楽な姿勢でTVを見れる所を気に入っていました。

そのようなメリットを考えれば他の座椅子を利用している方で、頭まで支えられなくて不満を抱いている方は、姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子を検討してみる価値があるでしょう。

まとめ

姿勢を大事に考えるサイズを選べる座椅子は、背もたれが緩やかなS字カーブになっているので、体圧を分散させる事ができます。

そのため腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方にとって魅力的な座椅子と言えるでしょう。

ただし趣のあるカラーになっているので、デザインに関しては個人差がある座椅子と言えるので注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子