腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

いつまでも快適に眠ることができる腰痛対策敷き布団を選ぶことが重要

   

高反発マットレス モットン(シングルサイズ)

腰痛と敷き布団の関係は、とても深いと言えます。

しかし、寝具の中でも敷き布団を買い替えると言う行為はとても面倒な行為なのです。

しかし、自分に合っていない敷き布団を使用し続けることは、体にとってはとても悪いことだと言うことをまずは認識しましょう。

正しい姿勢でいつまでも快適に眠ることができる敷き布団を選びましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の原因とは

敷き布団が原因になっている可能性がある

日本人だけではなく、多くの人が腰痛にはとても悩まされている傾向にあります。

腰痛になってしまうことで、普段の何気ない生活にも大きな影響が及んでしまい、楽しいと感じる生活とはほど遠い状況になってしまいます。

腰痛になってしまう原因はとてもさまざまなことが要因となり、自分自身の姿勢がもともと悪いことや、筋力が低下していること、また急に激しい動きをしてしまうスポーツなどを行ったときにも腰痛になってしまうことがあります。

そして、さらに腰痛を招いてしまう原因となってしまうのが、敷布団などの寝具の影響なのです。

敷布団と腰痛とは関係性が薄いと考える人も多くいるかもしれませんが、実は多くの人がこの敷き布団の影響により慢性的な腰痛になっている傾向にあります。

寝具を一から見直すことはとても面倒なことであり、何より敷き布団と変更することは買い替えや処分を含めてとても手間がかかる作業になってしまいます。

しかし、こうまでしても敷き布団を変更することに大きな意味があることは理解していきましょう。

自分に合っていない敷き布団を使用し続けることで、どんどんと体へのダメージは大きくなっていくのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

正しい敷布団の選び方

正しい姿勢で眠ることができる物を選ぶ

寝具全般に言えることですが、敷き布団を選ぶときには正しい姿勢で眠ることができるタイプを選ぶことが重要です。

正しい姿勢が保てることは、言わば寝具の最も基本的な選び方になってきます。

体が曲がった状態が維持されてしまうような寝具の場合は、そのままの姿勢になってしまい翌朝起きたときには酷い体の痛みによって目が覚めたと言うことになってしまいます。

これは、腰痛にも同じことが言え、敷き布団によって腰が曲がっている状態になることで、慢性的な腰痛を招いてしまうのです。

さらに眠っているときに起こる腰痛は、とても深刻な状況になってしまうこともあります。

一時的な腰の曲がりではなく、眠っているときには常に腰が曲がっている状態をキープしてしまうことになりますので、眠っているときの腰痛はより深刻になってしまう傾向があるのです。

そのため、正しい姿勢をキープして眠ることができる寝具を選ぶことはとても重要なことになるのです。

柔らかすぎない物を選ぶ

敷き布団選びで、もっとも悩んでしまうのがこの敷き布団の硬さです。

敷き布団は柔らかすぎれば、正しい姿勢をキープしづらくなります。

重たい腰の部分は、確実に沈み込んでしまい横から見た状態であれば酷く曲がっているように見えてしまいます。

しかし、反対に硬すぎる敷き布団を選んでしまった場合には、体に敷き布団が触れない空間ができてしまうのです。

この空間ができてしまうことで、体を支えるポイントが少なくなってしまい確実に痛みが出てしまいます。

こうした硬さのバランスはとても難しく、人に体系などによっても変わってくることがあります。

そのため、硬さで敷き布団を選ぶときにはとても慎重に選んでいく必要があります。

どのような硬さの敷き布団が自分に合っているのかも含めて、しっかり検討していく必要があります。

敷き布団の素材

ウレタン素材高反発

ウレタン素材の高反発タイプの敷き布団は、その名のとおり反発能力はとても高いタイプになります。

横になってみればすぐに分かりますが、体を跳ね返すような力が強くなっていますので、寝返りをとてもスムーズに行うことができるようになります。

腰痛を予防する上で、この寝返りはとても重要な意味を持っており、人は自然と寝苦しい姿勢だと感じれば無意識に寝返りを打つようになっているのです。

柔らかすぎる敷き布団の場合には、寝返りは打ちにくくなってしまいますので、こうした高反発タイプの敷き布団が活躍します。

しかしその分どうしても硬さが出てしまいますので、体の隙間が多くなり寝苦しさを招いてしまうこともあります。

また、ウレタン素材は反発能力が高いことで知られていますが、通気性が少し悪い面もありますので、湿気の影響を受けてしまいカビの発生を招いてしまうこともあります。

管理が少し難しいと感じる素材ですが、反発能力を求めているのであれば、このウレタン素材の高反発敷き布団はとてもおすすめのタイプです。

ウレタン素材低反発

ウレタン素材の低反発タイプの敷き布団は、低反発なので高反発では反発能力が高すぎると感じる人にはちょうど良いと感じることができます。

適度が体の沈み込みが期待できますので、体の曲面に沿って体を敷き布団に預けることができます。

体が沈み込みすぎない状態で接地面を増やせますので、腰痛予防には最適だと感じる人が多いです。

また、ウレタン素材は通気性が悪いと言う反面、保温性に優れている面がありますので、腰痛には悪い体の冷えを防ぐこともできます。

使い方によってはウレタン素材の低反発敷き布団は最高のアイテムになってくれることは間違いありません。

上手に活用してみましょう。

おすすめの腰痛対策敷き布団3選

モットン

高反発マットレス モットン(シングルサイズ)

モットンは、まさに腰痛対策用の敷き布団としては知らない人はいないほどの有名なタイプになります。

寝返りを楽に行えるように設定していますので、悪い姿勢を無理にキープしてしまうようなこともありません。

また、敷布団に溜まった蒸れを留めないようにする機能もありますので、夏場でも快適に睡眠を維持できるようになります。

耐久性にも優れていますので、このモットンが気に入ればいつまでも長く愛用させることができるようになります。

腰痛に長年悩んでいる人は、モットンはとてもおすすめです。

13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレスは、その名の通り何層にも素材を積み重ねて作られた敷き布団になります。

腰痛にダメージを与えない工夫を取り入れながら何層にも積み重ねてしますので、体を横にしたときには多くの人がフィットする寝心地であることが分かります。

また、高反発コイルが寝返りを楽にしてくれますので、体に悪い姿勢を維持してしまうようなことも少ないと言えます。

少し厚みが大きくなっていますが、それ以上に高い効果を感じることができますので、本格的な腰痛対策敷き布団を探しているときには13層やすらぎマットレスはおすすめです。

雲のやすらぎプレミアム

【雲のやすらぎ】肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団

腰痛を持っている人であれば、この雲のやすらぎプレミアムを知っている人はとても多いほど有名な敷き布団です。

ちょうど良い厚みは、体をしっかり包み込んでくれますので、まさに快適な眠りをキープできます。

また、体圧分散機能もありますので体重が重めの人でもしっかり分散をして寝心地を維持できます。

慢性的な腰痛になっている人にはおすすめです。

まとめ

腰痛になってしまう原因はさまざまですが、敷き布団が原因で腰痛を招いてしまうことも少なくありません。

知らず知らずに、敷き布団により腰痛が悪化してしまうようなこともありますので、寝具の中でも敷き布団はとても重要な意味を持っていると言えます。

まずは素材も含めて自分に合っている敷き布団を選ぶことができるように、知識を深めていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団