腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

いびきは枕で改善できる?対策のための4つのポイント

   

寝ているときは、いびきが大きくなってしまうことがあります。

もちろん、いびきを自分で認識することはできませんが、周囲の人から指摘されることが多いと、かなり気になってしまうものです。

そんなときは、使用している枕を見直してみましょう。

いびきが出るときは、自分に合わない枕が原因になっていることも多いのです。

では、枕でいびき対策をするためのポイントについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

いびきの原因は枕の高さ

いびきが大きく出てしまうときは、枕の高さが自分にあっていない可能性があります。

枕の高さは、頭の角度に影響を与える要素であり、不自然な角度になっているときは、いびきが出やすくなってしまうのです。

そのため、枕選びは慎重に行わなければなりません。

一口に枕といっても、その種類はさまざまであり、高さや低さの種類も多くなっています。

その中から、自分にぴったりの高さを見つけ出さないと、いびきを防ぐことはできません。

いびきを防ぐには、高すぎても低すぎてもいけないのです。

高すぎる枕のデメリット

枕が低いと、頭が下がって寝づらくなってしまうことがあるので、少し高めの枕を選ぶ人もいます。

しかし、あまり高すぎるものは避けるべきです。

高すぎる枕は、頭が極端に持ち上がってしまい、顎を深く引いた状態になります。

これは、単に寝苦しいというだけでなく、いびきの原因となる要素なのです。

頭が高くなり、顎を引いた姿勢だと、気道が狭くなることで、大きないびきが出てしまいます。

気道は、呼吸のために必要となる空気の通り道ですが、頭の角度が悪いと折れ曲がってしまうので、スムーズに空気を通すことができません。

その状態が、いびきを引き起こすのです。

低すぎる枕のデメリット

いびきの対策に高すぎる枕はよくありませんが、かといって、低さにばかりこだわるのは間違いです。

枕が低すぎる場合も、いびきのリスクはあります。

あまり低い枕を使うと、頭の位置が下がり、首が反ったような姿勢になることで、舌が落ちやすくなるのです。

舌が落ちると、やはり気道が狭くなり、いびきが出てしまいます。

このような頭が低くなる姿勢は、高齢の人ほど注意しなければなりません。

加齢により筋肉が衰えると、どうしても舌が落ちやすくなるため、低すぎる枕を使ったりすると、より気道が狭くなってしまうのです。

これは、いびきだけでなく、息苦しさにもつながることなので、十分注意してください。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

ちょうどよい高さを見極める

いびきを軽減するために枕で対策をするなら、高すぎるものや低すぎるものは使わないことが大切です。

対策のためには、「高すぎず低すぎず」という点を意識して枕を選びましょう。

ちょうどよい高さの枕なら、気道を圧迫してしまう心配はありません。

そのような枕を見極めるには、目線をチェックするのがおすすめです。

寝たときの視線がどの位置にあるかで、枕の高さが適切かどうか判断することができます。

例えば、目線が下の方へ向き、自分の足が見えそうになっているなら、それは高すぎる枕ということです。

頭が持ち上がりすぎているため、気道が曲がり、いびきが出てしまいます。

また、視線が上を向き、やや後方を見ているようなときは、低すぎる枕です。

頭が後ろへ反ることで、舌が気道に落ちやすくなっています。

これらの不自然な角度を防ぐには、寝たときの視線が、真上から少しだけ下になることを意識してください。

上にも下にも傾きすぎない、ちょうどよい角度になる枕なら、いびきを防ぐことができます。

実際に試してみる

いびきを軽減する枕を見極めるためには、実際に試してみるのが、最も確実な方法になります。

商品の情報を読み、触って感触を確かめただけでは、本当に合っているか判断するのは難しいものです。

ちょうどよいと思って購入しても、寝てみたら想像と違うというケースは、珍しくありません。

使ってみたときに初めて目線の位置が悪いことに気づき、後悔してしまうこともあるのです。

それを避けるためには、やはり試してみるのが一番です。

買う前に試しておけば、目線の位置だけでなく、硬さやフィット感なども確認することができるので、失敗は少なくなります。

型崩れに注意する

実際に試して高さを確認し、最適な商品を購入しても、長く使っていれば、枕はだんだんへたってくるものです。

すると、いつの間にか低すぎる枕になっていることがあります。

最初はちょうどよい高さでも、劣化して凹んでしまえば、快適に使うことはできません。

そうなると、いびきを軽減することもできなくなってしまうのです。

とはいえ、枕は必ず劣化するものであり、型崩れを完全に防ぐことはできません。

形が変わってしまったら、そのまま使い続けるのではなく、新しく別の枕を購入するのがベストな方法です。

「もったいない」という理由で使い続けていると、いびきの改善はできなくなります。

思い切って交換してしまえば、いびきに悩まされることはないのです。

ただし、劣化の悪影響を防ぐ方法は、交換だけではありません。

枕の劣化をゼロにすることはできなくても、遅らせることは可能です。

劣化が進まなければ、いびきを防ぎながら、長く使うことができます。

そのためには、枕の素材をチェックしてください。

枕の素材をよく見ておけば、型崩れしにくい枕を選ぶことができます。

型崩れしにくい素材

枕の素材は、商品によってさまざまなものがあります。

その中から、型崩れしにくいものを選ぶのであれば、柔らかい素材は除外してください。

羽毛やポリエステル綿といった柔らかい素材は、ふんわりとした心地よさがある反面、中身が偏りやすいというデメリットをもっています。

そのため、型崩れも起きやすくなってしまうのです。

型崩れしにくいのは、そば殻やプラスチックのチップなどが入った、感触が硬めの枕になります。

それなら、簡単に形が変わることはないため、頭が沈みすぎる心配はありません。

姿勢が安定すれば、いびきも軽減することができるので、素材はしっかり見て選ぶようにしましょう。

高さを調節する

いびきの対策をするなら、適切な高さの枕を購入することが大切です。

ただし、ちょうどよい高さの枕を使うなら、新しいものを買う以外にも、方法はあります。

家にある枕の高さが合わなかった場合は、ちょっとした工夫を加えることで、調整することができるのです。

おすすめは、バスタオルなどを枕の下に挟む方法になります。

枕が低すぎる場合には、この方法で高さを調整しておけば、気道を圧迫する心配はありません。

身の回りにあるものを利用して調整する方法なら、お金をかけなくても、簡単にいびきの対策ができるのです。

詰め物で調整する

枕が高すぎる場合の最適な調整方法は、中の詰め物を出してしまうことです。

詰め物が減ると、枕が少し低くなり、気道の圧迫を和らげることができます。

そば殻やパイプストローなど、独立素材を使った枕なら中身の出し入れが可能なので、この方法がおすすめです。

もし低くなりすぎたら、また足すことで元に戻せるので、ちょうどよい高さになるように、何度か試して調整してみてください。

まとめ

いびきには、枕の高さが大きな影響を与えています。

合わない枕を使っていると、気道の圧迫で大きないびきが出やすくなるのです。

そのため、対策をするなら、高さをしっかり確認してください。

いびきは、自分ではわからなくても、周囲の人に迷惑をかけてしまうこともあるため、できるだけ軽減することが大切です。

ここで紹介したポイントを参考にして、いびきに影響しないベストな枕を使うようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら