腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

おすすめのドライブクッションを4つまで紹介!腰痛の方は必見?

   

Aoomiya 腰痛 クッション 車 低反発クッション ランバーサポート 倒れず シートクッション カバー取り外し可 ドライブクッション(ブラック)

車に乗れば、遠い場所でも短時間で到着できる上に、美しい風景を見ながらドライブする事もできます。

そのため、車のドライブが好きな方は多くいるでしょう。

所が腰痛になってしまえば、振動してしまう車に乗ったら、腰が痛く感じてしまうので辛く感じてしまう方は多くいます。

そのような方のために、腰にかかる負担を軽減できるドライブクッションを4つまで紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

p!nto driver ドライバー専用クッション

p!nto driver ドライバーのためのクッション(pinto driver)ピントドライバー

多くの方たちはクッションと言えば、お尻の下に敷く物と思っているでしょう。

所が『p!nto driver ドライバー専用クッション』は座面だけではなく、背もたれまで一体化されたクッションになっているのです。

そのため、背中・腰・お尻などを支える事ができている事から、腰にかかる負担を軽減できるので詳しく紹介します。

商品の特徴

本製品は立体的な構造で作られているので、フラットな形状になっていません。

そのため、両足をしっかりとサポートできるように座面の中央部分が膨らんでいるのです。

両足をサポートできれば、腰がズレづらくなっているので、車が振動しても、腰にかかる負担を軽減できます。

そして背中を後ろから押してくれるような形状になっているので、猫背にならないようにして座る事ができるのです。

実際に、猫背の姿勢で座ってしまえば、背もたれに背中が接触した時に、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

そのような事になれば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうので、腰痛が悪化してしまうので注意しなければいけません。

そのため、腰痛でも正しい姿勢をキープしやすいクッションを探している方には、本製品はおすすめです。

商品の口コミ

本製品は立体的な構造になっている事から、安定感が優れている所を満足している方がいました。

そのため、安定しづらいクッションを利用していて、腰が痛くなりやすい方は、本製品を検討してみる価値があります。

ただし本製品を利用している方で、クッションが硬く感じているケースもあったので、柔らかいクッションを探している方は気を付けて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛対策 車 シートクッション

[JC CUSTOM] 腰楽パッド シートクッション 車用 腰痛対策 腰サポート ランバーサポート

車の助手席に座る方であれば問題はありませんが、運転席に座る方はクッションが邪魔で、運転しづらく感じる方もいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが『腰痛対策 車 シートクッション』です。

このクッションは、腰痛の方でも運転しやすいように作られているので、詳しく紹介します。

商品の特徴

クッションを車のシートに敷いたら、運転しづらく感じてしまうのは、座高が高くなってしまう事が大きく関係しています。

しかしクッションがなければ、腰が痛く感じてしまうので、悩んでいる方は多いでしょう。

そこで本製品は、車の座面の半分程度の大きさになっているのです。

そのため本製品を利用したら、お尻だけを支える事ができるので、足の部分はクッションではなく車のシートに接触するので、運転しやすくなっています。

さらに本製品は『ソフトパイマー』という中材を採用している事によって、柔らかいクッションになっています。

そのため、お尻をホールドしてくれるので、柔らかいクッションを探している方には、本製品はおすすめです。

商品の口コミ

本製品は柔らかくなっているので、つぶれてしまうようなイメージを抱いている方はいるかもしれません。

所が、本製品を利用している方たちの中には、クッションが柔らかくなっているのに、つぶれなくて満足している方がいたのです。

そのため柔らかいクッションになっている上に、つぶれづらくなっている商品を見つけられなかった方は、本製品を検討してみる価値があります。

そして本製品を利用してみたら、太ももの部分が段差をあまり感じない所を満足している方もいました。

スギウラクラフト ドライブ専用 クッション

車のシートに敷くタイプで、一体型のクッションになっている『スギウラクラフト ドライブ専用 クッション』という商品があります。

このクッションは、一体型になっているだけではなく、デザイン性も優れているので、詳しく紹介します。

商品の特徴

本製品は座面から背もたれまで一体化されているので、お尻・腰・背中・肩などをサポートできます。

さらに本製品の座面部分は、中央部分が凹んでいるので、お尻が安定しやすくなっているのです。

そのため、車が振動しても、腰が左右に揺れづらくなっているので、腰にかかる負担を軽減できます。

そして本製品には、中央部分が鳥のクチバシのような線がいくつも走っていて、車のスピード感を表すようなデザインになっています。

そのため、シックで落ち着いたシートのデザインに飽きてきた方には、本製品はおすすめです。

商品の口コミ

本製品の座面が独特な形状をしている事もあって、座り心地に満足している方がいました。

実際に車のシートに座っている事が辛く感じるようなクッションを利用したら、長距離のドライブを楽しむ事ができません。

そのため腰痛に悩んでいる方で、長距離のドライブや、旅行が好きな方は本製品を利用してみる価値があります。

ただし本製品を利用したばかりの頃は、背中に違和感を抱いている方もいました。

この方は、利用していくうちに慣れてきたので、少し違和感を抱いても、しばらくは様子を見たほうが良いです。

腰痛対策 シートクッション ドライブクッション

Aoomiya 腰痛 クッション 車 低反発クッション ランバーサポート 倒れず シートクッション カバー取り外し可 ドライブクッション(ブラック)

車のシートにクッションを敷けば、腰痛の方でも座りやするケースはありますが、クッションの高さ似合わなければ車を運転しづらくなってしまいます。

所が『腰痛対策 シートクッション ドライブクッション』は高さを調整する事ができるので、多くの方が利用しやすくなっているので詳しく紹介します。

商品の特徴

本製品は『ソフトパイマー』を中材として採用していて、この中材の量を出し入れする事によって、高さを調整できるようになっています。

その方法は、本製品の内ポケットを取り出して、内側のファスナーを開いて、そこからソフトパイマーの量を調整できるのです。

そして本製品は、座面に敷いて利用するのではなく、背もたれに立てかけて使用します。

本製品は中央の部分が凹んでいるので、背もたれに立てかけておけば、腰が左右にズレづらくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっているのです。

ただし座面には何も敷かれていない状態になるので、尾てい骨が痛く感じてしまうような方が、本製品を利用したら腰痛に悩まされてしまうので注意する必要はあります。

商品の口コミ

本製品は形状に工夫が施されているので、上半身の揺れを抑える事ができて、満足している方がいました。

そのため、お尻の底つき感よりも、上半身の揺れを抑える事を重視している方には、本製品を利用してみる価値があります。

そして本製品は中央部分が凹んでいる事もあって、身体が本製品にフィットして満足している方もいたのです。

本製品のソフトパイマーは柔らかい素材になっているので、身体がフィットできれば、ホールドしてくれるので、落ち着いて車のシートに座る事ができます。

まとめ

ドライブクッションには様々な物が販売されているので、あなたの腰痛に合った商品を選ぶ必要があります。

実際に姿勢が崩れる事によって腰痛に悩まされている方は、一体型のクッションを利用すれば正しい姿勢をキープしやすくなります。

そして尾てい骨が痛く感じる場合には、車のシートの座面に敷いて利用できるクッションを選んだほうが良いです。

このようにクッションの特徴と腰痛の症状には、相性があるので、まずはクッションの特徴を把握してから検討してみて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション