腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

お風呂でつらい肩こりを解消!おすすめは炭酸ガス系入浴剤

      2017/09/08

きき湯 カリウム芒硝炭酸湯 気分やさしいはちみつレモンの香り 檸檬色の湯 360g 透明タイプ 入浴剤 (医薬部外品)

腰痛と同様、肩こりは日本人に多く見られる国民病ともいえるものです。

ひどい人になると、頭痛や吐き気を伴うといいますから、深刻ですね。

そんなつらい肩こりにお悩みの方におすすめなのが入浴です。

入浴剤を加えればその効果はさらにアップ。

肩こりの方には炭酸ガス系の入浴剤が人気のようです。

おすすめを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

肩こりってどういう状態なの?

肩こりになると、肩が重苦しく感じますよね。

これは肩から首周辺の筋肉が緊張しているからです。

人間が筋肉を使う時、その筋肉は縮むことで動きを作っています。

例えば横になった状態から起き上がる時は腹筋が縮むことによって「起き上がる」という動作になりますし、物を持ち上げる時は上腕二頭筋が縮むことによって「持ち上げる」という動作になります。

そして肩こりとは、首や肩まわりの筋肉が常に「縮んだ」ままになり、固まったままになっている状態なのです。

ではどのあたりの筋肉が緊張した状態になっているのかといいますと、背中の一番表面の筋肉である「僧帽筋」エリア。

ほおっておくと緊張は広がり、痛みを感じる場所が拡大してしまいます。

このように筋肉が緊張した状態を放置しておくと、インナーマッスルにまで影響し、芯から強張った痛みを感じるようになってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

肩こりの原因は?

肩こりといっても原因は人によって様々ですが、特によく見られる原因は次のようなものが考えられます。

姿勢が悪い

パソコンやデスクワークばかりの人で肩こりに悩んでいる人はとても多いです。

このような人は、画面を見るために前かがみになったり、猫背になったりしがちです。

このような姿勢が続くと、重たい頭を首の筋肉が支える状態で固まってしまいます。

血行も悪くなり、肩こりになってしまうのです。

眼の疲労

眼を使いすぎることによっても肩こりになります。

細かい文字を読み続けたり、パソコンの画面を注視しすぎたりすると目やその周りの筋肉が緊張状態となります。

同様に首や肩の筋肉も緊張するので、肩こりになってしまうのです。

さらにパソコンばかり見ている人はドライアイにも注意が必要です。

瞬きの回数が減り、ドライアイになるとそこから肩こりにつながることもあります。

他にも、メガネやコンタクトの度があっていない人は肩こりになりやすいです。

体を動かさない

血液を全身に運んでいるのは心臓のポンプ運動です。

しかし、筋肉にも同様の血液運搬機能があります。

実は筋肉は収縮と弛緩によって血液を全身に送っているのです。

体を動かさず、運動不足になると筋力が低下し、血液を全身に届ける力が低下してしまいます。

血流が悪くなると、酸素や栄養が十分にいきわたらず、肩こりを生み出す原因に。

さらに血流の悪化は体のだるさや慢性的な疲労を生み出し、肩こりをさらにひどくしてしまいます。

日常的なストレス

ストレスは万病のもとといいますが、肩こりにとってもストレスは大敵です。

ストレスを感じると、人間は常に緊張状態となります。

全身の筋肉が強張るうえ、血管自体を収縮させてしまうので、血流も悪くなります。

結果として筋肉疲労が起こり、肩こりになってしまうのです。

肩こりには入浴が効果的!

肩こりとは肩や首回りの筋肉が緊張し、血流が悪くなっている状態です。

ですからつらい症状を緩和するためには緊張をほぐし、血流を良くすることが大切。

入浴は体をあたため、筋肉を和らげてくれるので、肩こりでお悩みの方にはとてもおすすめなのです。

入浴することでリラックス効果も期待できますし、疲労回復にもぴったり。

ではどんな風に入浴するのが効果的なのでしょうか。

ポイントを挙げてみます。

全身浴でまったりと

肩こりには半身浴ではなく、全身浴がおすすめです。

お湯の温度は40℃くらいで、10分~15分程度が効果的。

大切なのはリラックスした気分になること。

気分がリラックスすると筋肉の緊張がほぐれ、血流も良くなるのです。

しっかり温まったらストレッチ

お湯につかってリラックスし、しっかり温まったら、そのままストレッチをしてみましょう。

肩や首回りの筋肉を前後上下に動かしたり、回したりという動作を繰り返します。

その際、肩甲骨や僧帽筋を意識して行うのが大切です。

勿論やりすぎはNG。

リラックスして、気持ちいいと思える程度にとどめておいて下さいね。

入浴効果を高めてくれる入浴剤のおすすめ!

入浴すると血流や新陳代謝が良くなり、筋肉が優しく解けていきます。

そんな入浴時間をさらにリラックスした楽しいものにするために、おすすめなのが入浴剤です。

肩こりの方には泡がシュワっと出てくる、炭酸ガスタイプが特におすすめ。

このタイプは湯船に二酸化炭素を発生させ、血行促進効果を高めてくれるのです。

現在入浴剤全体の4割を占めると言われる炭酸ガスタイプ。

人気のものを見てみたいと思います。

きき湯 カリウム芒硝炭酸湯バスクリン

きき湯 カリウム芒硝炭酸湯 気分やさしいはちみつレモンの香り 檸檬色の湯 360g 透明タイプ 入浴剤 (医薬部外品)

バスクリンの「きき湯」シリーズには様々なものがありますが、その中でもこちらは特に温浴効果が高いと言われています。

お風呂に入れると全体に湧き上がるような炭酸ガスが発泡します。

そのまま小さな気泡となり、お湯全体に素早くたっぷりしみこんでくれるのです。

泡が消えたからといって効果がなくなったわけではありません。

お湯に溶け込んだ炭酸ガスは2~3時間もその効果をキープしてくれます。

お湯から皮膚内部へと炭酸効果がしみわたり、血管を広げ、血流を改善してくれるのです。

血液循環が良くなれば、疲労物質や老廃物が排出されやすくなり、デトックスや疲労回復効果も期待できます。

芯から体が温まり、お風呂上りもぽかぽかです。

リラックスできる柑橘系の香りです。

バブ メディケイティッド 森林の香り花王

バブ メディケイティッド 森林の香り 6錠入

こちらも人気の入浴剤「バブ」シリーズの一つです。

「メディケイティッド」とあるものはプレミアム処方タイプで、通常のバブに比べて泡の数はなんと10倍。

パワフルに発泡するので、高濃度の炭酸ガスが素早くお湯に染みわたります。

こちらも血流を良くし、緊張した筋肉をほぐしてくれますよ。

さわやかでウッディな香りはリラックスしたい時にぴったり。

日々強いストレスにさらされている方に特におすすめの入浴剤です。

きき湯ファインヒートバスクリン

きき湯 ファインヒート グレープフルーツの香り ジンジャーイエローのお湯(透明タイプ) 400g

こちらは「きき湯」シリーズのプレミアム版です。

通常タイプと比べて4倍の炭酸ガスが含まれています。

特にひどい疲れや肩こりを感じた時におすすめです。

お湯に溶け込んだ高濃度炭酸ガスが収縮した血管を広げ、血の巡りを良くしてくれます。

じっくりつかれば筋肉疲労も軽減しますから、そのままベッドへ直行すれば、ぐっすりと良質な眠りを得られることでしょう。

香りはカシス&シトラス、グレープフルーツ、ホットシトラス、レモングラスの4種類。

全て揃えて、その日の気分で選ぶのも楽しそうですね。

特に冷えた冬の夜などおすすめです。

バブ エピュール花王

バブ エピュール ローズマリー & ユーカリの香り 400g 炭酸 入浴剤

こちらのシリーズは特に肩こりにお悩みの女性におすすめです。

超微粒炭酸にエプソムソルトがプラスされています。

エプソムソルトには美肌効果が期待でき、炭酸ガスが体を温めて筋肉をほぐしてくれるのです。

ちょっとおしゃれなルックスも女性が好みそうですね。

香りはローズマリー&ユーカリ、シダーウッド&マンダリン、ジンジャー&シナモンの3種類。

入浴剤なんておじさんくさい、と感じる若い女性にもおすすめです。

まとめ

肩こりが慢性化してしまうと、常に重苦しく気分も沈んでしまいますよね。

現代人の生活パターンでは、肩こりと無関係でいる方が難しいかもしれません。

入浴は肩こりや疲れを癒してくれるだけでなく、気持ちもリラックスさせてくれるものです。

スポーツ選手も使うという炭酸ガスタイプの入浴剤なら疲れや肩こりを癒してくれる効果も高いです。

心も体もリラックスしたバスタイムを楽しむためにも、自分にあった入浴剤を見つけてみて下さいね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤