腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

これはやめよう! 腰痛持ちの人が避けるべきソファの特徴4つ

   

(DORIS) ソファー 2人掛け ロータイプ 【コージー ブラック】背もたれ 5段階 リクライニング (KIC)

腰痛持ちの人には、色々と避けた方が良いものがあります。

そのうちに一つに、ソファもあります。

もちろん全てのソファを避けた方が良いわけではありませんが、中には腰痛持ちの人は避けるべきだというソファもたくさんあるのです。

そこでここではそんな、腰痛持ちの人が避けるべきソファの特徴を4つほど紹介していきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

奥行きのあるソファ

腰痛持ちの人が避けるべきソファの特徴としてまず最初に挙げられるのは、奥行きのあるソファです。

奥行きのあるソファは、腰痛持ちの人にとってはすごく危険なソファなのです。

では、なぜ奥行きのあるソファが腰痛持ちの人にとって避けないとならないソファなのかわかりますでしょうか?

それは、奥行きのあるソファでは、どうしても姿勢が崩れがちだからです。

体が前のめりになったり反ったりする

奥行きのあるソファを使用していると、どうしても体は前のめりになったり後ろに反ったりするのです。

それはそうでしょう。

ソファに座る際には、浅く座り、肘を太もものあたりにおいて前のめりに座るか、あるいは背もたれまでしっかりと深く座り、その背もたれに背中を預けるように座るかの2パターンの座り方が多いでしょうから。

まず前者のパターンの場合は、奥行きがあろうがなかろうがあまり関係はないでしょう。

結局前のめりになるわけですから。

そうして前のめりになることは、腰に負担になります。

猫背のような状態になるわけですから、腰にかかる負荷が増すのも当然です。

だから実際は、後ろにしっかりと座るというのが一番良いのです。

しかし、奥行きのあるソファでは、そうして深く腰掛けて座ろうとしてもそれは出来ません。

なので、ソファの真ん中くらいから、体を倒すようにして背もたれを目指すことになるでしょう。

そうすると当然、腰のあたりは宙ぶらりんのような状態になります。

何なら少し反っている状態になるでしょう。

その状態は、なんなら前のめりよりも負担がかかるようになります。

つまり、奥行きのあるソファを使用していたら、どんな座り方をしても腰に悪くなるということなのです。

腰痛持ちの人は、まずそれは避けた方が良いでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

横に広すぎるソファ

腰痛持ちの人は、横に広すぎるソファも避けた方が良いでしょう。

横に多少広いというのは、むしろ腰痛持ちの人にとってはプラスとなるポイントになります。

横にある程度広ければ、その上で寝転がったりすることもできますから。

その上で寝転がることが出来るということは、適度なタイミングで大きく姿勢を変える事が出来るということになります。

だから、筋肉をほぐすことが出来て、腰痛を緩和することが期待できるのです。

でも、横に広すぎるソファの場合は、あまりおすすめできないのです。

それは何故でしょうか?

結局真中にいることが多くなるから

それは、結局真中にいることが多くなるからだと言えます。

別に真中にいることは問題ではありません。

問題なのは、横に広すぎるソファの真中にいるということなのです。

横に広すぎるソファの真中にいると、当然ながらサイドにあるで肘置きには届かなくなります。

なので、そこから立ち上る時には、肘置きの力を頼らないで立ち上がらないとならなくなるでしょう。

でも、肘置きの力を頼らないで立ち上がるというのは、やはり腰にすごく負担がかかるのです。

だから、きちんと肘置きが使えるような、無駄に横幅の広くないものを選ぶべきなのです。

端にいることはあまりない

もし横幅が無駄に広いソファを買ったとしても、そもそもそのソファの端にいれば良いのではないか?

と思う方もいるでしょう。

しかし、いざそういうソファを購入してみると、実際には端にいることなんて全然ないでしょう。

なぜなら、だいたいの場合で、テレビやテーブルなどはセンターに配置されているからです。

端に行くと、テーブルが届かないこともあるでしょうし、テレビも見づらくなるのです。

だから、基本的にはセンターにいることが多くなってしまうのです。

わざわざ過ごしづらさを感じつつ、無駄に横幅の広いソファの端にいるよりも、そこまで横幅が大きすぎないソファを選んだ方が得策なのは間違いないでしょう。

足の無いタイプのソファも避けるべき

最近では足の無いタイプのソファもたくさんでています。

足の無いタイプのソファというのはつまり、地面において使うということです。

ソファとして使うだけではなく、その上で寝転がる事もできるでしょうし、どこででも使えるので、そのタイプのソファはすごく人気があります。

そして何より、そのタイプのソファは包み込まれる感がすごくあるので、リラックス度はすごく高いです。

だからそれが人気なのです。

でも、腰痛の人はそれは避けるべきだと言えるでしょう。

腰に良い姿勢にはなれない

そういうタイプのソファでは、腰に良い姿勢にはまずなれません。

基本的にはちょっとだらっと後ろにもたれかかるように座ることになるでしょうが、その姿勢がまず腰に悪いです。

それからどれだけ体勢を変えても、そのソファが腰を支えてくれることはないのです。

だから、腰にとっての負担はすごく大きいと言えます。

また、そのタイプのソファで負担になるのは、そういう負担だけではありません。

座るのも立つのも負担になる

そういうタイプのソファでは、座るのも立つのも負担になります。

なぜなら、それが置かれている位置がすごく下だからです。

その位置が下になればなるほど、座る際の距離も遠くなりますし、立ち上がる際に必要となる力も大きくなります。

ましてやそういうタイプのソファはすごく柔らかいですから、立ちあがろうと力を込めた時、その力が全てそのソファに吸収されてしまうようになるでしょう。

だから、かなり立ち上がりづらいのです。

そこから立ち上がるために、かなりの負担を腰に掛けてしまうことは間違いありません。

なので、どれだけそれが人気になろうと、腰痛持ちの人にはソレを使うことはおすすめしません。

後ろに反り返り気味のソファ

そしてもう一つ、腰痛持ちの人が避けるべきソファがあります。

それが、後ろに反り返り気味のソファです。

後ろの反り返り気味のソファというのは、つまり、背もたれの部分の角度がきつめのソファと言うことです。

背もたれの部分がキツめのソファでは、背もたれにしっかりと寄りかかって座ろうとした時に、かなり自分の体の角度もきつくなります。

当然、そんな姿勢では腰に負担がかかります。

また、その姿勢では、腰だけではなく首等色々なところにも負担がかかるでしょう。

だから、腰痛持ちの人だけではなく、多くの人にとって避けた方が良いソファだといえます。

背もたれはなるべく真っ直ぐぎみな物を

背もたれは、なるべくまっすぐ気味な物を選ぶようにすると良いでしょう。

なるべくまっすぐ気味な背もたれであれば、寄りかかった時に背中をしっかりと支えてくれて、腰にかかる負担を減らしてくれるようになります。

だから、腰痛持ちの人にとってはそれこそが選ぶべきソファだと言えるでしょう。

まとめ

腰痛持ちの人が避けるべきソファは、こうした4つのモノになります。

中には買おうかと思って狙っていたソファがそうした避けるべきソファだったという方もいるかもしれません。

そういう方は残念ですが、また改めてソファを探していってください。

そうしてまた手間を負う方が、せっかく買ったソファで腰痛が悪化するよりははるかにマシなのではないでしょうか?


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ