腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

そもそも枕って何のために使用するものかも心得て、おすすめ枕を探してみよう!

   

枕 安眠 ハイクラス ソフトタイプ 高密度 低反発 人気 快眠枕 頸椎サポート 肩こり対策 健康枕 横向き対応 カバー洗え ストレートネック 枕 ネックフィット枕 高さ調整 まくら 立体構造35x58cmx10 CM 一年間保証付き

心地いい眠りは寝具の良し悪しにかかってきます。

ただ良し悪しといっても、値段とかだけではなく要は使用者の身体にフィットしているかのほうが、問題になります。

他の寝具もですが、重い頭を支える枕については、かなり意識して選ぶことが求められます。

昼間疲れた身体も頭も休めるために、出来るだけ自分に合った枕を選びたいものですね。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

どんな枕が一番いいのと聞かれた場合

さてここで、この枕が一番と断言できる枕があれば、問題は簡単に解決します。

しかし百人百様と言うように、頭の形にしろ首の形や細さにしろ、人様々なのは言うまでもありません。

Aさんがすすめてくれた枕を使ってみたBさんだけど、全然心地よいと感じなかった、と言う話も多いですよね。

特に不眠を訴えている人には、この枕がいいとかこっちのマットレスがいいとか、すすめられるままに使って見る人も多いはずです。

すすめてくれる方は勿論、自信があってすすめてくれるのですが、それこそ人によっての違いで中々、同じようにフィットすることは少なめです。

枕選びは本当に難しいものです。

しかし心地いい眠りのために、何とか良い枕を探したいものですね。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

そもそも枕は何のために使用するのか

では枕を選ぶ前に、一体枕とは何が目的で使用するのかも、考えてみたいものです。

その目的によって、枕の選択法も変化してきます。

頭を支えてくれるもの

後頭部と首とは、横から見れば分かる通り多少の段差があります。

この高さの違いを埋めて、身体のアライメントを崩さずに寝るために、枕を使用するわけです。

こうすれば仰向けに寝た時に、どこかが歪むこと無くゆったりと横になれるからです。

枕なしだと下手をすると、呼吸にも問題がでてきますので、それを解決すると言う意味もあります。

特に歪んだままの骨格では、熟睡は望めませんのでできるだけ歪みを調整して、眠りに入りたいものです。

そのための枕と考えて差し支えありません。

なので特に気をつけたいのはこの段差を埋めるためにも必要な、枕の高さです。

計測してからの購入や、枕の中身の素材が出し入れできて調整可能なものがおすすめですね。

頚椎を休ませてくれるもの

起きている時の頭は、頚椎で支えられています。

結構細い首だけで、10キロ以上ある頭を支えているのです。

しかもこの首のあたり、よほど気をつけてトレーニングしていない限り、これといった強い筋肉はありません。

本当に頚椎だけで支えているようなものです。

なので年を取ってきたりすると、首にヘルニアなどの異常が出てくることもあるのです。

重い頭を1日支えてくれている頚椎です。

せめて睡眠時には休ませてあげたいものですね。

なのでこの頚椎を休ませるためにも、枕が重要な寝具となります。

特に首や肩の凝りがひどい人の場合、頚椎が疲労しているのは明らかです。

枕を利用して、できるだけ休ませてあげてください。

首も支えられるような大きめな枕で、肩のあたりまで枕で支えてあげるのがおすすめです。

枕の使用法の目的がはっきりしたら枕選びを

さて目的がはっきりしたら、枕を実際に選んでいきます。

そのための注意点も、いくつか上げておきますね。

枕を探すのにまず心得たい素材の問題

何よりもまず、使う人の身体に合わせることです。

特に、アレルギーチェックはしておきたいですね。

代表的な枕の素材で、しかもアレルギーの原因となるのはと考えた場合、まず思いつくのは蕎麦です。

蕎麦殻の枕は、昔からある日本の伝統の枕ですが、近年アレルギーの問題が顕在化して、この蕎麦殻も気をつけなくてはいけない素材になりました。

昔からこの蕎麦殻の枕を使用しているけど、近頃起きた後の体調があまり良くない、と感じた場合このアレルギーを疑うもの一つの手です。

アレルギーというのはある日突然発症することがあります。

ストレスや疲労が原因で、それまでどうということのなかった食べ物などが、アレルギーの原因になったりもします。

夜寝る時の枕、休むべき時間帯に使用する枕に、アレルギー物質が入っていたら休憩どころの騒ぎではなくなります。

勿論蕎麦殻だけでなく、人工の素材が駄目という人もいます。

このあたりも年齢とか身体のコンディションで変化することがありますので、時にはチェックしてみることをおすすめします。

大きな枕や小さな枕どっちがおすすめ

枕のサイズも、昔は日本のものは割と小さめでした。

丁度頭が乗るサイズで、寝返りをうつと枕から頭が落ちてしまうこともありました。

おかげで夜中に目が覚めた記憶のある人も、少なくないはずです。

対して欧米の枕は、大きいサイズのものばかりです。

ホテルの枕が代表的なものですね。

ベッドの上を転がっても枕から落ちることもなく、そう言った意味では安心して就眠できます。

この大小ですが、これも正直個人差がありますので、こっちが正解との断言は出来ません。

しかしこの、夜中に枕から落ちて目が覚めると言うトラブルを避けるには、大きな枕のほうが良いということは明らかです。

枕の素材はやはり試してみないとわからない

枕の素材も本当に、昔見比べて段違いに多く自分に合ったものを選ぶことが出来るようになりました。

反面、多すぎてどれを選べばいいか逆に悩みも多くなったことも事実です。

低反発の門が良いと聞いたので使ってみたけどあまり、という人もいますし、逆に高反発はイマイチという人もいます。

これもまた、個人の好みで意見の別れるところです。

素材に対するアレルギーがない場合は、それこそ一通りお試ししてみるのがおすすめです。

勿論購入してではなく、テスターのある専門店で試させてもらいます。

本当には寝られませんが、試す素材の枕を使用して横になるだけでも、違いは解るものです。

加えて、蕎麦殻とかパイプ、低反発や高反発でも枕によって差があります。

低反発素材を例に取ってみても、硬めのものもあれば柔らかめのものもあります。

試して見ないで購入というのは、あまりおすすめできないですね。

通販利用前提の場合でも、一度はお店で試してみるのがベストです。

枕が合わないと思ったらすかさず変更しよう

あれこれ迷って選んだ枕ですが、年とともに身体も変化していきますし勿論枕の素材もヘタレてきます。

気持ちよく眠れていたはずなのに、どうも起きると肩こりが、とかのトラブルを感じたら、枕を変更する機会です。

新しい枕を探しに行く時が来た、と思ってください。

人間の身体というのは、日々変化します。

ストレスや日常の生活の疲れでも、また変化していくものです。

身体に合わない枕を使用していると、ストレスなどで歪んだ身体が悪化することもあります。

時と場合に応じて、枕を変えるのもまた必要なことです。

良い眠りは身体にとって必要不可欠なものです。

それを助けてくれるのが寝具です。

特に大事な頭と首を支えてくれるのが、枕です。

何よりも、しっかりと選んで行くことが大切です。

そして合わなくなったと感じたら、次の枕に挑戦してみてください。

使い慣れたものだからと思って安心していないで、状況に応じての対応をおすすめします。

まとめ

自分に合ったものが、最もおすすめの枕です。

その自分に合った枕を探すというのは、面倒と思うかもしれません。

しかしここで、本当にフィットした枕に出会えたら、今夜からの眠りは最高に気持のいいものになるだろうと、期待してみてください。

枕探しの気持ちが上昇していきますね。

本当に自分に合った枕、熟睡を呼んでくれる枕を探していきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団