腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

つらい膝痛の原因は何?膝痛の予防対策に役立つサプリメントを教えて!

   

北国の恵み(93粒×3 約3ヶ月分)

膝痛にお悩みの方の中には思うように活動できないことで、もどかしい思いをされている方がいるかもしれません。

膝痛には原因がはっきりしているものもあれば、いくつかの原因が重なり合うことで膝痛として現われることがあります。

膝痛は毎日の過ごし方と食事に気をつけることが大切ですが、ここでは膝痛の原因や膝痛の予防対策に役立つサプリメントについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛の原因について教えて!

足に負担がかかる激しいスポーツをしている

足に負担がかかるスポーツは膝に負担がかかる場合があります。

バレーボールやバスケットボールなど、高くジャンプをした後で着地をする際に全体重が足にかかることになりますが、特に膝に大きな負担がかかるので膝痛の原因になることがあります。

そのほかにも様々な種類のスポーツがありますが、トレーニングの際にうさぎ跳びなどを繰り返すことでも膝に負担がかかります。

現在これらのスポーツをしている場合や、過去に長期間足に負担がかかるスポーツをしていたような場合に膝痛が生じることがあります。

加齢による筋肉不足で膝に負担がかかっている

加齢によって筋肉不足になると全身を支える力が低下するため、骨や関節に負担がかかる場合があります。

筋力が低下してすぐに膝痛を感じるということはあまりなく、立っている時や歩いている時など、時間をかけて少しずつ膝関節の内部の軟骨が擦り減っていくことで膝の部分に傷みが生じるようになります。

筋力が少しずつ低下していることはすぐには自覚しにくいため、日頃から注意しておくことが大切です。

肥満によって体重の負担が膝にかかっている

肥満によって平均よりも体重が大幅に増えると通常よりもより膝に負担がかかりやすくなります。

また、肥満に加えて姿勢が悪い場合、骨格全体に歪みが生じることから立ち歩行中に膝に大きな負担がかかることもあるので注意が必要です。

肥満は膝痛の原因になるだけではなく、生活習慣病の原因となる場合もあるので毎日の食生活に気を配りウェイトコントロールすることが大切です。

加齢によって膝の関節に負担がかかっている

加齢によって膝関節の軟骨の生成が滞ると膝痛の原因になることがあります。

膝関節の軟骨は膝上の骨と膝下の骨がぶつかりあわないように、しなやかな動きを支えるクッションのような役割を担っています。

このことから、加齢によって軟骨が擦り減ってくると足の曲げ伸ばしの際に柔軟性がなくなり、傷みが生じるようになるのです。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛が気になる時の毎日の過ごし方

正しい姿勢を保ち膝に負担をかけないようにする

膝痛は激しい運動などの外的要因ばかりではなく、加齢などによる身体の組織の働きの低下などによる内的要因があります。

外的要因は自分自身でコントロールしやすいので、日常生活の中で膝痛の予防対策がとりやすいかもしれません。

できるだけ膝に負担がかかる運動は控えるようにしながら、正しい姿勢を保つことが大切です。

姿勢の悪さによって骨格全体が歪むと足の骨格のバランスが悪くなります。

足は全身を支える大切な部分ですが、骨に歪みが生じることにより膝の関節にも大きな負担がかかることがあります。

無理に身体を支える姿勢を続けていると、膝関節の軟骨が擦り減りやすくなるので注意が必要です。

適度な運動でほどよく筋肉をつける

下半身の筋肉不足は、膝に負担を与える原因となります。

膝の負担を軽くするためにも適度に筋肉をつけて、全身を支える力を育むことが大切です。

下半身に筋肉をつけると言うと、スクワットなどの筋力トレーニングをイメージする方がいるかもしれませんが、スクワットは足の曲げ伸ばしを繰り返すことから膝関節に負担をかけてしまいます。

膝痛が気になる時には膝関節に負担がかかる運動は避けた方が良いでしょう。

適度に筋肉をつけるなら、足や膝関節に負担がかかりにくい、軽いウォーキングなどがおすすめです。

無理のないペースで歩く習慣を身につけることで、適度な筋肉をつけるための対策をとることができます。

ウォーキングはあくまでも膝痛予防対策のひとつなので、膝痛がかなり気になる場合には医師に相談して適切な治療を受けることが大切です。

歩行をサポートする靴を履くようにする

膝痛が気になる時に日常生活で最も気を配りたいことが毎日履いている靴です。

デザインを重視した足が疲れやすくなる靴や、歩行の際に足裏の衝撃をサポートしないソールが薄い靴などは避けておいた方が用でしょう。

歩行の際の衝撃を吸収して足をサポートする構造の靴があるので、できるだけ品質が良い機能性が高い靴を履くようにしましょう。

膝の軟骨合成に役立つ食品をとる

膝の軟骨は激しい運動や加齢と共に擦り減ることがありますが、毎日の中で身体が軟骨を合成する際に必要とする成分が含まれた食品をとることが大切です。

膝の軟骨に働きかける食品には、コラーゲンを含む手羽先・ヒアルロン酸を含む魚の皮・コンドロイチンを含む豚の軟骨・グルコサミンを含むカニなどがあります。

これらの食品を毎日の食事に上手にとりいれることが大切ですが、食事を通してどうしても必要な栄養を補いきれない場合には、栄養のバランスが良い食事を基本としながらサプリメントをとり入れるのも良いでしょう。

膝痛の予防対策に役立つサプリメント

大正製薬 大正グルコサミン パワープラス

大正グルコサミン パワープラス

大正製薬 大正グルコサミン パワープラスはグルコサミンを主成分としたコンドロイチン・Ⅱ型コラーゲン配合のサプリメントです。

高品質で純度の高いグルコサミンがベースとなっているので、様々なサプリメントを試してみて物足りなさを感じていた方にもおすすめです。

そのほか、様々な角度から筋肉に働きかけるアンセリン・体内で合成できないことで知られる運動系アミノ酸配合で膝痛が気になる方の毎日をサポートします。

久光製薬 MSM+グルコサミン

久光製薬 MSM+グルコサミン 300粒

久光製薬 MSM+グルコサミンは軟骨が気になる方をサポートする成分として知られるMSM配合のサプリメントで身体のなめらかさを目指したい方におすすめです。

MSMは牛乳やトマトなどの食品に僅かしか含まれない成分のひとつで、食べ物からとろうとするとかなりの量が必要となります。

MSMにグルコサミンがプラスされることによって、毎日の食事では補いきれない軟骨に働きかける成分を効率良く補うことができます。

ウェルヴィーナス 北国の恵み

北国の恵み(93粒×3 約3ヶ月分)

ウェルヴィーナス 北国の恵みは、軟骨が気になる方から注目ざれている非変性2型コラーゲン・非変性プロテオグリカン・ヒアルロン酸がバランス良く配合されているサプリメントです。

他のサプリメントとの違いは、独自の技術によってプロテオグリカンを体内にとり入れた際に型崩れしないようになっているところです。

食事だけでは補いきれない軟骨に役立つ成分を効率良くとりたい方におすすめです。

膝痛はそのまま放置していても大丈夫?

膝痛をそのまま放置していると、初期の頃は軽い痛みでも座る時や立ち上がる時、階段の上り下りの際に強い痛みが生じるようになり日常生活が困難になることがあります。

一般的に膝痛は擦り減った軟骨が主な原因とされており、一旦擦り減った軟骨をもとに戻すことはできないと言われています。

膝に違和感や弱い傷みを感じる段階で放置せず、膝のサポート対策をとるか早めに医師に相談するなどして膝に負担をかけないようにすることが大切です。

まとめ

膝痛が気になる時には、その原因について良く考えてみることが大切です。

生活習慣を見直しながら、膝に負担を与えないようにすることで、膝痛の進行を防ぐための対策をとることができます。

その上で膝関節の要となる軟骨生成に働きかける栄養を食事やサプリメントなどからバランス良くとるようにして、日々の中で関節を労るようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ