腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

どうして無臭なの? 無臭の入浴剤のメリットってなに?

   

Epsom Salt エプソムソルト / 100% Natural Mineral / エプソム塩 / マグネシウム入浴剤 / 無色・無臭

入浴剤には、基本的に香りが付けられていることが多いでしょう。

しかし、中には無臭の入浴剤だってあります。

でも、そういう無臭の入浴剤にはどんなメリットがあるのでしょうか?

あえて香りをつけていないということもそうですし、あえてそれを選ぶ人がいるというのも、そこにメリットがあるからでしょう。

ここではそのメリットについてみていきます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

香料を使わなくても済む

無臭の入浴剤のメリットとしてまずあげることができるのは、香料を使わなくても済むというメリットです。

一般的に入浴剤には香料が使われています。

中には香料ではなく、実際に何らかの天然成分で香り付けをしているものもありますが、やはりコストのことを考えると、香料で香りをつけているものが多いのです。

でもそうして、香料で香りをつけることには、ある問題点があります。

それが、肌への刺激です。

香料は肌にとっては刺激

香料というのは、肌にとっては間違いなく刺激だと言えます。

なぜなら、香料というのは人工的に作られたものだからです。

人工的に作られたものというのは、えてして刺激が強いことが多いです。

なので、香料が使われている入浴剤というのは、肌への刺激がそれなりにあるのです。

とはいえもちろんその刺激は、すごく強いわけではありません。

だから、1回それを使用したくらいで肌が荒れてしまうということはそうそうないのではないでしょうか?

しかし、ちりも積もれば山となります。

入浴剤は基本毎日使うべきもの

入浴剤というのは、実は基本的には毎日使用するべきものだったりします。

そんな毎日使用するべき入浴剤を実際に毎日使用したとしましょう。

そうして毎日使用したとしたら、日々香料による刺激が肌に積もっていくことになります。

そんな風に日々その刺激が蓄積されていたら、いずれ肌へのダメージが深刻になってしまうこともあるでしょう。

でも、そもそも香料が使われていなければどうでしょうか?

そもそも香料が使われていなければ、そうなることはまずありません。

それによる刺激がまずないのですから、毎日使用したところで肌への刺激が蓄積されてしまうということはまずないのです。

だから、安心して毎日使用していくことができるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

無臭ならばほかのアイテムの香りを活かせる

無臭の入浴剤のメリットは、ほかのアイテムの香りをいかすことができるという点にもあります。

入浴の際には、まず確実にシャンプーやボディソープを使用することでしょう。

そしてそのシャンプーやボディソープを選ぶ際、香りを基準にしてそれらを選ぶという方も多いのではないでしょうか?

香りでそれを選んでいるのだとしたら、やはり日々その香りは残していきたいでしょう。

でも、入浴剤を使用していたら、やはりその入浴剤の香りが勝ってしまうでしょう。

シャンプーであればまだわかりませんが、ボディソープの香りは確実に消えてしまうと言ってよいでしょう。

入浴剤は流さないのが基本だから

なぜなら、入浴剤をいれたお湯に入ってから出る際、それは流さないのが基本だからです。

もし入浴剤を入れたお湯に入って、そのあとでボディソープで体を洗うのであれば、その香りも残るかもしれません。

しかし、基本的にはそうではなく、入浴剤のはいったお湯に入る前に体をボディソープで洗うことが多いでしょう。

ということは、最後に入浴剤の入ったお湯を体につけたまま出ることになります。

となると最後に勝つのは間違いなく入浴剤の香りになります。

それでは、せっかくのボディソープがもったいないですね。

無臭の入浴剤ならその流れでも香りが残る

ではもし、そこで無臭の入浴剤を使用していたらどうなるでしょうか?

もしそこで無臭の入浴剤を使用していたら、その流れで入浴したとしても、まず確実にボディソープの香りは消えないでしょう。

ボディソープの香りが消えてしまうのは、体を洗った後にお湯につかったからではありません。

ボディソープの香りが消えてしまうのは、体を洗った後に入浴剤入りのお湯に入り、そのお湯の香りを上に重ねてしまったからです。

無臭の入浴剤であれば、上から香りが重ねられることはありませんから、ボディソープの香りはまず消えないでしょう。

ボディソープやシャンプーにこだわりがある人は、特に無臭の入浴剤がおすすめです。

無臭であれば香りがまじることもない

無臭の入浴剤のメリットとして、香りが混ざることがないということもあげられます。

シャンプーやボディソープの香りは、入浴剤によってかき消されるというだけではなく、そもそもその入浴剤のかおりと混ざってしまうことがあるのです。

そうしてシャンプーやボディソープの香りと入浴剤の香りが混ざってしまうと、ときにすごく臭くなってしまうことがあります。

良い香りと良い香りを合わせたからと言って、それが必ずしも良い香りになるとは限らないのです。

それはたとえば、おいしいものとおいしいものを合わせて食べたからと言って、必ずおいしくなるわけではないということと似ています。

物事には、相性というものがあるのです。

2つ以上の何かをかけ合わせる際、もっとも大切なのはその相性だと言えます。

そしてその香りと香りが相性が良いか悪いかは比較的に博打的なところがあるでしょう。

だから、良い香りのシャンプーやボディソープと入浴剤を掛け合わせると、最悪臭い香りになることもあるのです。

でも、無臭であればまずそうなることはありません。

最悪の事態は避けられる

そうなることがないということは、最悪の自体は避けることができるということになります。

もしかしたら、良い香りのシャンプーやボディソープと入浴剤を掛け合わせれば、さらに良い香りになることもあります。

でも、最悪の結果になることもあるわけです。

無臭であれば、より良い香りになることはないまでも、臭くなることはない。

お風呂において良いのはどちらでしょうか?

多くの場合で後者の方が良いと感じるでしょう。

なので、やはり無臭の入浴剤のメリットは大きいと言えるでしょう。

無臭の入浴剤はお湯の状態もわかりやすい

また、無臭の入浴剤はお湯の状態もわかりやすいというメリットもあります。

香りが強い入浴剤の場合、常によい香りになるでしょうからそのまま2日くらいそのお湯を使おうとしてしまうこともあるでしょう。

状態が良く感じられれば、捨てるのはもったいなく思うでしょうから。

でもそうしてそれを連続で使うのはよくありません。

無臭であればまずそうすることはないでしょう。

なぜならお湯の状態がわかりやすいからです。

つまり、2日目で臭くなってしまっている入浴剤入りのその臭さにしっかりと気が付くことができるのです。

そうしてそれに気がつけば、そのタイミングでしっかりとお湯を変えることになるのは当然です。

そういう意味でも無臭の入浴剤というのは頼りになる存在だと言えるでしょう。

無臭なんて意味があるのか?

とおもっていた方も多いかもしれませんが、このように無臭は無臭ですごくメリットが大きいのです。

まとめ

一見メリットがなさそうな無臭の入浴剤にも、このようにきちんとメリットはあります。

なので、しっかりとそれらのメリットをよく考えて、無臭の入浴剤というのも入浴剤を買う時の選択肢に入れてみて下さい。

もしかしたらすごくしっくりくる無臭の入浴剤に出会えて、それの虜になってしまうかもしれません。

是非一度検討してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤