腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

どのくらいが適切?腰痛にならない適切なマットレスのサイズとは?

   

マットレスのサイズは、腰痛の方にとってはすごく重要なものとなります。

でも、なかなかどのくらいのサイズのマットレスが、自分に適したサイズで、腰痛にならないようなサイズのマットレスなのか、分からないという方も多いでしょう。

そこでここでは、腰痛にならないような適切なサイズのマットレスについて紹介していきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

シングルサイズは寝返りを打つにはまだ足りない

シングルサイズのマットレスは、だいたい90センチとか100センチくらいになります。

90センチとか100センチくらいと言うと、すごく大きなサイズ感だと思う人もいるかもしれません。

でも、実は90センチとか100センチというのは、やや小さめなサイズ感になるのです。

人の横幅は、だいたい50センチとか60センチくらいになります。

それが転がるわけですから、寝返りを打つとギリギリまで行ってしまいます。

となると、やはり無意識のうちに寝返りをセーブしてしまうこともあるでしょう。

だから、シングルサイズではまだ十分ではないと言えるのです。

すごく痩せている人ならば問題ない

ただそれはやはり個人個人の体型にもよると言えるでしょう。

もし自分がすごく痩せている体型だとおもうのであれば、シングルサイズのマットレスであっても十分かもしれません。

すごく痩せている体型の人は、肩幅も40センチを切ることがあります。

となると下手したら横幅が50センチを切ることもあるでしょう。

そういう方が、100センチくらいのやや大きめのマットレスを使用していれば、寝返りをしてもぎりぎりにはなりません。

なので、必ずしもシングルサイズのマットレスでは小さいというわけではありません。

ただ、肩幅が40センチを切るくらいのやせ形の人はあまりいないので、ほとんどの方にとって、シングルサイズのマットレスは十分ではないと言えるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

1人で寝るのに適しているのはセミダブル

では、1人で寝るのに適しているのは、どのくらいのマットレスのサイズになるのでしょうか?

1人で寝るのに適しているマットレスのサイズは、セミダブルになるでしょう。

セミダブルのマットレスは、だいたい横幅が120センチになります。

横幅が120センチと言うことは、普通の人が寝返りを打つのにすごくちょうど良いサイズ感と言うことになるのです。

これ以上大きいと、それはそれで寝返りは打ちづらいと言えるでしょう。

ダブルだと大きすぎて動きづらい

大きすぎるのは、それはそれで動きづらくなるのです。

たとえばダブルサイズのマットレスです。

ダブルサイズのマットレスは、だいたい140センチあります。

140センチあるマットレスは、寝返りを2回くらい打てる位の余裕はあります。

でも、なかなか端にたどり着かないので、どちらに転がるべきか分からなくなるのです。

なので、上手く寝返りを打つことが出来なくなるでしょう。

またダブルサイズのマットレスの場合、やはり小さめのマットレスに比べて、中央の方はやわらかくなりがちだと言えるでしょう。

中央の方が柔らかくなりがちだということは、しばらくそれで寝ているうちに、その当たりが自分の形に凹んで来て、そこに寝ている間にはまってしまうようになる可能性があるということになります。

そうなるとますます寝返りが打ちづらくなるでしょう。

抜け出すのにパワーを使うようになる

もしそこにはまってしまったら、そこから抜け出すのにかなりパワーを使うようになるでしょう。

それは泥などにはまってしまった車のタイヤを想像すると分かるのではないでしょうか?

なんてことはない小さな泥くぼみでも、一度はまってしまうと、車のパワーを持ってしてもそこからなかなか抜け出せなくなります。

寝返りを打つ時でも、それは言えることなのです。

だから、かなり寝返りはしづらくなるでしょう。

ダブルは二人でも寝返りはしづらい

ダブルというのは、実は2人でねるのでも寝返りがしづらいと言えるのです。

シングルサイズのマットレスの横幅は90センチから100センチと紹介してきました。

それでも寝返りは打ちづらいのですから、2人で寝る時にはそれらの2倍以上の横幅が欲しいところなのです。

でも、ダブルサイズのマットレスの横幅と言うのは、先述の通り140センチしかありません。

140センチしかないということは、だいたい1人頭70センチしか使えなくなります。

70センチと言うのは、人の横幅プラス気持ち程度しかないと言えるでしょう。

なので、寝返りはかなり打ちづらいのです。

もし2人で寝るのであれば、腰痛を避けたい人はダブルサイズのマットレスは避けた方が良いでしょう。

もっと大きなタイプのマットレスを使用してください。

ダブルは子供が使うのが最適か

でもそれでは、1人で寝るのもいまいち、二人で寝るのもいまいちで、ダブルサイズのマットレスの使い道がなくなってしまうのではないかと思う方もいるでしょう。

確かにダブルサイズのマットレスは中途半端で使いづらいですが、適切な例もあります。

それが、子どもが二人で寝るというようなシーンです。

子供二人であれば、ダブルサイズのマットレスでも、気持ちよく寝返りが打てるでしょう。

なので、子どもにはダブルサイズのマットレスが合っていると言えます。

もちろんその子どもの年齢にもよるところはありますが。

2人で寝るならキングサイズがおすすめ

では、2人で寝るには、どのくらいのサイズが適切で、腰痛にならないサイズになるのでしょうか?

それはやはりキングサイズでしょう。

キングサイズの横幅は、だいたい200センチになります。

つまり、シングルサイズが2つになるのです。

シングルサイズなのですから、横幅的にはまだ十分だとは言えません。

しかし、2人で寝る時、えてして最初はくっついて寝るでしょう。

そこから離れるように寝返りを打つわけですが、そのタイミングは間違いなくばらばらで、そこからの二人のタイミングもバラバラになります。

なので、2人で寝る場合には、シングルサイズ×2と言うサイズ感になろうとも、上手く寝返りを打つ事が出来る事が多いのです。

そして、そんな風に上手く寝返りが出来るのであれば、腰痛にもなりづらくなるでしょう。

入らなければクイーンでも

ただ、キングサイズのマットレスは、意外とあまり売っていません。

そしてそもそも、キングサイズのマットレスが入らないという事もあるでしょう。

そういう時には、クイーンサイズを選ぶようにしてください。

クイーンサイズであれば、大体の部屋には入れることは出来るでしょう。

かなり幅を取る事には変わりはありませんが、睡眠を大事にして、しっかりと身体を休め、変な負担をかけないためには、それくらいのサイズ感は最低でも必要です。

その為にはそのせいで部屋が狭くなることは、我慢するしかありません。

部屋の見た目とかそういうことよりも、一番大切なのが身体であることはまず間違いありません。

身体をお互いにゆっくり休める為にも、大きいマットレスを選んでいってください。

まとめ

腰痛にならない為の適切なマットレスのサイズ感のご紹介でした。

寝ている間に腰痛になることは、すごくよくあることです。

本来身体を休めるためのことである睡眠で、腰痛がおこってしまうなんて本末転倒も良いところです。

ですからそうならないように、しっかりとこれらのことを参考に、適切なサイズ感のマットレスを選んでいってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団