腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

どんな腰痛に効く? 寝具を敷き布団に変えるのが効果的になる方とは

   

寝具を敷き布団に変えると、腰痛に対して効果的だと言われることが多いです。

確かにそれはその通りだと言えます。

寝具を敷き布団に変えていけば、そのおかげで腰痛が改善されていくことも少なくはありません。

でも、そうして腰痛が改善される方もいれば、特に変わらないという方もいます。

では、敷き布団は、どういう腰痛の方に合っていると言えるのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

朝腰痛になっている方には効果的な可能性が高い

朝起きたら腰痛になっているという方には、寝具を敷き布団に変えるのが合っている可能性が高いと言えます。

というのも、朝起きたら腰痛になっているという方は、寝具が合っていないから腰痛になっている可能性が高いからです。

その合っていないというのには主に、マットレスが柔らかすぎるのです。

寝返りが出来なくなる

柔らかいマットレスで寝ていると、それの効力で身体がすごく沈んでいきます。

そうして身体がしずんで行ってしまうと、そのせいで身体が溝にハマるような感じになります。

溝にはまっていると、そこから抜け出すのは大変になります。

だから上手く寝返りが出来なくなるのです。

ましてや柔らかいマットレスの場合は、寝返りをしようとしても、そこで回ろうとして込めた力が、そのままマットレスに吸収されてしまうようになります。

ただでさえ溝にはまっていて寝返りがしづらい状態なのに、さらにそうして寝返りがしづらくなれば、寝返りが出来なくなるのも当然です。

寝返りが出来なくなると、そのせいで腰が痛くなります。

体重の負荷も逃がせないし筋肉も固まる

寝返りが出来ないと腰痛になるというのには、2つの理由があります。

1つは、体重の負荷を逃がすことが出来ないという理由です。

体重の負荷は、基本的には腰のあたりに集中してかかります。

本来であれば、寝返りをすることで体勢を頻繁に変えて、その負荷を逃がしていくのですが、柔らかいマットレスで寝返りが出来ないと言えるとそれが出来ません。

だから、腰のあたりにだけやたらと負荷が掛かるようになるのです。

それでは腰が痛くなるのも当然でしょう。

またもう1つは、筋肉が固まるという事です。

寝返りはいうなれば筋肉を動かす運動です。

それが出来ないとなると、筋肉はドンドン固まっていくでしょう。

そうして筋肉が固まってしまうと、血流が悪くなります。

そしてその血流の悪さが腰痛を招くのです。

こうして起こる腰痛は、一晩かけてじわじわと進行してくると言えます。

だから、朝起きたら腰痛になっているのです。

逆に言えば、朝起きたら腰痛になっているということは、こういう理由で腰痛になっているという事ですから、敷き布団に変えると効果的だという事になります。

敷き布団は決して身体がしずみすぎるようなやわらかい物ではないですから。

柔らかさでいえば柔らかい事もあるかもしれませんが、厚みがないのでまず沈みすぎることはありません。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝ている間に汗をかく方も効果的になることが多い

寝ている間にたくさん汗をかいている方も、マットレスから敷き布団に変えることで、腰痛が改善する可能性は高いと言えるでしょう。

寝ている間にたくさん汗をかくことと腰痛なんて全然関係ないと思う方もいるかもしれません。

でも、寝ている間にたくさん汗をかくと言うのは、マットレスが合っていない可能性が高いのです。

マットレスには、通気性がよいものもあれば、通気性がいまいちな物もあります。

そて寝ている間にたくさん汗をかいている方は、通気性が悪いマットレスを使用している可能性が高いです。

通気性が悪いマットレスを使用しているから、どんどん汗をかいてしまい、しかもそれがなかなか発散されずにまた蒸れてしまい、また暑くならからどんどん汗をかいてしまうという風になるのです。

そうして汗をたくさんかいてしまうと、結果その汗で身体は冷えてしまいます。

そして身体が冷えてしまうと、それは腰痛に繋がります。

だから、そういうマットレスで寝ているのは良くないのです。

布団の場合は寝返りで湿度が逃がせる

布団も、別に通気性がすこぶる良いわけではありません。

しかし布団の場合は、マットレスと比べてはるかに寝返りがしやすいです。

厚みがあまりなく、込めた力を逃がすことが無いので、はるかに寝返りがしやすいのです。

ましてやマットレスとは違い高さがないところで寝ることになるので、なおさらです。

寝返りをするということは、それにより湿度を逃がすという事になります。

寝返りをしないでいたら、寝具と身体はずっと密着したままになります。

しかし寝返りが出来れば、そうして密着している状態から、一度身体を離していくことが出来るようになるのです。

そうして身体を離していければ、そのタイミングで湿度が抜けていきます。

だから、寝具にしていけば湿度が身体が蒸れて冷えてしまうことが無くなり、腰痛改善の可能性が高まると言えるのです。

朝疲れがとれていない方にも効果的

朝起きたら腰痛になっているというのではなく、腰痛は基本的に慢性的なものだけれども、朝起きたら疲れがとれていないような感じがするという方もいるでしょう。

もしそうして朝起きたらあまり疲れがとれていないような感じがするというのであれば、その方にも寝具を敷き布団に変えるのがおすすめになります。

なぜならその疲れが腰痛を招いている可能性が高いからです。

疲れはなぜ起こるか

では、寝ていて疲れがとれないのは何故でしょうか?

それは、寝ている間に疲れるからにほかなりません。

たとえば寝ている間に寝返りをやたらたくさんしていたら、それは疲れに繋がります。

そうして疲れてしまい、腰痛になっているのでしょう。

寝返りをたくさんしてしまうのは、マットレスが固すぎるからでしょう。

マットレスが固いと押し付けられる身体が痛くなり、それから逃れようとしてたくさん寝返りをしたくなります。

だから、たくさん寝返りをして、疲れてしまうようになるのです。

それを防ぐためには、寝具を敷き布団に変えると良いでしょう。

基本的にはそこまで固いものではない

敷き布団は、基本的にはそこまで固いものではありません。

むしろ柔らかいと言えるでしょう。

柔らかいけど寝返りがしやすいのは、それに厚みが無くて、下の固さを利用できるからです。

でもそのトータルでの固さは、固すぎるということはまずないでしょう。

だから、疲れによる腰痛にも効果的だと言えるのです。

逆に効かないのは体重分散力不足の腰痛

逆に敷き布団に変えてもあまり改善が期待出来ない腰痛は、体重を分散する力が足りないことによる腰痛になります。

体重を分散する力が足りないと、腰の辺りにばかり体重の負荷がかかり腰が痛くなります。

しかし敷き布団も、基本的には体重の分散力は高くないと言えます。

だから、体重の分散力をアップさせて腰痛を改善していこうとしても、それはまず叶いません。

それを叶える為には、マットレスの方が合っていると言えるでしょう。

敷き布団に変えると言うよりは、マットレスをもっと分散力の高いものに変える方がはるかに効果的です。

まとめ

敷き布団に変えることで腰痛がよくなる可能性があるのは、以上の3つになります。

これらの3つで腰痛になっていると思う方は、是非敷き布団に変えていくと良いでしょう。

もちろんそれでも腰痛が改善しない可能性はありますが、少なくともほかのかたちで腰痛になっている方に比べたら効果が出る可能性は高いと言えるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団