腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

まくらの必要性と選ぶためのポイントを知っておこう!

   

東京西川 枕 もっと横楽寝 医師がすすめる健康枕 ブルー

毎日寝るときに必ず枕を使用するかと思いますが、まくらについて考えたことはありますか?

枕に使われる素材や高さなどを少しでも知っていると、より快適に寝るための枕を選ぶことが出来ます。

逆に枕はなんでもいいという考えで選んでしまうと、寝づらくなってしまうことがあります。

ならば、枕はどんな所が大切なのか、理想の枕とは何なのか、などを紹介します。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

まくらの必要性

一般的に枕に頭をのせて寝ていますが、枕は思った以上に重要なものであります。

始めに枕を使用することで、寝姿勢を保つことが出来ます。

理想の寝姿勢は、人間の直立姿勢を横にした状態だと言われています。

その姿勢が、体に負担が集中することなく分散し快適に寝ることが出来るようになっています。

枕が体に様々な問題が発生してしまいます。

ですが、枕があるだけでその問題が生じることはありません。

枕は、時代は詳しくは分かりませんが、昔から存在しています。

今に比べれば、枕の質は劣っていると思います。

ですが、人間にとって、枕は昔から必要不可欠なものであると考えられています。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

まくらがないとどうなるのか

枕がないと、理想の寝姿勢ではなくなってしまい、体への負担へと繋がってしまいます。

人間の頭は、思っている以上に重いです。

その頭を支える役目をしているのが脊柱です。

首部分の頸椎から腰部分にある仙骨までの脊柱は、側面からみると連続したS字カーブの形状となっています。

この形状によって、無理なく頭部を支えることが出来ます。

寝姿勢でも、脊柱の形状を保つことが一番体に負担が掛からないとされます。

枕はこの寝姿勢を保つためにあります。

枕がないと、首、脊柱、肩など、様々な筋肉に負担が掛かってしまいます。

筋肉だけでなく、神経まで圧迫されてしまいます。

筋肉が緊張状態になってしまうので、血行不良を起こし神経を痛める原因になります。

また、心臓よりも低い位置に後頭部があるため、頭に血が上り脳に血液が溜まってしまいます。

そうなると、顔にむくみが生じ、熟睡が阻害されてしまいます。

このように、枕が無くなるだけで様々な問題が出てきます。

人間の頭や首などはとても重要な場所なので、それを守るためにも枕が必要になってきます。

まくらを選ぶためのポイント

枕がどれほど重要なものなのかが分かりましたが、ただ枕があればいいわけではありません。

枕の質が悪いものを選んでしまうと、首などに負担が掛かってしまいます。

なので、枕を選ぶ時は考えて選ばなければなりません。

その枕を選ぶ際は、理想な寝姿勢を保てる枕を選ぶことです。

では、より良い枕を選ぶ時はどのようなポイントに気をつければいいのかを説明していきます。

まくらの高さ

枕の高さがあっていないと、頭・首・肩などに負担が掛かってしまいます。

枕が高すぎると、首・肩の筋肉に負担がかり、喉が圧迫されてしまいます。

そのため、肩こりの原因になります。

逆に低すぎても、同じく筋肉に負担が掛かります。

また、血液が脳に溜まってしまい、起きた時に熟睡した感覚がありません。

一般的に、男性は4cm、女性は3cmが平均的な目安とされています。

ですが、あくまで標準的な体型の人を基準にしたものですから、全員に当てはまるわけではありません。

体型によって多少の誤差が生まれたりします。

枕の高さは、平均的な目安を基準に考えることをおすすめします。

高すぎず低すぎず、というのがその人の適性になると思います。

店によっては適度な高さを計測できるところもあるので、活用してみて下さい。

まくらの硬さ

枕の硬さも高さと同じように、硬すぎず柔らかすぎず、というのがおすすめになります。

柔らかすぎてしまうと、頭が深く沈んでしまい、寝づらくなってしまいます。

また、高さが低すぎるのと似たような症状が出ることがあります。

寝返りを打つ際に、必要以上の力が必要になってしまい大きな負担になります。

硬すぎる枕は、頭だけを支えるようになってしまうので、首から肩の筋肉に負担が掛かります。

頭と首をしっかりと支え、寝返りが打ちやすい枕こそ、適度な硬さであると考えてください。

枕の硬さは素材によって変わってきますので、いくつもの枕を触って確かめるのが一番だと思います。

まくらの素材

枕に使われる素材いくつかあります。

柔らかめの低反発ウレタン・ポリエステル・羽毛など、硬めのそばがら・パイプ・ヒノキなどがあります。

どの素材が一番なのかは一概には言えません。

それぞれにメリット・デメリットが存在します。

人間が寝ている間は、汗をたくさんかきます。

その汗により枕がべたべたしてしまうと、寝づらくなります。

なので、吸収・発散性が高いということは大切です。

通気性が良いものだと、熱がこもらず、快適に熟成できます。

洗濯できる素材であると、清潔感を保つことが出来ます。

へたりが少なく型崩れしにくい丈夫な素材も重要です。

このようなことを考慮して、自分がどれを重視するかが大切です。

また、加工方法によって硬さに変化が生じたり、複数の素材を組み合わせた枕も存在します。

ある程度素材のことを考えることはポイントですが、一番なのは実際に寝てみて枕の感触を確かめることです。

まくらの構造

枕の大きさは、寝返りしても頭が落ちず肩先まで支えられるサイズが良いと言われています。

横幅は60cm以上、奥行きは40cm以上ならば、支えることが出来ます。

中の構造は、片方に中身が偏らず、頸部をしっかり支える構造であることです。

枕の形に関しては、様々な種類があります。

標準タイプは、素材をそのまま袋に詰め込んだもので、中心部は一番ボリュームがあります。

一般的な枕の形になります。

くぼみタイプは、中央の部分にくぼみが出来ておりそこに頭が納まるようになっていて、安定感があります。

ダブルサイズタイプは、標準タイプの横幅が長くなったもので、ダブルサイズのベッドでも使えます。

2人で使用するのが基本ですが、1人でもゆったりと使用できます。

分割タイプは、中がユニットに分かれている形です。

枕の中が分割されているので、高さや素材がユニットごとに異なるようになっています。

中身の偏りを防ぐことが出来ます。

他にも様々な形をしたものがありますが、頭・首をしっかりと支えられるようになっています。

形に関しては自分に合った枕かどうかを確かめることが一番です。

確かめるときは、仰向き・横向きの両方寝やすい感触のものが良いと思います。

おすすめのまくら

現在では、色々と研究を重ねて多種多様な枕が売られています。

その中でも、おすすめのを紹介します。

YOKONE(ヨコネ)

YOKONEは、横向き寝に着目した横向き専用枕です。

中の素材は、リラックスウレタンと呼ばれる特殊素材が利用されています。

中央の盛り上がった形状により、頭・腕・首・肩を支え、頭の荷重分散を最適化しています。

頭が正しい位置に乗せられ、安定感もあるので、快適に寝ることが出来ます。

横向き専用になっていますが、仰向けで寝ても問題なく寝ることが出来ます。

横向きはいびきの軽減、肩こり・首こり予防などいくつものメリットが存在します。

そうしたメリットをYOKONEがよりサポートしてくれます。

1年間の製品保証もついているので、枕の変更を考えている人にはおすすめの製品です。

まとめ

まくらだけでなくマットレスもそうですが、寝具は思っている以上に睡眠に影響を与えます。

まくらも性能が良ければ、それだけ快適な睡眠へのサポートをしてくれます。

枕が自分に合っていないと、睡眠でしっかりと体を休めるはずが逆に負担をかけてしまいよく眠れなかった、ということも起きてしまいます。

まくらを選ぶ際は、しっかりと必要な要素を考えて、自分の感触に馴染むものを選んでみて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら