腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

みんなどんなものを使ってる?人気のマットレスにある4つの特徴

   

マットレスは決して安い買い物ではありません。

たとえ安いものでも数万円はしてしまいますから。

だから、マットレスを買うのであれば、失敗しないものを買いたいと思うでしょう。

では、マットレスはどういうものを買えば失敗しないでしょうか?

それはやはり人気のものでしょう。

そこでここでは、人気のマットレスに見られる特徴について紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

高反発のマットレスが人気

マットレスの中で人気となっているのは、高反発のマットレスです。

一昔前は、なんでもかんでも低反発の物がもてはやされていた印象があります。

たしかに低反発のものは、それに身体が吸いこまれるような感覚があり、それがすごく気持ちが良いです。

なので、それが人気になるのも頷ける話でした。

しかし今では、低反発のマットレスよりも高反発のマットレスの方が人気となっています。

では高反発のマットレスは何故人気となっているのでしょうか?

高反発のマットレスは腰痛対策に良い

それは、高反発のマットレスは腰痛対策に良いからだと言えます。

高反発のマットレスは、マットレスなのでたとえ高反発でも多少は身体がしずみます。

なので、その分ある程度体重も分散できます。

それでいて、高反発なので、身体がしずみすぎることはありません。

それは、腰痛対策としてすごく効果的な事なのです。

しずみすぎると寝返りが出来なくなる

なぜなら、身体がしずみすぎてしまうと、そのせいで寝返りができなくなるからだと言えます。

身体がしずみすぎてしまうと、まず溝にはまったようになってしまいます。

なので、そこから抜け出すためにエネルギーを使わないとならなくなります。

そこから抜け出すためにエネルギーを使うとなると、やはりその分だけ寝返りはしづらくなるでしょう。

また、身体がしずみすぎてしまうということは、それだけ柔らかいということになります。

柔らかいところで寝返りをしようとすると、寝返りの為に込めた力が、そのままその柔らかさに吸収されてしまうことがあります。

そうしてその力が吸収されてしまったら、その分だけ寝返りがしづらくなるのは当然です。

だから、やわらかい低反発のようなマットレスでは寝返りができなくなり、高反発のマットレスでは寝返りがしやすくなると言えるのです。

寝返りが腰痛対策になる

そんな寝返りこそ、腰痛対策になるものなのです。

人の体は動かさないとドンドン凝り固まっていきます。

すると次第に血行も悪くなり、どんどん身体は痛くなっていきます。

しかし寝返りをすれば、身体を動かすことになります。

だから、寝ている間でも身体をほぐすことが出来るのです。

そうなれば、やはり凝り固まって特に痛みやすい、腰痛を防ぐことが出来るでしょう。

日本人は腰が痛みやすい方も多いですから、腰痛を防げる高反発のマットレスが人気になるのも当然ですし、多くの方に、高反発のマットレスはおすすめできます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

脚付きマットレスが意外と人気

人気のマットレスとして、脚付きマットレスも挙げられます。

脚付きのマットレスよりも、脚がない、ベッドフレームに置くタイプのマットレスの方が人気なのではないかと思う方もいるかもしれませんが、脚付きのマットレスは人気なのです。

では、脚付きのマットレスは何故人気なのか見ていきましょう。

リーズナブルだから

第一に、脚付きマットレスはすごくリーズナブルだと言えます。

ベッドフレームとマットレスを買うとなると、だいたいマットレスを買うお金の倍くらいのお金がかかるでしょう。

確かに寝具は大事です。

それくらいのお金をかけるだけの価値は十分にあるでしょう。

でも、今の時代は、決して景気が良いとは言えまん。

景気が良いところは景気が良いですが、景気が悪いところはすごく景気が悪いのが今の時代だと言えるでしょう。

そんな状態なので、出来れば少しでも安く寝具を買いたいと思う方も多いでしょう。

でもやはり、安いだけではなく、それなりのクオリティも求めるものです。

それが叶えられるのが、脚付きのマットレスです。

だから、脚付きのマットレスが人気になっているのでしょう。

スペースもとらない

また、脚付きのマットレスには、スペースもとらないという特徴があります。

脚付きのマットレスは、たとえばヘッドボードや足元のボードなどもないです。

ということは、ほぼほぼマットレスを置けるだけのスペース以上のスペースをとらないと言えるのです。

それは間違いなくメリットでしょう。

寝室は、基本的にはそこまで広くないことが多いのではないでしょうか?

だから、スペースを埋めすぎると、どうしても圧迫感が出てしまいます。

それは防ぎたいところなので、スペースはとらないですむならばそれに越したことはないと言えるのです。

専門店のマットレスが人気

マットレスは、専門店で作られていることもあれば、たとえば家具店などでつくられていることもあります。

たとえば赤羽辺りに本社のある大型人気家具ショップでも、マットレスは多数つくられていると言えます。

でも、人気なのは、専門店で作られているものになります。

では、なぜ専門店のマットレスの方が人気なのでしょうか?

専門店では返金保証が付くこともある

それは、やはり専門店の方がクオリティは安心できるということが大きいでしょうが、それ以外にも理由はあります。

それが、専門店では返金保証が付くことが多いという点です。

家具ショップでは、たとえばそれがすぐにへたったりしてしまった場合は返品したり、あるいは無償で修理をしたり、交換したりしてくれることもあります。

しかし、単に身体に合わないとか、そういう理由で返品してくれたりすることはありません。

でも、専門店であれば、それが出来ることも少なくはありません。

実際にマットレスと言うのは、寝てみないとそれが体に合っているかなんてわかりません。

だから、寝てみたら身体に合っていなかったということもよくある話です。

でも、そういう理由で返品出来ないところで購入していたら、そうなってももうどうすることもできません。

だから、そういうところで買うのではなく、専門店で買うのがおすすめになりますし、実際にそれが人気となっているのでしょう。

シングルサイズが一番人気

また、マットレスはシングルサイズが人気だといえます。

一人暮らしの方も多いのですから、それも当然だと思うかもしれませんが、面白いのは、別に一人暮らしの方だけではなく二人暮らしの方にとっても人気なのです。

もちろん二人暮らしの方は、シングルサイズのマットレス一つで寝るわけではありません。

そうではなく、シングルサイズのマットレス二つで寝るのが人気だから、二人暮らしの方にもシングルサイズのマットレスが人気になっているのです。

二人だとダブルでも狭い

もし、二人で寝るのであれば、実はダブルでも狭いと言えます。

シングルサイズのマットレスは、横がだいたい100センチありますが、ダブルサイズのマットレスは140センチしかありません。

つまり、シングルサイズ二つであれば、100センチ使えるところ、ダブルの場合は70センチしか使えないのです。

それでは狭いでしょう。

だから、シングルサイズを二つ使うのです。

まとめ

人気のマットレスは、シングルサイズで高反発、そして脚付きのマットレスの専門店で作られているものと言うことになります。

そういうマットレスを探していけば、最低限マットレス選びで失敗することはなくなっていくでしょう。

やみくもに色々見ていくよりも、その方が効率的でもあります。

是非参考にして、そういうものを探してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団