腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

よく言われるけど…マットレスで寝ると腰が痛くなるって本当?

   

1830個以上の点で眠りを深化させる 【エアキューブ】 特殊立体凹凸構造マットレス 高反発 点で支えて体圧分散 血行障害を緩和 3D特殊カットで熱がこもりにくい 厚み5cm (シングル)

よく、マットレスで寝ると腰が痛くなると言われることが多いです。

でも、本当にマットレスで寝ると腰が痛くなってしまうのでしょうか?

もし腰が痛くならないのであれば、マットレスで寝たいと思う方も多いはずです。

そこでここでは、マットレスで寝ると腰が痛くなるのは本当か?

ということについて、みていきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

柔らかいマットレスで寝るから腰が痛くなる

マットレスで寝ると腰が痛くなると言われるのは、柔らかいマットレスで寝るからだと言えるでしょう。

柔らかいマットレスで寝ると、身体がそのマットレスに吸収されるように沈んでいくことがあります。

そうして身体が沈んでいくとなると、そこに身体がはまるようになってしまいます。

なので、うまく寝返りを打つことができなくなるのです。

その結果、腰が痛くなってしまうことがあります。

寝返りの力も吸収される

また、柔らかいマットレスで寝ていると、寝返りを打つための力も吸収されがちになると言えます。

寝返りを打つためには、たとえば手をついて立ち上がる時のように、自分が動きたい方向とは反対の方向に力を入れて、その反動で寝返りをしようとします。

つまり、その力がきちんと伝わらないと、うまく寝返りを打つことはできないのです。

しかし、柔らかいマットレスで寝ていると、そうして寝返りのために込めた力は、そのままマットレスに吸収されてしまうと言えるでしょう。

そうしてその力が吸収されてしまえば、当然その分だけ寝返りがやりづらくなります。

だから、柔らかいマットレスで寝ると寝返りができなくなり、腰が痛くなってしまうと言えるのです。

寝返りができないとなぜ腰が痛くなるのか

でも、そもそも寝返りができないとなぜ腰が痛くなると言えるのでしょうか?

一見すると寝返りができないくらいの方がしっかりと体を休ませることができてのんびり寝ることができそうに思えるものです。

しかし実はそんなことはないのです。

寝返りをしないと、腰のあたりの筋肉はどんどん凝り固まっていきます。

そうして筋肉が凝り固まると、次第にそこが痛みを発するようになります。

そんな風に、腰は痛くなっていくのです。

また、寝返りができないと、体重の負荷からも逃げることができなくなります。

人は寝ている間にも、体重の負荷を体にうけます。

そしてその負荷は、えてして腰のあたりに強くかかるのです。

それが腰のあたりに強くかかるのであれば、それを逃してあげないと、腰が痛くなるのも当然です。

寝返りをすれば身体も動きますし、体勢も変わるので、その体重の負荷を逃していくことができるでしょう。

だからやはり、寝返りというのはすごく重要なのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

硬めのマットレスならむしろ腰痛は防げる

柔らかいマットレスの場合、そうして腰痛になってしまうこともあります。

では、硬いマットレスの場合はどうなのでしょうか?

マットレスには、柔らかいマットレスもたくさんありますが、同時に硬いマットレスもたくさんあります。

もし硬いマットレスを使用していても、腰痛になってしまうでしょうか?

実はそんなことはありません。

むしろ、硬いマットレスを使用していると、腰痛は良くなることが多いといえるでしょう。

しっかりと体重を分散できる

硬いマットレスを使用していると、先述のような柔らかいマットレスの弱点である、寝返りができないという弱点が無くなります。

寝返りを打つための力も逃げないと言えますし、身体がはまってしまうこともないと言えます。

だから、寝返り自体は問題なくできることが多いです。

その上硬いマットレスでは、体重をしっかりと分散することができます。

なぜなら、硬いとは言っても、かちかちなほど硬いわけではないからです。

あくまでも柔らかいマットレスに比べたら硬いくらいで、ある程度身体は沈むのです。

寝返りができる程度の沈みではありますが、身体は沈みます。

そして、えてしてマットレスは厚みが厚いですから、身体が沈んでいけば、しっかりと、身体の広い範囲がマットレスに着くことになります。

そうして身体の広い範囲がマットレスについたら、その分いろいろなところに体重の負荷をかけることができるようになります。

つまり、腰にだけ体重の負荷がかかるということはなくなるのです。

そうすれば、むしろ腰痛はらくになるといえるでしょう。

布団も腰痛になることはある

布団だって、腰痛になることはあります。

特に最近では、布団で腰痛になることも増えているといえるでしょう。

なぜなら、布団を敷く下が、フローリングであることが多いからです。

布団を敷くその下がフローリングだと、布団の厚みでは、そのフローリングの硬さをダイレクトに感じてしまうことが多いです。

そうしてフローリングの硬さをダイレクトに感じてしまうと、身体が痛くなることがあります。

硬いところに体重の重みで身体を押し当てることになるのですから、そうして痛くなるのも仕方ないでしょう。

畳ならある程度柔らかいから大丈夫

もし下が畳なのであれば、畳はある程度やわらかいので、布団の厚みであっても、身体が痛くなってしまうということはないでしょう。

でも、最近では和室というのは全然人気がありません。

和室のある部屋がある家は、それだけで敬遠されがちにはなるくらいなのです。

なので、布団で寝ていて、腰が痛くならないということはあまりないと言えるでしょう。

だいたいの場合で、地面が硬すぎて、腰が痛くなってしまうのです。

地面が硬いと、寝返りの際にいろいろなところでその硬い地面の硬さをしっかりと感じてしまうようになり、寝返りもしづらくなります。

そういう意味でも、布団で寝ると腰が痛くなると言えます。

選び方を間違えなければマットレスの方が良い

つまり、マットレスで寝ていると腰がいたくなってしまうというのは、半分正解で、半分不正解だということになります。

マットレスの選び方によっては、布団で寝ていた方がむしろ腰がいたくなってしまうと言えるのですから。

腰がいたくなることを避けたいのであれば、硬めのマットレスで寝るのが1番良いと言えるでしょう。

たくさん試して見つけていく

ただ、一口に硬めのマットレスとは言っても、硬めのマットレスにもいろいろあります。

なので、硬めのマットレスの中でも、自分の身体にあう硬さのものを選んでいかないとならないと言えるでしょう。

では、そんな自分の身体にあう硬さのマットレスは、どのようにして見つけていけばいいのでしょうか?

それは、いろいろと実際に試してみつけていくしかありません。

人の身体にあう硬さは、やはりひとそれぞれになります。

なので、これくらいの硬さのマットレスが適切というのは、一概には言えないのです。

ということはやはり、いろいろと試して、実際に自分の身体で判断していくしかないということになります。

そのためには、マットレスを買う際には店舗で買うのがおすすめになります。

ネットショップではなく店舗であれば、実際に試すことができて、自分の身体で判断できますから。

まとめ

マットレスで寝ると腰がいたくなってしまうのは、それがやわらかいマットレスだからで、基本的には硬いマットレスで寝ていれば、最近ではむしろ腰痛にならない可能性の方が高いと言えます。

なので、腰痛になってしまうことをおそれてなかなか布団からマットレスに移行できないというのであれば、それは勿体無いです。

ぜひ硬いマットレスに移行してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団