腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

アウトドアでも利用しやすいFLEXY 敷き布団 体圧分散で腰痛対策?

   

フレキシブル敷き布団 FLEXY ミルフィーユ構造8層敷布団 ダブルサイズ (ブラウン)

腰痛になってしまえば、ボリュームの足りない敷き布団を利用していたら、腰が痛く感じてしまいます。

そのため、アウトドアが好きな方でも腰痛になってしまえば、釣りやキャンプを楽しむ事ができなくなってしまいます。

そこで、おすすめなのが『FLEXY 敷き布団 体圧分散』です。

この敷き布団は腰にかかる負担を軽減できる上に、持ち運びが容易な事から、腰痛になっていてもアウトドアを楽しむ事ができるので、詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

FLEXY 敷き布団 体圧分散の注目点

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいポイントが4つあって、それが、8層構造・体圧分散・高密度生地・持ち運びやすさなどです。

そこで腰痛になっても、大好きなアウトドアを行いたい方のために、この4つのポイントについて詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

8層構造

本製品は、8層構造を採用している事から優れたクッション性を誇っています。

実際に優れたクッション性を誇っていなければ、腰に刺激を与えてしまうので、眠っている最中に腰が痛く感じてしまうのです。

そのような事になれば、睡眠の質が低下して睡眠不足に陥ってしまう恐れがあるので、注意しなければいけません。

実際に私たち人間は、睡眠によって身体の疲れを軽減しているので、睡眠不足に陥ったら腰に疲労が溜まってしまいます。

そのため、腰痛に悩んでいる方には、優れたクッション性を誇っている本製品は、おすすめです。

体圧分散

本製品は8層構造によって、空気層の体積を多くする事も実現しています。

そのため、体圧を分散する事ができるので、腰の沈み込みを抑える事ができるのです。

実際に腰が沈み込みすぎたら、腰に体圧が集中してしまうので、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そのため、8層構造によって体圧分散できているのは、腰痛の方にとって注目すべきポイントです。

高密度生地

私たち人間は眠っている時に、一晩の間で寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでしまいます。

もしも湿気が溜まってしまえば、敷き布団にはダニが繁殖してしまうので注意しなければいけません。

実際にダニの中には『チリダニ』という種類がいて、チリダニが増えすぎたら『ダニアレルギー』を発症する可能性が高くなります。

ダニアレルギーを発症したら、目の充血や鼻水などに悩まされてしまうので、寝つきが悪くなってしまうので腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そこで本製品は『高密度生地』を採用する事によって、ダニがあまり敷き布団の中で生息できないようになっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

持ち運びが容易

ダニが繁殖しづらい敷き布団でも、定期的に敷き布団を押入れへ上げなくては、湿気が溜まってしまいます。

そのような事になれば敷き布団が湿っぽく感じてしまうので、寝心地が悪くなってしまうのです。

所が、本製品は軽量タイプになっていて、敷き布団の重量がわずか3.8kgになっています。

そのため、本製品であれば押入れへ上げても、あまり腰に負担をかけません。

さらにアウトドアを行いたい場合でも、簡単に目的地まで運べるようになっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

アウトドアで重宝できる敷き布団

アウトドアが好きな方でも、腰痛になってしまえば、アウトドアを行わないほうが良いと思ってしまうでしょう。

所が、アウトドアを行う事は腰痛対策になるので、本製品を利用してアウトドアを行うメリットは大きいのです。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので参考にしてみて下さい。

ストレスを軽減

人間であれば、誰もが好きな事を辞めようとすれば、ストレスを溜めてしまいます。

実はストレスを溜めたら、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

なぜストレスを溜めたら、腰痛が悪化するのかと言えば、ストレスを溜めてしまえば『ドーパミンシステム』が崩れてしまうからです。

このシステムは痛みを和らげる働きがあるので、ストレスを溜めてしまえば腰の痛みが強く感じるようになってしまいます。

そのため、アウトドアが好きな方は、引き続きアウトドアを行う事によって、腰痛対策を講じる事ができるのです。

筋力を強化

アウトドアを行う事は身体を動かすので、腰痛の方には辛く感じるかもしれません。

そのため腰痛になった方は、安静にしようとするでしょう。

確かに腰痛の症状によって、安静にしなければいけないタイミングはあります。

しかし、いつまでも安静にしていて、身体を休めていたら、腰周辺の筋力が低下する恐れがあるのです。

もしも腰周辺の筋力が低下したら、逆に腰痛が悪化する可能性が高くなるので、アウトドアで身体を動かすメリットは大きいのです。

アウトドアを行う際の注意点

アウトドアを行えば腰痛対策を講じる事ができますが、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

その注意点を知らなければ、腰痛が悪化する恐れがあるので、詳しく紹介します。

重い物を持つ方法

アウトドアにもいくつか種類があって、釣りを行う場合であれば、よほど大物の魚を釣らない限りは、重い物を持つ事がありません。

しかしキャンプを行う場合には、バーベキューを行うための道具を運ばなくてはいけないので、腰に大きな負担をかけてしまいます。

その際には、腰痛の方は重い物を持つ時は、中腰で持たないようにして下さい。

なぜなら中腰で重い物を持とうとしたら、その重さの負担は腰に集中しやすいからです。

そして多くの家族または知人とアウトドアを行う場合には、腰痛である事を相手に説明して、自分は軽い物を持つ方法も有効です。

腰の冷え対策

春から秋の間にアウトドアを行う場合であれば、それほど問題はありませんが、寒い冬場の季節にアウトドアを行なったら、腰を冷やしてしまう可能性があります。

実は腰を冷やしてしまえば、腰周辺が血行不良に陥ってしまうので、腰で疲労物質が溜まってしまうのです。

そのような事になれば、腰痛が悪化してしまうので注意しなければいけません。

そのため、冬場の季節にアウトドアを行いたい場合には、厚着をした上で、腰にカイロを貼ったほうが良いです。

利用者たちの口コミ

本製品であれば、腰痛の方でもアウトドアを楽しむ事ができますが、実際に本製品を利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、この敷き布団を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用している方たちの中には、軽量タイプになっているのに寝心地がよくなっている所を気に入っている方がいました。

実際に軽量タイプになっていれば、アウトドアの目的地まで敷き布団を運んでも、あまり腰に負担をかけないで済みます。

さらに寝心地が良い敷き布団を利用すれば、睡眠の質をキープしやすくなるので、腰の疲れを軽減する事もできるのです。

さらに本製品は折りたためば、コンパクトなサイズにできる所を気に入っている方もいたので、本製品は保管しやすい敷き布団になっています。

悪い口コミ

本製品は寝心地がよくなっていますが、利用者たちの中には、少しボリュームが足りないように感じてしまう方がいました。

実際にボリュームが足りなければ、底つき感があるので、注意しなければいけません。

そして本製品には2種類のカラーバリエーションが用意されていて『アイボリー』と『ブラウン』が用意されていますが、アイボリーは汚れが目立ちやすい所を不満に抱いている方がいました。

そのため、汚れが気になる方は、アイボリーよりブラウンを選んだほうが良いです。

まとめ

腰痛に悩まされている方たちの中には、アウトドアを行わないほうが良いと思っている方は多いかもしれません。

しかし大自然の中で、身体を動かせばストレスを発散する事ができます。

そのため、今までアウトドアをした事がない方でも、釣りやキャンプなどを行なって腰痛対策を講じる方法はおすすめです。

実際に本製品は、腰痛の方でも運びやすくなっているので、アウトドアを楽しむ事もできる事から、検討してみる価値がある敷き布団です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団