腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

アウル円座は腰痛におすすめのクッション!その魅力は形状?

   

エクスジェル (EXGEL) アウル円座 ベージュ OWL50-BE

腰痛には様々な種類がありますが、椅子に座る時に坐骨が痛く感じるような事があれば、それは『坐骨神経痛』かもしれません。

この坐骨神経痛は腰や坐骨など広範囲に至る所で、神経痛になる総称の事を言います。

そのような症状に悩んでいる方に、おすすめしたいクッションが『アウル円座』です。

このアウル円座は坐骨にかかる負担を軽減する事ができるので、坐骨の痛みに悩んでいる方でも利用しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛でも利用しやすいポイント

エクスジェル (EXGEL) アウル円座 ベージュ OWL50-BE

アウル円座が、坐骨にかかる負担を軽減できて、腰痛でも利用しやすくなっているのは、ある3つのポイントが大きく関係しています。

そこで腰痛でも利用しやすくなっているクッションを探している方のために、この3つのポイントにについて詳しく紹介するので確認してみて下さい。

U字スリット

アウル円座は中央部分から後方にかけて、U字形状になっていて、坐骨がクッションにできるだけ当たらないようになっています。

そのため坐骨が痛くて悩んでいる場合には、円座タイプのクッションになっているアウル円座はおすすめです。

そしてアウル円座は、腰痛の方だけではなく『痔』に悩んでいる方にも利用しやすくなっています。

なぜならお尻が当たる部分が少なくなっているので、痔で悩んでいる方でも利用しやすくなっているからです。

そのため腰痛になっている方で、痔にも悩まされている場合には、アウル円座を検討してみる価値があるでしょう。

エックスジェル

坐骨神経痛だけに限りませんが、様々な腰痛のケースで共通している事があって、それは体圧分散できるクッションを利用したほうが利用しやすい事が挙げられます。

なぜなら体圧分散できないクッションを利用したら、腰に体圧が集中してしまうので、座っているだけで腰が痛く感じてしまうのです(体圧分散できても腰が痛く感じるケースがあるので注意)。

そしてアウル円座は独特な形状になっているので、体圧を分散する事ができます。

そのため体圧を分散できないクッションを利用していて、腰痛に悩んでいる方は、アウル円座を検討してみる価値があるでしょう。

専用カバー

アウル円座を注文したら、付属品として『専用カバー』が付いてきます。

この専用カバーは吸汗性と速乾性に優れているのです。

実際に吸汗性や速乾性が優れていなければ、クッションは湿気が溜まりやすいので、ダニが繁殖しやすくなります。

ダニの中には『ツメダニ』というものがあって、私たちの肌を刺す事があるのです。

そのようなクッションを利用していたら、継続して使用する事が難しいので、クッションから立ち上がる回数が増えてしまうでしょう。

しかし立ち上がろうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので、吸汗性や速乾性が優れているのは重要なポイントでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

坐骨神経痛の注意点

椅子に座る事によって、坐骨の痛みに悩まされるようになっても、多くの方は坐骨神経痛について詳しく知らないでしょう。

そこで坐骨神経痛の症状や注意点などを紹介するので、確認してみて下さい。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、広範囲に至る神経が痛くなってしまうので、腰・お尻・太もも・ふくらはぎなどが痛く感じてしまうのです。

そのためアウル円座を利用しても、坐骨にかかる負担を軽減できても足にかかる負担は軽減できないので、坐骨神経痛に悩まされる事になります。

そのため坐骨神経痛になった場合には坐骨にかかる負担を軽減できるアウル円座を利用しながら、病院へ通院して、坐骨神経痛になった原因を把握する事が重要になります。

原因を特定するのは困難

坐骨神経痛で注意して欲しいのは、原因を特定する事が難しい事が挙げられます。

実際に病院へ通院して、坐骨神経痛を診てもらっても、長い時間に渡って検査する事になってしまうのです。

なぜなら坐骨神経痛になっている患者さんは、筋肉・血管・神経など様々な部分に原因があるので、しっかり検査をする必要があります。

それでも病院で診てもらえれば、坐骨神経痛の治療方法が分かるので、坐骨神経痛に悩まされるようになったら病院で診てもらったほうが良いです。

商品情報の内容

アウル円座は腰痛でも利用しやすいだけではなく、その他にも魅力的なポイントがいくつもあります。

ただし注意すべきポイントもあるので、詳しく紹介しましょう。

カラーバリエーション

アウル円座には2種類のカラーバリエーションが用意されていて、その種類はブラックとベージュになります。

ブラックはシックなデザインなので、男性から好まれやすいカラーになっています。

そしてベージュは趣(おもむき)のあるカラーになっているので、ご年配の方に好まれやすいカラーと言えるでしょう。

このようにアウル円座は可愛らしいカラーであるピンクやパープルなどがないので、女性にしてみれば物足りなく感じる可能性があるので、注意する必要はあります。

ジェルきっち

現在であれば楽天市場でアウル円座を購入して、レビューを投稿したら『ジェルきっち』という商品がプレゼンされるサービスが行われています(2017年10月2日時点)。

このジェルキッチは瓢箪(ひょうたん)型の形状で、指で押せば凹んでしまうような柔らかい物になっているのです。

デスクワークの際に、この商品を手首の下に敷いて、マウスを操作すればハンドレストとして使用する事ができます。

そうすれば腱鞘炎になる可能性を低くする事ができるので、手首を酷使している方には、嬉しいポイントでしょう。

高額なクッション

アウル円座は腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、少し高額なクッションになっていて、楽天市場では送料別で税込価格14,040円で販売されているのです(2017年10月2日時点)。

日本には腰痛でも利用しやすいクッションは何種類も販売されていますが、10,000円以上になる商品は多くありません。

そのような事を考えたら、値段の安いクッションを探している方は、アウル円座を購入するべきか慎重に検討したほうがいいでしょう。

利用者たちの口コミ

アウル円座は魅力的なポイントが多いクッションでも、注意すべきポイントもあったので、購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこでアウル円座を利用している方たちの口コミを紹介するので、注意すべきポイントがあっても、購入するほど価値のあるクッションなのか参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

デスクワークで腰痛対策のためにアウル円座を購入した方がいましたが、他の低価格な低反発クッションと比較しても、それほど差を感じない方がいました。

そのためアウル円座はあまりコストパフォーマンスが優れているとは言えない商品と言えるので、注意する必要があるでしょう。

そしてアウル円座は軽量タイプと考えて、購入したのにイメージしていたよりも重くて、落胆している方がいました。

実際にアウル円座は、0.9kgの重量になっているので、この重量が重く感じる場合には注意する必要があります。

良い口コミ

アウル円座を利用してみて、体圧分散できるように作られてる所を満足している方がいました。

そのため腰が沈んでしまって、負担をかけるようなクッションを利用したくない方は、アウル円座を利用してみる価値があるでしょう。

そしてアウル円座を利用していたら、坐骨が痛く感じなくて、満足している方もいました。

この辺りは、円座クッションタイプになっている所が効いているのでしょう。

まとめ

アウル円座は円座クッションタイプになっているので、坐骨にかかる負担を軽減できます。

そのため椅子に座ったら坐骨が痛くなる方にはおすすめですが、坐骨神経痛の場合は広範囲で痛みを感じるので、アウル円座を利用しながら病院で治療を受ける事が重要になります。

そうすれば今まで腰痛に悩んでいた方でも、椅子に座る事が、それほど辛く感じない日が来るでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション