腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

アリ?ナシ?腰痛対策としてはウレタン製の敷き布団は効果的?

   

東京西川 ムアツベーシック シングル 80mm ピンク シーツ(ホワイト)付

腰痛対策として敷き布団を使っている、あるいはこれから使おうと考えている方は、すごくたくさんいます。

日本人は腰痛を抱えている方がすごく多い民族ですから、できることは試したいと考える方も多いのです。

でもいざ敷き布団を買うとなると、素材で悩みます。

たとえばウレタン素材です。

ウレタン素材の敷き布団は、腰痛対策として効果的でしょうか?

ここではそれを見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ウレタン製の敷き布団は体重を分散してくれる

ウレタン製の敷き布団の一番の強みは、体重を分散するちからが強いというところです。

ウレタン素材というのは、よく高反発マットレスに用いられます。

それは、ある程度体を沈めつつも、しっかりと反発をして、それにより体を支えてくれるというものです。

ウレタン素材の敷き布団も同じようにある程度身体を沈めて、そして身体のいろいろなところを支えてくれるものになります。

そうして身体のいろいろなところを支えてくれるようになると、その分だけ体重をいろいろなところで支えることができるようになるということになります。

色々なところで体重を支えないようにしていると、やはり体重の負荷はとくに腰のあたりにかかっていきます。

腰のあたりにばかり体重がかかっているということは、腰にすごく負担がかかるということ。

そうして次第に腰痛になっていってしまうのです。

もちろん腰痛の原因はそれだけではありませんが、そうして腰痛になっている方は多いです。

それはつまり、しっかりと体重を分散できるようになれば、その分腰痛が楽になる可能性が高いということです。

だから、ウレタン製の敷き布団の体重を分散する力は、腰痛にとって効果的になります。

沈み過ぎないのもポイント

これがマットレスだったら、身体が沈みすぎてしまうこともあるものです。

でも、敷き布団の場合は、そうして身体が沈みすぎてしまうということはまずありません。

なぜなら、そもそも沈みすぎてしまうというほどに厚みがないからです。

それだけの厚みがないわけなのですから、たくさん沈ませようとしてもそれはできないことになります。

だから、沈みすぎて身体が痛くなることはありません。

その点に関して言えば、ウレタン製の敷き布団は、マットレスよりも優れているということになります。

だから、ウレタン製の敷き布団は、腰痛対策の敷き布団として全然アリです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ウレタン製敷き布団は寝返りもしやすい

ウレタン製の敷き布団は、寝返りもしやすいです。

そもそも敷き布団である時点で、寝返りはしやすいです。

でも、ウレタン製であることによって、さらに寝返りがしやすくなるのです。

ウレタン製の敷き布団は、高反発マットレス同様にある程度身体を沈めるものになります。

でも、決して底にまで沈まれることはありません。

反発力が高いですから。

ほかの敷き布団の場合は、身体が底まで沈んでしまうこともあるものです。

特に寝返りの際にはバランスも崩れますから、そうなることも多々あります。

そうして身体が底まで沈んでしまうと、やはり寝返りの際に、腰やそのほかの身体の部位が、地面に押し付けられることになります。

そうなれば、やはり痛みを感じることも出てきます。

痛みを感じるのは誰だって嫌なものです。

だから、寝ている間に無意識のうちに寝返りをセーブしてしまうこともあります。

でもウレタン製の敷き布団であれば、そうそうそうなることはありません。

なので、どんどん寝返りをして行けます。

寝返りをしてこその敷き布団

敷き布団で腰痛が改善するというのは、寝返りがしやすいからでもあります。

マットレスの場合は、やわらかすぎて寝返りのための力が吸収されたりして、そのせいで寝返りができないこともありました。

でも、敷き布団の場合は、たとえそれがやわらかすぎても、身体が底につくだけなので、力が逃げて寝返りができないということはありません。

たとえ痛くても、力が逃げてしまうよりは寝返りもしやすいです。

敷き布団に変えると基本的には寝返りがしやすくなるのです。

でも、痛みを感じると、その敷き布団の中ではいまいち寝返りができなくなります。

それでは思うように腰痛対策の効果が出ないことでも出てきます。

ウレタン製の敷き布団であれば、そうなることはありません。

ウレタン製は湿度がたまりやすい

ここまでのことを見ていくと、ウレタン製の敷き布団は腰痛対策の敷き布団としては非常に効果的な敷き布団のように見えます。

確かに、効果的な敷き布団であることは間違いありません。

でも、ウレタン製の敷き布団には、弱点もあります。

それが、湿度がたまりやすいということです。

ウレタン製の敷き布団は、基本的に湿度がたまりやすいのです。

湿度がたまってしまうと、やはりその分カビが生えたりしてダメになりやすくなります。

また、それだけではなく、湿度のせいでへたってしまうこともあります。

だから、基本的には湿度はたまりづらい方が良いのです。

でも、ウレタン素材の敷き布団は、湿度がたまりやすいです。

マットレスよりはまし

ただそれでも、マットレスよりはましです。

なぜなら、それが敷き布団であるからです。

敷き布団であるということは、厚みがあまりないということです。

厚みがなければ、その分湿度もこもりづらいです。

そして何より、厚みがなければ外に干すことができてます。

外に干しておけば、たくさん風が抜けていきます。

そうなれば当然湿度も抜けていくのです。

マットレスの場合は、外には干せませんし、そもそも厚みがあって重たいので、定期的に外に出してあげることすら難しいです。

だから、少なくともマットレスよりはましです。

でも、ほかの敷き布団と比べると、湿度がたまりやすいことは確実です。

重たいというのもデメリット

ウレタン素材の敷き布団は、重たいです。

そもそもウレタンという素材が、重たい素材になるのです。

それをサイズ感の大きな敷き布団に詰めているわけなのですから、重たくないはずもありません。

基本的にはウレタン素材の敷き布団は、重たいのです。

そうして重たいということは、干す際に腰に負担がかかるということになります。

持ち上げておろす際に負担がかかる

敷き布団を干すには、地面に置いてある布団を持ち上げていかないとなりません。

そもそも持ち上げようとする時点で、腰に負担がかかります。

それに加えて、やや重たい敷き布団を持ち上げるという負荷がかかるのですから、それはやはり腰にはよくありません。

もちろん、重たいとは言っても、そこまで、ものすごく重たいわけではありません。

持ち上がらないくらい重たいということはまずありません。

しかし、軽い敷き布団と比べると、腰にぐっと力を入れないと持ち上がらないこともあります。

それを繰り返していたら、そのせいで腰痛が悪化することも出てきます。

だから、基本的には腰痛対策として、腰痛持ちの方が敷き布団を使うのであれば、軽い敷き布団を使うのがおすすめになります。

軽いものであれば、日々持ち上げていっても、蓄積されたそのダメージは結果大したダメージにはなりませんから。

まとめ

ウレタン製の敷き布団は、アリなところもありますしナシなところもあります。

もし、アリな部分にひかれたのであれば、ウレタン製の敷き布団を腰痛対策の敷き布団として使用していっても、後悔はしません。

なので是非使用してみてください。

逆にもしナシな部分がひっかかるのであれば、ウレタン素材の敷き布団を使用することは避けた方が良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団