腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ウレタン?それともコイル?人気の高反発マットレスの比較と選ぶポイント

   

高反発マットレスの人気を受けて、買い替えを検討している人も多いのではないでしょうか。

柔らかすぎるマットレスは身体への負担が懸念されるため、高反発マットレスがおすすめです。

しかしいざ高反発マットレスを探してみると、ウレタンとコイルの両タイプがあることが分かり、どちらにするか迷っている方もいると思います。

そこで今回は、人気の高反発マットレスについて、素材別の特徴を比較してみました。

さらに選ぶ際のポイントもまとめましたので、購入時の参考にしてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ウレタンとコイルの高反発マットレスの共通点と相違点

まずはウレタンとコイルの高反発マットレスについて、その共通点と相違点をご紹介します。

どちらも高反発ならではの身体に負担が少ないおすすめのマットレス

ウレタンとコイルのマットレスでは、同じ高反発タイプでも構造が大きく異なり、さらにサイズにも差があります。

しかし性能面においては、どちらも身体への負担が少ない高反発のマットレスとしておすすめできる製品です。

現にどちらのタイプも人気がありますから、性能以外の面でもよく比較して選ぶことが大切です。

どちらも高反発マットレスとして体圧分散に優れており、就寝時の理想的な姿勢が保ちやすくなっています。

また反発力で身体を支えてくれるため寝返りが打ちやすく、質の高い睡眠が得られやすいマットレスです。

総じて言える両者の共通点は、身体への負担が少ない人気の高反発マットレスと言うことです。

使い方および耐久性や通気性に大きな違いがある

一方でウレタンとコイルのマットレスの大きな相違点は、使い方に違いがある点です。

ウレタン素材のマットレスはコイルと比較すると薄型で、折り畳みが可能です。

片やコイルのマットレスは構造上から折り畳みは不可であり、大型寝具として持ち運びが大変です。

多くの場合はベッドに設置して、そのまま使い続ける使い方になります。

これに対してウレタン素材のマットレスは、ベッドにも布団の上にも敷くことが可能で、中には直敷きに対応している製品もあります。

幅広い使い方ができるのが、ウレタン素材の高反発マットレスの特徴です。

使い方以外では、耐久性や通気性においても相違点があります。

一般的なウレタン素材のマットレスは、耐久性が短めです。

製品によって耐久年数に違いがありますが、コイルのマットレスと比較すると耐久性が劣ります。

また通気性の優劣にも差があり、当然ながらコイルのマットレスは通気性が良く、ウレタン素材は通気性に劣ります。

以上のように同じ人気の高反発マットレスでも、ウレタンとコイルでは、使い方や耐久性などにおいて大きな相違点があることが分かります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ウレタン素材の高反発マットレスのメリットとデメリット

では両者の特徴を、詳しく見ていきましょう。

まずはウレタン素材の高反発マットレスについて、メリットとデメリットをご紹介します。

安い価格と収納のしやすさ、適度なフィット感が得られる点がメリット

ウレタン素材の高反発マットレスは、購入しやすい価格のものが多い点がメリットの一つです。

コイルのマットレスは製品によって高級なものから低価格のものまで幅広く揃っていますが、相場から考えるとウレタン素材より高額と言えます。

予算が少ない中で高反発マットレスを選ぶのであれば、ウレタン素材で検討してみるのも良いでしょう。

またウレタン素材のマットレスは、収納が可能な点も大きなメリットです。

二つ折りや三つ折りにして押し入れに収納することが可能ですし、薄手なので移動や時々の天日干しも可能です。

ベッドにも布団の上にも使えるため、フレキシブルに使い分けができます。

そしてウレタン素材のマットレスは、適度なフィット感が得られやすいメリットもあります。

高反発タイプではありますが、圧力が掛かる部分が適度に沈み込むため身体にフィットしやすく、寝心地が良く感じます。

コイルのマットレスの場合は、製品やコイルの構造によって寝心地に差が出やすいでしょう。

耐久性や通気性で劣る点がデメリット

一方でウレタン素材の高反発マットレスは、耐久性に劣る点が大きなデメリットです。

これはウレタン素材の特性によるもので、低反発のウレタン素材も同様です。

最初は寝心地が良かったマットレスも、長らく使うと不具合を感じることがあるでしょう。

ウレタン素材でも10年ほど耐久性があるものも見受けますが、概ね耐久年数が短いことを頭に入れておく必要があるでしょう。

またウレタン素材のマットレスは、通気性に劣る点もデメリットと言えます。

夏場などは蒸れが気になることもありますから、知っておきたいポイントです。

最近は、通気性に工夫を凝らしているウレタン素材のマットレスも増えているようです。

コイル構造のマットレスのメリットとデメリット

コイル構造のマットレスは概ねメリットが多いのですが、多少のデメリットもありますから、選ぶ際のポイントとして押さえておきましょう。

長く愛用でき、管理の手間が掛からない

コイルのマットレスは概ね耐久性に優れているため、長く使えるメリットがあります。

もし自分の身体に合ったコイルのマットレスに出会えたら、長らく愛用できるでしょう。

しかしコイルのマットレスでも安いものはコイルの質や構造が劣るケースがあり、反発力に問題が出やすい傾向がありますから注意しましょう。

コイルのマットレスは通気性が良いというメリットもあり、快適な眠りが得やすいマットレスです。

通気性が良いため管理に気を配る必要がなく、ベッドに設置したまま長く使えるため手間が掛からないというメリットがあります。

大型のマットレスになるため移動はできませんが、逆に動かす必要もないので問題ないでしょう。

身体へのフット感を慎重に選ぶ必要がある

コイルのマットレスは耐久性も通気性も良く、身体に負担が掛かりにくいマットレスとして大きなデメリットはありませんが、自分の身体に合ったものを選ぶことが大切になります。

コイルのマットレスには2種類のタイプがあり、コイルが一体型構造のボンネルコイルと、独立構造のポケットコイルです。

この構造の違いにより身体が感じる硬さや寝心地に違いがあることを、まずは知っておきましょう。

一体型のボンネルコイルは硬めで、ポケットコイルは点で身体を支えてくれるのでフィットしやすいマットレスです。

ちなみに人気の高級マットレスは、ポケットコイルが主流です。

しかしコイルの構造が同じタイプでも、コイルの質や独自の構造などにより、製品によって寝心地に差が出やすい特徴があります。

また人それぞれに体重や体型が異なり、さらに寝心地の好みも違いますから、フット感を慎重に選ぶ必要があるでしょう。

通販などで選んで万一身体に合わないことが発覚した場合でも、返品するのが大変ですし、大型の寝具ですから持ち運びや設置が大変です。

コイルのマットレスは高額のものも多いため、後悔しないように慎重に選ぶ必要があるでしょう。

高額のものが多い価格面では、デメリットと言えるかもしれません。

ウレタンにするかコイルにするか選ぶ際のポイント

ウレタンとコイルの高反発マットレスについて両者の特徴を詳しく比較してきましたが、最後に選ぶ際の大切なポイントをまとめてみましたので参考にしてください。

価格、使い方、耐久性、通気性が選ぶ際の基本ポイント

ウレタン素材とコイル構造の高反発マットレスでは、価格・使い方・耐久性・通気性の面において大きな相違点がありました。

これらの相違点が、どちらにするかの基本的な選択ポイントになります。

収納できた方がいい、安い高反発マットレスが欲しい、長持ちするものが良いなど、こだわりたいポイントを絞ってみると選択しやすいでしょう。

また長い目で見て計画的に考えることも、選ぶ際のポイントです。

比較的購入しやすいウレタン素材の高反発マットレスを選んで、耐久年数ごとに買い替えるという方法もあります。

また高級なコイルのマットレスを購入して、長く愛用するという選択もあります。

ウレタンかコイルかの選択の目安がついたら、それぞれに評判の良い製品を比較する作業も行ってみましょう。

実際の店舗で寝心地を比較してみることが大切

身体への負担が少ないマットレスとして高反発タイプがおすすめですが、自分の身体にフィットするかどうか、寝心地が良いかどうかは重要なポイントです。

ウレタン素材にするか、コイルの高反発マットレスにするか比較するためには、知識ばかりでなく実際に試してみることも大切です。

寝心地の違いを体感することで考えが変わったり、すぐに選択できたりする可能性があります。

またウレタンとコイルではその寝心地も違いますから、お店に行ってそれぞれを体感してから検討してみましょう。

まとめ

人気の高反発マットレスを選ぶ際には、種類が違うウレタンとコイルで迷うことも多いと思います。

迷った場合には、それぞれの相違点やメリット・デメリットをしっかり比較してみると選びやすいでしょう。

またそれぞれに寝心地が違いますから、実際にお店で体感して比較することも大切です。

さらにマットレスには個々の製品よって耐久年数がありますから、値段ばかりでなく長い目で見て判断することも大切なポイントです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団