腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

エアリークッション CAR-4343を紹介!腰痛の方は必見?

   

アイリスオーヤマ エアリークッション 高反発 通気性 洗える 抗菌防臭 ホワイト CAR-4343

現代は科学技術が発展して、自動車で遠く離れた位置まで短時間で移動できるようになりました。

所が腰痛になっている方が自動車を運転しようとしたら、腰が痛く感じてしまうので、多くの方が困っているでしょう。

そこでおすすめしたいのが『エアリークッション CAR-4343』です。

このクッションを利用すれば、腰痛の方でも自動車を運転しやすくなるので、その秘密や魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

エアリークッション CAR-4343の特徴

エアリークッション CAR-4343が、腰痛でも自動車を利用しやすくなっているのは、使用している中材に大きな秘密があるからです。

所がエアリークッション CAR-4343には注意しなければいけないポイントもあるので、このクッションの特徴について、詳しく紹介するので確認してみて下さい。

エアロキューブ

エアリークッション CAR-4343は『エアロキューブ』を中材として採用していて、このエアロキューブはチューブ状の繊維が網目状のように作られているのです。

そのためエアリークッション CAR-4343に座ってみたら、体圧を分散する事が可能になっているので、自動車で利用しても、腰にかかる負担を軽減できます。

実際に私たち人間は立っている時は上半身の体重は両足に分散されますが、椅子に座ってしまえば、上半身の体重が腰にかかってしまうのです。

さらに自動車はある程度は振動するので、腰にかかる負担は大きくなっています。

そのような事を考えたら、自動車に乗っている時に腰が痛く感じてしまう場合には、エアリークッション CAR-4343を利用する方法はおすすめです。

サイズ

エアリークッション CAR-4343は自動車でも利用しやすいクッションですが、このクッションを購入する前に、身体に合うサイズなのか確認する事が重要になります。

なぜならクッションが小さすぎたら、利用しづらくなるからです。

実際にエアリークッション CAR-4343のサイズは、幅43×長さ43×厚み5.5cmになっています。

そのためエアリークッション CAR-4343を購入する際には、このサイズが身体に合うのか確認しておきましょう。

コストパフォーマンス

エアリークッション CAR-4343は体圧分散できる中材を利用している事もあって、楽天市場では送料無料で税込価格2,760円もします(2017年9月27日時点)。

日本には1,000円前後で購入できるクッションが多いので、それを考えたらエアリークッション CAR-4343は値段が少し高く感じてしまうでしょう。

しかし体圧を分散できたら腰痛の方でも自動車に乗りやすいので、それを考えたらエアリークッション CAR-4343はコストパフォーマンスが高いクッションと言えます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

エアロキューブのメリット

エアリークッション CAR-4343のエアロキューブには様々なメリットがあります。

そこでエアリークッション CAR-4343を購入するべきか悩んでいる方のために、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、確認してみて下さい。

体圧分散

エアロキューブの魅力として、体圧分散できる所が挙げられますが、なぜ体圧を分散する必要があるのか分からない方も多いでしょう。

実は体圧を分散できないクッションを利用した場合は、腰が沈み込みやすいので、腰に体圧が集中しやすいのです。

そのような事になれば腰痛が悪化する可能性が高いので、体圧を分散できるエアロキューブを採用しているのは、大きなメリットです。

座り心地

エアロキューブは網目状になっている事もあって、通気性も優れています。

そのため暑い夏場の季節には、車内では暑くなりやすいのですが、エアリークッション CAR-4343であれば熱を放出しやすくなっているのです。

そのため自動車のエンジンをかけてクーラーを付ければ、短時間でエアリークッション CAR-4343の熱を放出する事ができるでしょう。

ダニ対策

クッションに座り続けていたら、お尻とクッションが接する事によって、熱がこもりやすくなっています。

そのため通気性が優れていないクッションを利用したら、ダニが繁殖しやすくなっているのです。

日本には私たち人間の肌を刺すツメダニがいるので、ツメダニがクッションで繁殖するようになれば足を刺される可能性があります。

そのような事を考えたら通気性が優れているエアロキューブを採用しているのは、エアリークッション CAR-4343の大きな魅力です。

車内で注意すべきポイント

エアリークッション CAR-4343を利用すれば、腰痛の方でも自動車に乗りやすくなっていますが、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで腰痛の方でも自動車に乗りやすくなるポイントを紹介するので、確認してみて下さい。

座る位置

自動車にエアリークッション CAR-4343を乗せて、利用する際には、椅子の座面の奥まで座る事が重要になります。

もしも座面の奥まで座っていなければ、背筋が曲がりやすくなるので、お尻が前のほうへズレやすくなります。

そのような事になれば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうので、腰痛が悪化する可能性が高くなるのです。

そのため自動車に乗る時は椅子の座面の奥まで、座るようにしましょう。

ペダルの踏み方

自動車を運転する際には、ペダルの踏み方にも注意する必要があります。

もしも足を伸ばした状態でペダルを踏もうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

それとは逆に膝を大きく曲げた状態で、ペダルを踏もうとした場合でも、腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そのため椅子の前後の位置を調整して、適度に膝を曲げた状態でペダルを踏めるようにして下さい。

利用者たちの満足度

エアリークッション CAR-4343を利用すれば、腰にかかる負担を軽減できます。

しかし利用者たちの中には、意外にも不満を抱いている方がいるのです。

そこでエアリークッション CAR-4343を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

エアリークッション CAR-4343を利用している方で、正座しようとしたら、サイズが小さくて不満を抱いている方がいました。

そのため正座をする時に、腰にかかる負担を軽減できるクッションを探している方は、注意して下さい。

そしてエアリークッション CAR-4343を利用してみたら、あまり座り心地がよくなくて落胆している方もいました。

この方は少し硬いクッションのように感じたので、柔らかいクッションを探している方も、注意したほうがいいでしょう。

良い口コミ

エアリークッション CAR-4343を利用してみたら、適度な弾力があって、満足している方がいました。

そのようなメリットがあるクッションなので、弾力のないクッションを利用している方は、エアリークッション CAR-4343を検討してみる価値があるでしょう。

そしてエアリークッション CAR-4343は通気性が優れているので、あまりムレなくて満足している方もいました。

そのためオールシーズンで利用できるクッションと言えます。

まとめ

エアリークッション CAR-4343はエアロキューブを採用しているので、体圧を分散する事ができるので腰痛の方には魅力的なクッションです。

さらに通気性も優れているので、車内で利用するクッションとして重宝できるでしょう。

ただし利用者たちの中には、硬いように感じるケースもあったので、柔らかいクッションを探している方は注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション