腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

エアリープレミアムマットレスは腰痛の方におすすめ!

   

腰痛の方たちから高い人気を集めているマットレスとして『エアリーマットレスシリーズ』があります。

このシリーズが高い人気を集めている理由は、腰にかかる負担を軽減できている中材を採用している事が大きく関係しています。

そして、このシリーズから新たに登場したのが『エアリープレミアムマットレス』です。

このマットレスは、新たに中材の種類を増やす事によって、腰痛の方でも利用しやすくなっているので詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

エアリープレミアムマットレスの特徴

本製品には、腰痛の方でも利用しやすいポイントが4つあって、それが、エアロキューブ・3種類の中材・極厚ボリューム・圧縮テストです。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、この4つのポイントについて詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

エアロキューブ

エアリーマットレスシリーズで、共通して採用されてきた中材が『エアロキューブ』です。

このエアロキューブは、本製品でも採用されていて、細いチューブを絡ませたものを固定化されたような形状になっています。

実際にフラットな形状をしている中材は、体圧を分散しづらくなっているので、エアロキューブのような特殊な形状にする事によって、体圧を分散しやすくなっているのです。

体圧を分散できれば、腰の沈み込みを抑える事ができるので、腰にかかる負担を軽減できます。

そのため腰痛の方には、本製品はおすすめです。

3種類の中材

エアロキューブを採用しているだけであれば、本製品は他のエアリーマットレスシリーズの商品と変わらないのですが、本製品では3種類ものエアロキューブを用意しているのです。

その3種類とは、スーパーハード(硬め)・ミディアムハード(やや硬め)・ソフト(柔らかめ)などです。

本製品は、三つ折りマットレスになっていて、左・中央・右の3つの部分に中材を2枚ずつ重ねて使用します。

つまり三つ折りマットレスになっているので、6枚の中材を利用できるようになっています。

そのため、硬めのマットレスが好きな方は、スーパーハードまたはミディアムハードを上層に設置して、柔らかめのマットレスが好きな方はソフトを上層に設置する事によって、あなたの好みの硬さに調整する事が可能です。

極厚ボリューム

本製品の厚みは、約12cmもあるので、底つき感があまりないので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

実際にボリュームの足りないマットレスを利用していたら、腰が少しだけ沈み込むだけで、底つき感があって腰が痛く感じやすいのです。

そのような事になれば腰痛が悪化する事になるので、ボリュームがあるのは、本製品の大きな魅力です。

圧縮テスト

腰にかかる負担を軽減できるマットレスを購入しても、残念ながら利用していくうちにマットレスはへたっていきます。

もしもマットレスがへたってしまえば、重くなっている腰が沈み込みやすくなるので、注意しなければいけません。

所が本製品は、8万回の圧縮テストを行っても、85%の硬さを維持できるようになっています。

実際にマットレスは柔らかくなってしまえば、重くなっている腰が沈み込みやすくなるので、硬さを維持しやすくなっているのは注目すべきポイントです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

硬さを調整する重要性

本製品は6つの中材を利用する事によって、硬さを調整できるようになっています。

その事によって、いくつかメリットを得る事ができるので、詳しく紹介します。

体重に対応可能

マットレスは硬いほうが、腰の沈み込みを抑えられるので、多くの方は硬いほうのマットレスを利用すれば問題がないように誤解してしまうかもしれません。

所が、体重によって、身体に合う硬さは変わってしまうので注意しなければいけません。

実際に、体重が重くなっている方であれば、身体が沈み込みやすいので、硬めのマットレスは合っています。

しかし体重が軽い方が硬いマットレスを利用したら、身体が沈み込みづらくなる事から、凹んでいる腰がマットレスから浮いてしまうのです。

腰が浮いてしまえば、筋肉が緊張状態に陥ってしまって、疲労物質が溜まりやすくなります。

そのため、本製品のように硬さを調整できれば、あなたの体重に合う寝心地に変える事ができるのです。

寝返りの打ちやすさ

本製品の中材を上手に活用すれば、あなたの体重に合う硬さに調整できます。

そのため、腰の沈み込みを抑えられるので、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなります。

実際に寝返りを打ちづらくなれば、同じ身体の部分が下のほうになってしまうので、仰向けの状態が長引いてしまえば腰を圧迫してしまうのです。

そのような事になれば、腰痛が悪化してしまうので、硬さを調整できるのは大きなメリットです。

注意すべきポイント

本製品は体圧を分散できる上に、硬さを調整する事ができますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そのため、注意すべきポイントを知らなければ、本製品を購入した後に後悔する事になってしまうので、どのような所を注意すれば良いのか説明します。

重めのマットレス

本製品のようにボリュームのあるマットレスであれば、底つき感がないので、腰痛の方には魅力的な商品に見えるでしょう。

所が、本製品はボリュームがある事から、マットレスの重量が約10.1kgもあるのです。

マットレスには多くの寝汗が染み込んでしまうので、定期的にマットレスを立てかけなければいけません。

しかし本製品のように重くなっているマットレスを立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので、注意して下さい。

高額なマットレス

本製品を利用すれば、腰にかかる負担を軽減できますが、シングルサイズのマットレスなのに高額な商品になっているのです。

実際に楽天市場では、送料無料ですが税込価格42,610円もするのです(2017年12月28日時点)。

実は、日本で販売されているシングルサイズのマットレスの中には、5,000円前後で販売されているマットレスもあります。

そのため、値段の安いマットレスを探している方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントがいくつもありますが、注意すべきポイントもあったので、このマットレスを購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は、他のマットレスに比べれば高額な商品ですが、エアリーシリーズの中では値段が安くなっているほうだと思って、満足している方もいたのです。

そのため、値段が高くても、エアリーシリーズを1度でも利用してみたい方であれば、本製品は検討してみる価値があります。

そして本製品の厚みが、約12cmもある所を気に入っている方もいました。

そのため、ボリュームの足りないマットレスを利用していて、腰が痛く感じてしまう方にも、本製品はおすすめです。

否定的な口コミ

本製品を1ヶ月ほど利用してみたら、縫い目がほつれてしまうケースがありました。

そのため、取り扱いに注意しなければ、縫い目がほつれてしまう可能性が高いので気を付ける必要があります。

さらに本製品は、硬さを調整できるようになっていますが、その調整方法に慣れるまでに、身体が痛く感じてしまう方もいたのです。

そのため、本製品に慣れるまで時間をかける可能性があるので、気を付けるようにして下さい。

まとめ

本製品は、エアロキューブを採用しているだけではなく、3種類の中材を用意している事によって、硬さを調整できるようになっています。

マットレスには様々な商品が販売されていますが、本製品のように硬さを調整できる商品は多くありません。

そのため、自分の身体に合う硬さのマットレスを見つけられなくて、腰痛に悩んでいる場合には、本製品を検討してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団