腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

エアリー敷き布団マットレス 7cmで腰痛対策!その魅力とは?

   

アイリスオーヤマ エアリー敷布団カバー 通気性 洗える 抗菌防臭 シングル ACS-S

私たち人間は眠る事によって、体の疲れを取っているので、腰痛の方は良質の睡眠を取る事が重要です。

しかし、敷き布団には様々な種類が販売されているので、どの製品を選んだら良質の睡眠を取れるのか、頭を悩ませてしまうでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『エアリー敷き布団マットレス 7cm』です。

この敷き布団は、腰にかかる負担を軽減できる上に、良質の睡眠を取りやすくなっているのです。

そのため、腰痛対策を講じる事ができるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

エアリー敷き布団マットレス 7cmの特徴の特徴

アイリスオーヤマ エアリー敷布団カバー 通気性 洗える 抗菌防臭 シングル ACS-S

本製品を利用したら良質の睡眠を取りやすくなっているのは、特別な中材を利用している事や、耐久性が優れている事が大きく関係しています。

そこで、腰痛対策を講じたい方のために、本製品の特徴について紹介するので、確認してみて下さい。

チューブ状の繊維

日本で販売されている敷き布団は、多くの製品がフラットな中材になっている物が多いです。

実は、フラットな中材になっていたら、反発力がよほど高くなければ、体の沈み込みを抑える事は難しいのが実情です。

そこで本製品は、細いチューブ状が絡まっているような中材『3次元スプリング構造』を採用しています。

このように特殊な形状になっている事から、本製品はそれほど反発力が高くなくても、体圧を分散しやすくなっているのです。

そのため、隣のほうへ寝返りをうちやすくなっているので、腰にかかる負担を軽減できる上に、良質の睡眠を取りやすくなっています。

硬度保持率

体圧分散できる敷き布団でも、利用していくうちにへたってしまうので、注意する必要があります。

もしも、敷き布団がへたってしまえば、体が沈み込みやすくなってしまうので、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

ところが、本製品は優れた耐久性を実現していて、約8万回もの圧縮テストを行っても『硬度保持率』が85%もあったのです。

そのため、長い間に渡って、良質な睡眠をキープできる敷き布団を探している方には、本製品はおすすめです。

熱や汗を放出

布団をかぶって寝ていたら、体温が上昇していくので、敷き布団には多くの寝汗や熱がたまっていきます。

敷き布団に熱や寝汗がたまっていけば、湿気もたまっていくので、寝具が湿っぽくなってしまうのです。

そのような事になれば、寝苦しく感じてしまうので、必要以上に寝返りを打つ事になってしまいます。

ところが、本製品の中材は多くの隙間が生じているので、熱や寝汗を放出しやすくなっています。

そのため、暑い夏場の季節でも、睡眠の質をキープしやすくなっているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

利便性が優れているマットレス

本製品は睡眠の質をキープしやすくなっているだけではなく『利便性』も優れています。

そのため、本製品は利用しやすい製品になっているので、どの辺りが利用しやすくなっているのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

三つ折りタイプ

本製品のように通気性が優れている敷き布団でも、定期的に押入れへ上げなくては、湿気がたまってしまう事があります。

しかし、敷き布団は大型サイズの寝具なので、腰痛の方は簡単に押入れへ上げる事はできません。

ところが、本製品は特殊な中材を採用しているのに、通常タイプの敷き布団と同じように、3つに折りたたむ事ができるのです。

そのため、定期的に押入れへ上げて湿気対策を講じる事ができるので、ダニ対策を講じる事もできます。

へたり対策

本製品を検討している方たちの中には、今まで利用してきた敷き布団がへたってしまったので、買い換えようとしている方は多いでしょう。

しかし、敷き布団を買い換えようとしたら、今まで利用していた敷き布団を捨てなくてはいけないので、手間暇をかけてしまいます。

ところが、本製品は他の敷き布団やマットレスの上に重ねて、併用する事ができるのです。

そのため、今まで利用していた寝具を捨てる必要がないので、へたり対策を講じる事もできます。

リバーシブルカバー

本製品のように通気性が優れている敷き布団を利用していたら、寒い冬場の季節では、腰を冷やしてしまって腰痛が悪化する事があります。

なぜなら、体を冷やしてしまえば血管が収縮されてしまうので、血行不良に陥ってしまう事から、体内で疲労物質がたまっていくからです。

ところが、本製品は『リバーシブルカバー』を用意していて、通気性が優れている『メッシュ生地』と、保温性が優れている『ニット生地』があるのです。

そのため、カバーを使い分ける事によって、寒い冬場の季節に本製品を利用しても、腰があまり冷えないようになっています。

製品情報の詳細

本製品の特徴や利便性を紹介してきましたが、この敷き布団の魅力はそれだけではありません。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、その他には、どのような魅力があるのか確認してみて下さい。

丸洗い可能

湿気対策を講じても、住んでいる地域や環境によっては、ダニが繁殖してしまう事もあります。

ダニは熱に強い生き物なので、敷き布団を干してもダニを退治する事は難しいです。

ところが、本製品は他の敷き布団とは違って、カバーだけではなく中材まで洗う事が可能になっています。

実際に、本製品の中材にシャワーの水を当てて、洗う事ができるので、ある程度までダニを洗い流す事が可能です。

そのため、湿度が高くなりやすい環境で本製品を利用して、ダニが繁殖したとしても、本製品であればダニ対策を講じる事ができます。

コストパフォーマンス

本製品は、寝心地と利便性を両立している敷き布団なので、多くの方たちは「高額な敷き布団ではないのか」と思ったかもしれません。

ところが、本製品は意外にも高額な値段ではなくて、楽天市場では送料無料で、税込価格17,800円になっています(2018年5月30日時点)。

実は、日本で販売されているマットレスの中には、5,000円前後になっている製品もあれば、100,000円を超えてしまう製品もあるのです。

そのため、本製品はリーズナブルな価格という訳ではありませんが、値段が安いほうなので、検討してみる価値があります。

利用者たちの満足度

本製品は、コストパフォーマンスが優れている敷き布団ですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方までいるのです。

そこで本製品を購入してから、後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、3つに折りたためるタイプなのに、敷き布団の厚みが7cmもある所を気に入っている方がいました。

実際に体圧を分散できる敷き布団でも、ボリュームが足りなければ、底つき感が出てしまう事があるのです。

もしも、底つき感が出てしまえば、背中や腰が痛く感じてしまうので、腰痛が悪化する可能性があります。

それを考えたら、敷き布団の厚みが7cmもあるのは、本製品の大きな魅力です。

否定的な口コミ

本製品を利用してみたら、腰が痛く感じてしまう方がいました。

このように利用する方によって、個人差が出るのは、体重や寝相に違いがあるので、仕方のない部分です。

実際に、本製品の厚みは7cmもありますが、それよりもボリュームがある敷き布団もあります。

そのため、体重が重くなっている方が本製品を利用したら、底つき感が出てしまう可能性があるのです。

もしも、底つき感が出てしまった場合には、他の敷き布団またはマットレスの上に本製品を重ねて、ボリュームアップさせたほうが良いです。

まとめ

本製品は、体圧を分散する事ができる敷き布団なので、体の沈み込みを抑えられます。

そのため、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっているので、あまり腰に負担をかけないで、寝返りを打てるのです。

実際に寝返りをあまり打たないで、仰向けになっている状態が長引いたら、腰痛が悪化してしまいます。

そのため、腰痛に頭を悩ませている方には、本製品はおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団