腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

エクスジェル ハグドライブ シートクッションは腰痛対策!

   

エクスジェル (EXGEL)  ハグドライブ シートクッション ブラック HUD02-BK

大型トラックを運転して、荷物を運ぶ仕事をしている方は、長距離運転をしなくてはいけないので、腰痛になってしまう方は多いでしょう。

実際に、長い時間に渡って車を運転していたら、腰を痛めやすいので、腰にかかる負担を軽減する事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『エクスジェル ハグドライブ シートクッション』です。

このクッションを利用すれば、腰痛の方でも車を運転しやすくなるので、その魅力や秘密に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

エクスジェル ハグドライブ シートクッションの特色

本製品を利用したら、腰痛でも運転しやすくなっているのは、特殊な素材や構造になっているからです。

そこで、腰痛に悩んでいるドライバーたちのために、本製品の特色について紹介するので、確認してみて下さい。

エクスジェル

腰痛の方が車の運転席に座った時に、腰が痛く感じてしまうのは、様々な原因がありますが、そのうちの一つが『底つき感』です。

実際に車のシートは少し柔らかめになっている製品が多いのですが、それでも腰に負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで、本製品は『エクスジェル』を採用する事によって、底つき感の緩和を成功させました。

そのため、長い時間に渡って車を運転していても、腰にかかる負担を軽減できるので、ドライバーの方にはおすすめのクッションです。

クッションのボリューム

ドライバーの方で腰痛に悩んでいる場合に、クッションを利用するケースで問題となる事があって、それがクッションの高さです。

実際に、クッションのボリュームがあるほうが、底つき感を緩和できますが、お尻の位置が高くなってしまえばアクセルやブレキーなどのペダルを踏みづらくなってしまいます。

さらに、膝が車の部分と当たってしまうので、運転しづらくなってしまうので注意しなければいけません。

しかし、本製品はエクスジェルを採用する事によって、わずか40mmの厚みで体圧を分散する事ができるので、腰にかかる負担を軽減しながら運転しやすくなっています。

速乾性

暑い夏場の季節には、車のエアコンを利用しても、お尻がムレてしまう事があります。

実際にプライベートで車を運転している時とは違って、仕事で長距離運転している場合には、休憩を取れる回数が少なくなってしまうので、お尻とクッションの間で熱がたまりやすくなってしまうのです。

そのような事になれば、汗をかきやすくなってしまうので、お尻を動かしたくなってしまいます。

お尻を動かそうとしたら、腰痛の方は痛く感じやすいので注意しなければいけません。

所が、本製品は『速乾性』が優れているので、汗をかいても不快感を抱きづらくなっているので、利便性が優れています。

姿勢をキープ

本製品は、ヒップの部分が固定しやすくなっていて、それを可能にしているのが『ヒップシェイプデザイン』です。

このデザインでは、クッションの後方に厚みを持たせているので、正しい姿勢をキープしやすくなっています。

そのため、腰痛の方でも姿勢をキープしやすくなる事から、運転に集中する事ができるので、利用しやすいクッションになっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

本製品を利用する際のポイント

本製品は、腰痛の方でも利用しやすいクッションになっていますが、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

そのポイントを抑えておかなければ腰痛が悪化するので、詳しく説明しましょう。

シートの背もたれ

腰にかかる負担を軽減できるクッションを利用しても、腰が痛く感じてしまう事があります。

そのような場合には、車のシートの角度を調整する事が重要になります。

なぜなら、車のシートが直角になっていたら、腰にかかる負担が大きくなりやすいからです。

そのため、車を運転している時に、背中付近の腰が疲れやすい場合には、少しだけ車のシートを後方へ傾けたほうが良いです。

ただし、車のシートを傾けている状態で運転していたら、前方で歩行者が飛び出した時に、気づくのが遅れてしまう可能性があるので注意して下さい。

座る時の姿勢

車のシートを後方へ傾けた状態で、背もたれに寄りかかっていたら、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

そのような姿勢で座り続けていたら、上半身の体重の負担が、お尻と腰に分散されなくて、腰に集中しやすくなるので注意しなければいけません。

実際に、私たち人間は、立っている時であれば上半身の体重の負担は両足によって分散されてしまいます。

しかし、座っている時には、上半身の体重の負担は腰に集中しやすいので、できるだけ背筋を伸ばした状態で座っていたほうが良いです。

本製品の基本情報

クッションを選ぶ際には、座り心地だけではなく『サイズ』や『価格』なども把握する事が重要です。

そこで、本製品の基本情報も紹介するので、確認してみて下さい。

サイズ

クッションのサイズを把握する事が重要なのは、車のシートとクッションのサイズが合っていなければ、安定感が欠けてしまうからです。

もしも、安定感が欠けている状態で、クッションを利用していたら、車の振動によって、腰にかかる負担が大きくなってしまうので気を付けなければいけません。

そして、本製品のサイズは、W480×D460×H40mmになっています。

そのため、本製品を購入する際には、このクッションと車のシートのサイズが合っているのか確認してみて下さい。

コストパフォーマンス

本製品はエクスジェルを採用している事もあって、コストをかけたクッションになっています。

そのため、値段が高いクッションになっているので、楽天市場では送料別で税込価格11,880円になっているのです(2018年6月26日時点)。

実は日本で販売されているクッションの中には、1,000円前後になっている製品はいくつもあります。

それを考えたら、本製品は低価格なクッションよりも10倍以上もの値段になっているので注意して下さい。

本製品のレビュー

本製品は腰痛でも利用しやすいクッションとは言え、値段が高くなっていたので、このクッションを購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、このクッションは購入するほどの価値があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品はエクスジェルを採用している事もあって、腰にかかる負担を軽減できて、満足している方がいました。

そのため、底つき感をあまり緩和できないクッションを利用していて、腰が痛く感じてしまう場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

さらに、本製品を利用していたら、車の振動があまり腰に伝わらなくなって、満足しているケースもありました。

そのため、あまり舗装されていない道路を走るケースが多い場合には、本製品を利用してみる価値があります。

否定的なレビュー

本製品の座り心地に満足できても、値段が高くて不満を抱いている方がいました。

そのため、値段よりも座り心地を重視している方であれば問題はありませんが、低価格なクッションを探している方は注意して下さい。

さらに本製品はボリュームがあまりないクッションでも、お尻の位置が高くなって不満を抱いている方もいたのです。

そのため、運転する際の視界が気になりやすい方は、注意して下さい。

まとめ

本製品はエクスジェルを採用しているので、体圧を分散しやすくなっています。

そのため、今まで車を運転している時に底つき感が出てしまって、腰が痛く感じてしまう方でも、本製品であれば運転しやすくなります。

しかし本製品は、あくまでも一時的に、腰にかかる負担を軽減できるだけのクッションなので、腰痛に悩んでいる方は1日も早く病院へ通院して治したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション