腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

エムリリー 三つ折マットレス 敷き布団は腰痛でも利用しやすい?

   

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】三つ折マットレス 敷き布団 優反発&高反発の二層構造 ダブル 厚さ8cm

敷き布団は、マットレスに比べたらボリュームが足りない製品が多いので、底つき感を抱きやすい物が多いです。

そのため、腰痛の方が敷き布団を利用したら、症状が悪化する可能性があるので、注意しなければいけません。

しかし、和室の部屋しかない場合にはマットレスを利用できなくて、困ってしまうでしょう。

そこで、おすすめしたいのが『エムリリー 三つ折マットレス 敷き布団』です。

この敷き布団はボリュームがある上に『優反発』を実現する事によって、腰痛でも利用しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

エムリリー 三つマットレス 敷き布団の魅力

本製品は、腰痛でも利用しやすいポイントが3つあって、それが、優反発・ボリューム・3つ折りタイプです。

そこで、この敷き布団を詳しく知らない方のために、この3つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

優反発

敷き布団には『高反発タイプ』と『低反発タイプ』がありますが『優反発』を聞いた方は少ないでしょう。

高反発は反発力が高い事で、低反発タイプは反発力が低くなっているものですが、優反発タイプとは優しく反発してくれる敷き布団です。

実際に、敷き布団を利用する際に、反発力が低くなっていれば、重くなっている腰が沈み込んでしまいます。

しかし、反発力が高すぎたら、腰に刺激を与えてしまうので、寝心地が悪くなってしまうのです。

そのため、本製品のように優しく反発してくれる敷き布団であれば、腰に刺激をあまり与えないで、腰の沈み込みを抑えてくれます。

そのような特徴がある事を考えたら、腰が沈み込みやすい敷き布団を利用していて、腰が痛く感じる方には、本製品はおすすめです。

3種類のボリューム

優反発のある敷き布団でも、ボリュームが足りなければ、腰が少し沈み込むだけでも、底つき感を抱いてしまいます。

もしも底つき感を抱くような敷き布団を利用していたら、腰が痛く感じてしまうので、腰痛が悪化してしまうのです。

そこで、本製品は3種類のボリュームを用意していて、5cm・8cm・11cmなどがあります。

5cmであれば、少しボリュームがないので底つき感を抱いてしまう可能性がありますが、8cmや11cmであれば底つき感を緩和する事が可能です。

3つ折りタイプ

私たち人間が眠っている間は、多くの寝汗をかいてしまうので、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでしまいます。

実際に、一晩の間にかいてしまう寝汗の量は、コップ1杯分にも相当します。

そのため、敷き布団は湿気が溜まりやすいので、定期的に敷き布団を立てかける事が重要です。

しかし、敷き布団のような大型サイズの寝具を立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

所が、本製品は『3つ折りタイプ』になっている事から、コンパクトなサイズになっているので、あまり腰に負担をかけないで立てかける事が可能です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

体圧を分散するメリット

本製品は、優反発によって、体圧を分散する事ができるので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、体圧を分散できる敷き布団を利用した事がない方のために、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

寝返りの打ちやすさ

本製品は体圧を分散できるので、身体があまり沈み込まない事から、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっています。

もしも、寝返りを打ちづらくなっている敷き布団で、強引に寝返りを打とうとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうのです。

さらに、寝返りを打つ事ができなくなれば、同じ身体の部分が下のほうになってしまいます。

そのような事になれば、身体が下のほうになっている部分は圧迫されている時間が長引いてしまう事から、腰痛が悪化しやすくなってしまうのです。

そのため、寝返りを打ちやすい敷き布団を利用して、身体が下のほうになっている部分を変える事は大きなメリットがあります。

睡眠の質をキープ

寝返りを打ちやすくなっていれば、身体にかかる負担を軽減できるので、睡眠の質をキープしやすくなっています。

実は、私たち人間は眠る事によって、身体の疲れを取っています。

そのため、睡眠の質が低下してしまえば、腰に疲れが溜まってしまう事にもなるのです。

腰に疲労が溜まってしまえば、腰痛が悪化しやすいので、良質な睡眠をキープして、腰の疲れを取る事は重要です。

製品情報の詳細

敷き布団を購入する際には、サイズやカラーも重要なポイントですし、値段が気になる方もいるでしょう。

そこで、この敷き布団の製品情報も紹介するので、見ていきましょう。

サイズバリエーション

本製品は、4種類のサイズバリエーションが用意されていますが、セミシングルサイズ・シングルサイズ・セミダブルサイズ・ダブルサイズなどがあります。

セミシングルサイズやシングルサイズは一人でも利用できるサイズですが、体格が大きい方では利用しづらいサイズになっています。

そのため、体格が大きい方は、セミダブルサイズのほうがおすすめです。

そして、二人で共有したい場合には、セミダブルサイズよりも、ダブルサイズのほうがおすすめです。

ローテーション

本製品は優反発を採用しているので、身体があまり沈み込まないようになっていますが、利用していくうちに敷き布団はへたっていきます。

もしも、敷き布団がへたってしまえば、重くなっている腰が沈み込みやすくなるので、注意しなければいけません。

そのため、定期的に敷き布団の向きを変えて、重くなっている腰を支える部分を変えたほうが良いです。

実際に敷き布団のへたりを抑えられたら、長い間に渡って利用できます。

高額な値段

本製品は、腰痛でも利用しやすくなっていますが、コストをかけられた製品になっているので、値段が少し高くなっています。

実際に本製品は、Amazonでは送料無料で税込価格が、セミシングルサイズは24,818円・シングルサイズは26,978円・セミダブルサイズは33,458円・ダブルサイズは39,938円などがあります。

実は、日本で販売されている敷き布団の中には、5,000円前後になっている製品もあるのです。

そのため、品質よりも値段を重視している方は注意したほうが良いです。

利用者たちの口コミ

本製品は腰にかかる負担を軽減できますが、値段が少し高くなっているので、この敷き布団を購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は優反発を実現している事もあって、寝心地がよくなっている所を気に入っている方がいました。

実際に寝心地の悪い敷き布団を利用していたら、ストレスが溜まってしまう事があります。

実は、ストレスが溜まったら『ドーパミンシステム』が乱れてしまいます。

このシステムは痛みを緩和する働きがあるので、寝心地の良い敷き布団を利用して、ストレスをあまり溜めないようにする事は重要です。

さらに、本製品のサイズが好みに合うもので、満足している方もいました。

この辺りは、4種類もサイズバリエーションを用意している所が、大きく関係しています。

悪い口コミ

本製品は3つ折りタイプになっている所は大きな魅力ですが、溝が動いてしまうケースもありました。

実際に敷き布団の溝が身体に当たってしまえば、痛く感じてしまう事もあるので、睡眠の質が低下する恐れがあるので注意しなければいけません。

さらに本製品を利用していたら、敷き布団が柔らかく感じてしまうケースもありました。

そのため、硬めの敷き布団が好きな方が本製品を利用したら、不満を抱く可能性があるので、気を付けて下さい。

まとめ

本製品は、値段が高くなっているので、コストパフォーマンスが悪いように感じてしまうかもしれません。

しかし、優反発を実現している敷き布団は少ないので、腰痛に悩んでいる方は購入してみる価値があります。

ただし本製品を利用していたら、敷き布団が柔らかく感じてしまう方もいるので、硬めの敷き布団が好きな方は注意する必要はあります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団