腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

カバーも重要!腰痛持ちの方の為のソファカバー選びのポイント

      2017/09/08

Super Junior ソファーカバー 肘掛あり 北欧風デザイン 2人掛け用 ソファベッド カバー 優しい肌触り 伸縮素材 高品質 滑り止め オシャレ(2人掛け,幅145-185cm,花柄)

ソファは、そのまま使用していると汚れてしまう事も多いです。

しかし汚れてしまっても洗うことは出来ませんから、その対策としてソファカバーをしたいという方も多いでしょう。

でも、腰痛持ちの人がソファにカバーをするのであれば、腰痛を悪化させないためのポイントがあります。

ここではそんなポイントについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

滑らないソファカバーを選ぶ

まずひとつ目のポイントは、滑らないソファカバーを選ぶということです。

ソファカバーには、滑るものと滑らないものがあります。

つまり、ただかけるだけのようなソファカバーと、しっかりとソファ全体を覆って固定してしまうようなソファがあるということです。

そんな2種類のソファカバーの中で、腰痛持ちの人に合っているのが、滑らないタイプのソファカバーなのです。

でもなぜ、滑るタイプではなく滑らないタイプのソファカバーの方が、腰痛持ちの人には合っていると言えるのでしょうか?

滑るとお尻が前に出がちになる

それは、意外とシンプルな話です。

滑るタイプのソファカバーをしていると、どうしても座っているうちにお尻がソファカバーごと滑って前に出がちになります。

そうしてお尻が前に出ていってしまうと、当然ながら腰に悪い姿勢となります。

腰に良い姿勢は、骨盤がしっかりとたっていて、体重の負荷を骨盤でもしっかりと支えることが出来ている姿勢になります。

では、ソファカバーごと滑って、お尻が前に出ている状態では、骨盤はどうなっているでしょうか?

どう考えてもその状態では骨盤も倒れていると言えます。

なので、体重の重さは腰にばかり来るようになります。

そうして、腰が痛くなっていってしまうのです。

だから、滑るタイプのソファカバーはダメなのです。

お尻が滑らない事も大切

ここまでに言ってきた滑る滑らないというのは、ソファカバー自体の話になります。

でも、ソファカバーだけの話ではなく、お尻が滑るか滑らないかということも当然同じくらいに大切になります。

たとえソファカバーがしっかりと固定されていたとしても、その上に座った時にお尻が滑ってしまうのであれば、そのせいでお尻は結局前にずれていってしまいます。

そうしてお尻が前にずれていってしまうのであれば、ソファカバーがソファからずれるのと同じことになります。

だから、そもそもお尻が滑りづらい素材のソファカバーを選ぶようにすることもすごく大切だと言えます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

通気性の良いソファカバーを選ぶ

また、腰痛持ちの方がソファカバーを選ぶ時には、通気性の良いソファカバーを選ぶという事もポイントになります。

なぜなら、通気性というのもまた、腰痛に大きな影響を与えると言えるからです。

通気性の悪いソファカバーを使用していると、腰のあたりはソファに座っている間にどんどん蒸れていくと言えるでしょう。

腰のあたりは、特にソファと強く接している部分と言えるので、蒸れてしまうのは仕方ありません。

でも、そうして腰のあたりがどんどん蒸れていくと、そのせいで腰のあたりは汗をかいていくようになります。

腰のあたりが汗をかいてしまうと、その汗によって腰は冷やされるようになるでしょう。

通気性が悪い分、なかなかその汗が乾くことがありませんから、腰のあたりが冷やされてしまうのは仕方がないことなのです。

でも、そうして腰のあたりが冷やされてしまうと、それは腰痛に繋がると言えるのです。

冷やされると血流が悪くなる

なぜなら、そうして冷やされていくと、そのせいで血流が悪くなるからです。

血流が悪くなっていけば、いつしかその血流が悪くなったところには痛みが発生するようになります。

そうして腰のあたりが痛くなっていってしまうのです。

それを防ぐためには、やはり通気性の良いソファカバーを使用して、そもそも蒸れにくくて汗をかきづらくしたり、あるいは汗をかいてもすぐに乾くようにしたりするしかないのです。

ソファカバーでは、通気性が良いものもたくさん売られていますから、その中から探していくと良いでしょう。

洗濯機で洗えるものを選ぶ

腰痛持ちの方がソファカバーを選ぶ際には、洗濯機で洗えるような物を選ぶのポイントになります。

洗濯機であらえるようなソファカバーでないと、まず洗濯をすることはなくなるでしょう。

そもそも手洗いで洗濯をするというその行動自体が腰にクルこともありますし、やはりそれはすごく手間になりますから、洗濯機で洗えないようなソファカバーは、よほどのことがない限り洗うことはなくなるでしょう。

でもやはり洗わないでいると、それはドンドン汚れていきます。

たとえば何らかのお菓子の汚れなどもつくでしょうし、それがつくということは、それを餌にしたダニなども増えていくことになります。

そして当然、ソファに座っている時でも汗をかくことはあるでしょうから、ソファカバーにはそういう汗などもついていると言えます。

するとどうなるかと言うと、そういう汚れなどのせいで通気性が悪くなり、湿度がこもるようになるのです。

せっかく通気性が良い素材のソファカバーを買っていても、そうして汚れなどのせいでその通気性が台無しになったら、わざわざソレを選んだ意味もなくなりますし、腰を冷やしてしまい、腰痛につなげてしまう可能性も出てくると言えるでしょう。

なのでそうならないためには、洗濯機で洗えるものを選ぶべきなのです。

週1くらいで洗えば問題ない

洗濯機で洗えるようなソファカバーであれば、週1くらいで洗濯することが出来るようになるでしょう。

ただただ取り外して洗濯機に入れて、洗濯機を回すだけになりますから、多少忙しいひとでも週1くらいでは洗う事が出来るようになるでしょう。

週1でも、それを洗うことができれば、常に綺麗な状態で使えて、湿度がこもる事がなくなると言えるでしょう。

だからそのためにも、ソファカバーは洗濯機で洗えるものを買うようにするのがおすすめです。

全てのポイントを満たす物を買うべし

ここまで、腰痛持ちの人がソファカバーを選ぶ時のポイントを紹介してきましたが、実際にソファカバーを買う時には、ここまでに紹介してきた3つのポイントを全ておさえることが出来る物を買うというのも、一つのポイントになります。

こうしたソファ選びのポイントは、なにか一つだけおさえておけば良いというものではありません。

何か1つだけおさえていても、他のポイントを抑えることが出来ていなければ、結局そのせいでマイナスポイントが増えていき、腰痛になる可能性が出てきてしまいます。

それではもはや、そもそも一つのポイントをおさえたことすらあまり意味がなくなってしまうでしょう。

そうならないようにするためにも、これらの全てのポイントを抑えるようにしないとならないのです。

意外とたくさんある

これらの3つのポイントを抑えるようなソファカバー何て、選択肢はあまりないのではないか?

と思う方もいるでしょう。

でも意外と、これらの3つのポイントを全ておさえることが出来るものもたくさんあります。

なので、その中から趣味や部屋の雰囲気に合うものも見つけられるでしょう。

まとめ

腰痛持ちの人がソファカバーを選ぶのであれば、是非これらの事を参考に選んでいってください。

これらのことを参考にして選んでいけば、少なくとも買って後悔するようなソファカバーを買うことはなくなるでしょう。

ソファカバー自体特別高いものではないことも多いですが、失敗して得することはないので、失敗しないに越したことはありません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ