腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

キングサイズのマットレスとベッドは何人で寝るのがベスト?

   

ボックスシーツ キング(180×200+30cm) 綿100% ベッドシーツ 平織り マットレスカバー ベット用 防ダニ 抗菌 BOXシーツ グレー

マットレスとベッドは、普通に生活をしていると、シングルサイズかダブルサイズかくらいの選択しかしないものです。

でも、実際のマットレスとベッドには、セミダブルサイズもあればクイーンサイズもあり、そしてキングサイズもあるのです。

キングサイズくらいのサイズのマットレスやベッドは、何人で寝るのが正解なのでしょう?

ここではそれについて見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

キングサイズは2人で寝るのがベスト

キングサイズのベッドとマットレスには、二人で寝るのがベストになります。

というのも、キングサイズというとすごく大きなサイズに思えるものがですが、実はそこまで大きいものではないのです。

キングサイズのマットレスとベッドは、縦が200センチで横が180センチくらいであることが多いです。

ということは、つまり、シングルサイズのマットレスとベッドを縦に2つ並べるよりも小さいということになります。

シングルサイズのマットレスとベッドを縦に2台並べると、そのサイズ感は、縦が200センチで横も200センチというサイズ感になります。

シングルサイズのマットレスとベッドは、200センチかける100センチであることが多いですから。

なので、キングサイズのマットレスとベッドはそこまで大きくはないということになります。

ということはつまり、キングサイズのマットレスとベッドに寝る人数は、二人がベストになるのです。

1人用が2つ以下のサイズだから

キングサイズのマットレスとベッドは、一人用のベッドとマットレスが二つ以下のサイズ感になります。

シングルサイズのマットレスとベッドは、一人用のサイズ感ですから。

それが二つ以下のサイズ感になるわけですから、そういうところからも、キングサイズのベッドとマットレスは、二人で寝るのがベストだということになります。

もしそれ以上の人数で寝るのであれば、ちょっと狭く感じるようになる可能性が高いです。

1人当たり横幅が60センチくらいしかなくなってしまいます。

そうなると、やはり大人の人にとってはすごく狭くなります。

だから、基本的にはキングサイズのマットレスとベッドで寝る際には、二人で寝るようにするのがおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

2人で寝るには快適な大きさ

キングサイズのマットレスとベッドは、2人で寝るには快適な大きさになります。

2人で寝る際のサイズとしては、ダブルサイズのマットレスとベッドもあります。

しかし、ダブルサイズのベッドとマットレスは、実は2人で寝るにはすごく狭いのです。

横幅が140センチしかないので、2人で寝るにはどうしても狭く感じてしまいます。

1人あたま70センチになりますから。

1人頭70センチしかないのであれば、それはやはりすごく狭いです。

キングサイズに3人で寝るというのと大差なくなってしまいます。

なので、ダブルサイズで2人で寝るのは、意外とおすすめできないことになります。

しかし、キングサイズであれば、シングルサイズに1人でねるのと同じくらいのサイズ感で寝ることが出来るようになります。

確かにシングルサイズに1人で寝るよりは狭いですが、それでもダブルサイズに2人で寝ることに比べるとだいぶ良いです。

それもあって、キングサイズのベッドとマットレスは、2人で寝るのが正解になるのです。

狭いと身体も痛くなりがち

狭いベッドとマットレスで寝ていると、そのせいで身体が痛くなりがちになります。

狭いとどうしても寝返りをすることがうまくできなくなります。

上手く寝返りができなくなってしまうと、そのせいで筋肉がどんどん硬直していってしまうのです。

筋肉が硬直していってしまうと、そのせいで血流が悪くなります。

そして血流が悪くなると、次第に痛みが生じるようになっていくのです。

それを防ぐためにはやはり、寝返りしかありません。

だから、ベッドとマットレスにおいて、寝返りができるということはすごく重要なことになるのです。

キングサイズのマットレスくらいのサイズ感であれば、二人で寝ていても問題なく寝返りをすることが出来ます。

キングサイズは半分半分になっている

キングサイズのマットレスは、1枚のマットレスでできているわけではありません。

ダブルサイズのマットレスは、1枚のマットレスでできているものが多いです。

しかし、キングサイズくらい大きなマットレスになると、やはり1枚のマットレスで作るにはクオリティ的にいささか厳しいところがあるのです。

だから、キングサイズのマットレスは、1枚のマットレスでできているものはそうそうありません。

ではどうやってできているのかというと、マットレスを二つくっつけてできているのです。

ということはつまり、そのくっついているマットレスとマットレスの間に溝があるということになります。

そうして溝があるわけなのですから、やはり二人で寝るのがベストなのです。

3人だと一人が溝の上になる

二人であれば、半分半分になっているその半分の上で一人が寝て、そしてもう半分の上でもう一人が寝るというスタイルで寝ることが出来るようになります。

しかし、三人の場合には、二人は良くても一人は完全に溝の上で寝ることになってしまいます。

勿論溝の上で寝ることになっても、気にしない方もいるものです。

しかしだいたいの方は、溝の上で寝ると、やはり違和感を感じてしまいます。

そして、寝づらくなるのです。

また、うまくマットレスに身体が沈み込まなくなる可能性も高いです。

マットレスはある程度身体を沈めて、そしてそれを押し返していくことによって、体重を分散していきます。

しかし、溝のあたりで寝ていて、うまく身体が沈み込まなくなってしまっていたら、その分体重が分散できなくなってしまうのです。

そうして体重が分散できなくなってしまっていたら、その分だけ腰が痛くなったり、身体が痛くなったりする可能性が高くなります。

それは困るので、やはり三人でキングサイズのマットレスとベッドの上で寝るのはおすすめしません。

ただし子供であればあり

ただし、子供が三人で寝るのであればアリです。

むしろ子供であれば、三人で寝るのがちょうどよいサイズ感になります。

ただ、たとえ子供であっても、うまく分散しないと、一人が溝の上に着てしまい、結果体重の分散がうまくできなくなってしまう可能性が高くなります。

そうなってしまったらかわいそうなので、子供を三人でキングサイズのマットレスに寝かせる際には、溝が気にならなくなるように工夫するべきです。

マットレストッパーを使う等

たとえば、マットレストッパーを使うという方法です。

マットレスの上に薄いマットレスを敷けば、それによってマットレスがカバーされるようになるので、その分ぐっと溝を感じなくなります。

少しでもそうして溝を感じないようにしてあげれば、違和感なく寝ることが出来るようになりますし、体重もある程度分散出来るようになります。

だから、マットレストッパーを使ってあげるというのがおすすめです。

もしマットレストッパーを使うのであれば、なるべく厚みのあるものを使用してあげてください。

まとめ

キングサイズのマットレスとベッドに寝るのに最適な人数は、二人になります。

どうしても三人で寝たいのであれば、キングサイズのマットレスとベッドのほかに、もう一つシングルサイズのマットレスとベッドをつけて、疑似的にさらに大きいマットレスとベッドにするという方法しかありません。

もしどうしても三人で寝たいならば、そうしてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団