腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

クッション付き ロング座椅子の魅力を紹介!腰痛の方は必見?

   

LOWYA (ロウヤ) 座椅子 肘掛け付き 長座椅子 14段階 リクライニング 3点可動 ミニクッション付き おしゃれ ソファ生地 ダークブラウン 新生活

ソファを置くほど広い部屋がない場合には、クッションを利用する方は多いかもしれませんが、クッションでは背もたれがないので正しい姿勢をキープする事が難しいです。

そのため、腰痛になっている方はクッションよりも座椅子のほうが腰にかかる負担を軽減しやすくなっています。

そこで、おすすめしたいのが『クッション付き ロング座椅子』です。

この座椅子は、正しい姿勢をキープしやすい上にボリュームがある事から、腰にかかる負担を軽減できるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

クッション付き ロング座椅子をおすすめする理由

腰痛の方に本製品をおすすめする理由は3つあって、それがリクライニング機能・肉厚クッション・小型クッションです。

そこで床に座るだけでも腰が痛く感じてしまう方のために、この3つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

リクライニング機能

座椅子は背もたれを備えているので、正しい姿勢をキープしやすくなっていますが、背もたれの角度が身体に合わなければ、逆に負担をかけてしまう事があります。

そこで本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを調整できるようになっているのです。

そして本製品は、背もたれだけではなく、足を支える部分までリクライニングできるので、楽な姿勢で座る事もできます。

そのため、腰痛で悩んでいる方には、楽な姿勢で正しい姿勢をキープしやすい本製品は、おすすめです。

肉厚クッション

座椅子だけではなく、クッションやマットレスでも同じ事は言えますが、ボリュームの足りない商品を利用していたら、底つき感があるので腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

所が、本製品は『肉厚クッション』になっていて、座椅子の表側はクッション性が優れているのです。

そのため、本製品を利用すれば、底つき感があまりないのです。

そのような特徴がある座椅子なので、尾てい骨付近が痛く感じるような腰痛になっている方は、本製品を利用してみる価値があります。

小型クッション付き

私たち人間は、正しい姿勢をキープしている場合には『S字カーブ』になっています。

このS字カーブとは、真横から見たら、背筋がS字形状になっている事を指します。

なぜ、このような姿勢になっているのかと言えば、腰が湾曲する事によって、バネの役割を果たす必要があるからです。

実は、二足歩行の際に地面へ足を着地させたら、その時の衝撃は腰に伝わりやすくなります。

そこで腰がバネの役割を果たす事によって、その衝撃を緩和してくれるのです。

そのため腰痛になっている方は、S字カーブをキープする事が重要になります。

そして本製品は『小型クッション』が付いてくるので、この小型クッションを背もたれと腰の間に挟んで使用すれば、S字カーブをキープしやすくなります。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

腰痛の方が抑えるべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすい座椅子ですが、腰痛になっている方は、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておかなければ、腰痛が悪化する恐れがあるので、詳しく紹介しましょう。

正しい姿勢をキープ

背もたれをリクライニングしても、腰が背もたれから離れてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまいます。

なぜなら、お尻が前のほうへズレてしまえば、お尻で座るというよりも、腰で座るような姿勢になってしまうからです。

そのような姿勢で座ってしまえば、腰痛が悪化するので、背もたれをあまり倒さない事が重要です。

実際に背もたれを倒し過ぎたら、お尻が前のほうへズレやすいので、背もたれは適度な角度に設定するようにして下さい。

座っている時間

腰痛になっている方は、背もたれだけではなく、座っている時間にも注意しなければいけません。

なぜなら私たち人間は立っている時よりも、座っている時のほうが腰に大きな負担をかけているからです。

実際に私たち人間が立っている時は、上半身の体重は両足によって分散されています。

それに引き換え座っている時は、上半身の体重が腰に集中しやすいのです。

そのため、本製品を利用する際には、1~2時間に1回は立ち上がって、休憩を取るようにして下さい。

商品情報の詳細

本製品の魅力や抑えるべきポイントを分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、この座椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

3種類の生地

本製品は3種類の生地を用意していて、スウェード・サンゴマイヤー・レザー調などがあるのです。

スウェードは、しっとりとした肌触りをしているので、暑い夏場の季節でも重宝する事ができます。

サンゴマイヤーはマイクロファイバーによって、ふわふわとしている事から保温性が優れているので、寒い冬場の季節に利用しやすいのです。

そしてレザー調は水をはじいてくれるので、気軽にコーヒーやジュースを飲みながら、本製品でくつろぐ事ができます。

カラーバリエーション

本製品は生地だけではなく、カラーバリエーションも豊富に用意されていて、その数は13種類もあります。

その種類とは、サンゴマイヤーやレザー調がブラック・ブラウン・アイボリー・レッドなどがあって、スゥエードはサンゴマイヤーやレザー調と同じカラーの種類がある上に、カーキというカラーもあります。

生地の種類によって、少し違いはありますが、これだけ豊富なカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いです。

コストパフォーマンス

本製品は腰痛でも利用しやすくなっている上に、生地やカラーバリエーションなどが豊富に用意されている事もあって、コストをかけた座椅子になっています。

そのため、楽天市場では送料無料で、税込価格9,799円もします(2018年2月9日時点)。

実は日本で販売されている座椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品が多くあるのです。

ただし本製品は、座椅子とは言っても、一人がけソファのような形状をしているので、それを考えたらコストパフォーマンスの高い商品です。

利用者たちの満足度

本製品は一人がけソファと考えたら低価格な商品ですが、座椅子で考えたら高価格な商品です。

そのため、本製品を購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、この座椅子を購入するべきか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は極厚クッションになっている事から、腰の沈み込みが気にならないケースがありました。

そのためボリュームのある座椅子を探している場合には、本製品を購入してみる価値があります。

その他にも、座り心地がよくなっていて、値段以上の価値があるように感じて、満足している方もいました。

そのため、値段が少し高くなっていても、座り心地を重視している方は、本製品を試してみる価値があります。

否定的な口コミ

本製品を購入してみたら、イメージしていたよりも大きなサイズになっている所を気にしている方がいました。

実際に本製品のサイズは、背もたれを180度まで倒したら、幅56×奥行175cmにもなります。

そのため本製品を購入する前に、ここまでのサイズの座椅子を設置できるか、把握したほうが良いです。

そして本製品を利用していくうちに、背もたれの枠が折れてしまうケースもあったので、本製品の取り扱いには注意して下さい。

まとめ

本製品は肉厚クッションになっているので、腰痛の方でも利用しやすい座椅子になっています。

さらにリクライニング機能も備えているので、あまり腰や背中に負担をかけない角度まで、背もたれを調整できるのです。

そのため、床に座るだけでも腰が痛く感じてしまう場合には、本製品を利用してみる価値があります。

ただし本製品には肘掛けが備えていないので、立ち上がる際にはあまり腰に負担をかけないように、気を付けて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子