腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

サプリで楽々!膝痛にはコンドロイチン摂取がおすすめ。

   

膝に違和感を覚えたら、それは年を取った証かもしれません。

放置しておくと膝痛につながり、ちょっとした動きでも膝に痛みを感じるようになってしまうかもしれません。

そんな不安のある方におすすめなのがコンドロイチンのサプリメント。

膝痛の原因となる軟骨に効くと言われる成分で、膝痛サプリの中ではグルコサミンと並んで注目されています。

膝痛の原因とコンドロイチンについてみてみたいと思います。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

膝のスムーズな動きは軟骨のおかげ!

人間の身体には骨同志の継ぎ目である関節が350もあると言われています。

骨と骨の間にあるのが軟骨です。

この軟骨がクッションのような役割をはたしてくれるおかげで、骨同志がぶつかり、傷ついたリ衝撃を感じたりすることがないのです。

もしも関節軟骨がなければ、骨同志はぶつかり合い、動くたびにすり減ってしまうでしょう。

関節軟骨の厚さはわずか3~5mm。

しかしこの薄い軟骨が私たちの動きをスムーズにし、走ったり飛んだりできるようにしてくれているのです。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

軟骨のクッションの秘密は…関節液

骨と骨の間にあり、衝撃や刺激を吸収してくれる関節軟骨。

まさにクッションともいえる存在なのですが、骨同志がスムーズな動きが出来るのは軟骨の表面がとてもなめらかでつるつるしているためなのです。

軟骨の滑らかさの秘密は水分。

関節内部には関節包といわれる場所があり、ここには「関節液」と呼ばれる液体が含まれています。

関節液は透明で粘り気のある液体。

ヒアルロン酸やタンパク質を多く含んでいます。

この関節液が関節軟骨の表面を覆っており、潤滑油のような役割をはたしているのです。

ですから関節の動きはとてもなめらかでスムーズ。

軟骨のおかげで骨同志が滑るように動くのです。

また、関節液は関節軟骨に栄養を与える役割もあります。

関節軟骨には血管が通っていません。

ですから血管によって運ばれる栄養素を受け取ることができないのです。

しかし「滑膜」によって栄養を取り込みます。

滑膜は関節液が仲介役となって血液から栄養分を取り込み軟骨の代謝に必要な物質を出し入れしています。

滑膜が関節液をつくって栄養分を関節内に放出し、関節内の不要物質を関節液を通して排出しているのです。

膝痛の原因は…軟骨だった

膝痛に悩む人が増え始めるのは40~50歳くらいです。

これは膝の軟骨がすり減り、減少して骨同志のクッションの役割を果たせなくなってきたからだと考えられます。

ではどうして軟骨がすり減ってしまうのでしょうか。

加齢による摩耗の蓄積

軟骨はダメージを受けると再生が難しいと言われています。

膝は体の関節の中でも特に負荷がかかる部分です。

ほとんど再生されることのない膝軟骨は、生まれて死ぬまで大切に使い続けるしかないのです。

しかし年を取れば摩耗し、ダメージも蓄積されます。

回復しないのですから、ガタがくるのは当たり前。

若い頃は耐えることが出来たけれど、加齢による組織の老化も加わって、中高年になるとダメージの蓄積が深刻化してしまうのです。

軟骨摩耗によって生じる弊害とは

軟骨が摩耗すると骨同志がぶつかるようになります。

クッションがないのですから、衝撃を受け止めてくれるところがありません。

そうなると骨が変形し、関節の形が変わってしまいます。

関節の隙間が狭くなったり、骨の一部が棘のように変化することもあります。

放置しておくと「変形性膝関節症」になり、膝痛が慢性化してしまう恐れがあります。

加齢に立ち向かうための生活習慣

軟骨のすり減りによる膝痛は、中高年ならある程度は仕方のないものと言えます。

しかし、放置しておけば悪化し、歩行困難に陥る事もあるかもしれません。

膝痛にきちんと向き合い、対処していくことが大切です。

膝痛のはじまりは違和感から、という人が多いです。

膝になんらかの違和感を覚えたら膝軟骨のすり減りを想定し、生活習慣を見直してみましょう。

適切な体重維持は重要!

人間の身体の中でも、膝は特に体重の負荷を受ける部分です。

多様な動きの中心でもありますし、あらゆる方向に負担がかかっています。

そんな膝関節の軟骨がすり減ってしまえば、今後の動きに大きな悪影響を及ぼします。

階段の昇降、走行、歩行…。

どの動きにも膝痛が付いて回るようになってしまいます。

そんな膝痛を抑えるためには、膝の違和感を覚えたらまず体重を増やさないよう心がけましょう。

昔は膝痛の患者は安静にし、あまり動かないのが良いと言われていました。

なぜかと言いますと、膝軟骨は一度失われると再生しないものであり、膝軟骨をこれ以上すり減らさないために動きを減らすのが最善と考えらえていたためです。

しかし最近の研究では膝軟骨に有効な物質も見つかり、臨床実験でもその効果が認められています。

膝軟骨をすり減らさないようにするのも大切ですが、それ以上に運動をやめてしまう弊害の方が高いと考えられるようになってきたのです。

運動をやめてしまえば、新陳代謝の落ちた中高年は肥満に走りがち。

体重の増加はさらなる膝への負担となります。

膝痛がますます悪化し、動くのがもっと億劫に…。

このような悪循環に陥ってしまうことが考えられます。

適度な運動は筋力キープのためにもおすすめ。

ムリのない範囲でいいので、身体を適度に動かすように心がけましょう。

食生活にも気を配り、体重の維持管理に勤めるのが大切です。

食生活も大切!

まず肥満にならないような食事が大切です。

それだけではなく、血流を滞らせないような食材を摂り、身体の中に老廃物をため込まないようにしましょう。

ドロドロの血液は流れが悪く、全身にうまく血液や栄養が回りません。

膝痛の場合、軟骨には血管はありませんが関節液を通して栄養が運ばれるというのは前述の通りです。

栄養が届かないと膝軟骨はますます悪くなってしまいます。

食生活の管理を心がけましょう。

膝痛におすすめ!コンドロイチン

膝痛におすすめの成分として「コンドロイチン」という名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

コンドロイチンは軟骨や目の角膜や臓器、皮膚等に存在しています。

保水力や弾力性を与えたり栄養分の吸収・消化・代謝を促進する効果があると言われています。

しかし、加齢と共に体内での生成量は減少します。

特に関節の軟骨に多く見られるコンドロイチンは軟骨の保水力を保つ重要な成分です。

加齢と共に失われる軟骨を補助し、キープするのに有効な成分と考えられています。

膝痛でお悩みの方は軟骨が減少し、再生されていない状態。

コンドロイチンを摂取することにより、軟骨の保水力を高め、傷ついた軟骨の細胞を修復する効果が期待できるのです。

グルコサミンと一緒に摂取するとより効果的!

コンドロイチン同様、グルコサミンも軟骨の成分に対して働きかけます。

グルコサミンは軟骨細胞で、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、軟骨を作る材料となります。

対するコンドロイチンは水分を吸収する働きを持っています。

軟骨を再生したり補修したりする力を持つと考えられるグルコサミンは保水力の高いコンドロイチンと共にとると、より強力な力を発揮すると考えられているのです。

膝痛のためのサプリメントは多くありますが、このグルコサミンとコンドロイチンを共に成分に加えたものが良く見られます。

それだけ効果の高い組み合わせなのです。

コンドロイチンが多く含まれるのは…

保水力に優れ、軟骨の再生も助けてくれるコンドロイチン。

普段の食材ではどんなものに含まれているのでしょうか。

コンドロイチンが多く含まれるのは、ねばねばしたもの。

納豆、おくら、なめこ、山芋などです。

他にはふかひれ、ツバメの巣、すっぽんにも多く見られます。

しかしこれらを毎日摂取するのは大変ですよね。

そこでおすすめなのがサプリメントなのです。

サプリメントならほんの数粒を水で流し込んだらおしまい。

きちんと飲めば毎日でもコンドロイチンを補給することができます。

お忙しい方や、上記の食材が苦手な方はサプリメントがおすすめです。

まとめ

膝痛にお悩みなら是非試して頂きたい「コンドロイチン」。

サプリメントなら朝昼晩、いつでも手軽に飲めるのでおすすめです。

日本は世界一の長寿国。

年をとってもいつまでも健康で楽しい生活を過ごしたいですよね。

加齢の印・膝痛を感じたら、すぐにでもコンドロイチンのサプリメントを始めることをおすすめします。

サプリメントは即効性はありませんが、じんわりと体に効いてくるものです。

定期的な摂取を習慣にして、膝痛の悪化や予防に努めて下さいね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ