腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

スポーツは膝を痛めやすい?スポーツで起こる膝痛について

      2017/09/08

スポーツは、脚や肩や腰など様々な部分を怪我する可能性があります。

それは、慣れない動作で筋肉を痛めたり、毎日のトレーニングで筋肉を酷使したり、練習中に人や物と接触することがあるためです。

ここでは、スポーツによる数ある怪我の種類の中から、膝痛を中心に解説していきます。

スポーツをやられている方やスポーツを始めようと思っている方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポーツで膝を痛める(怪我する)理由

スポーツには、野球やサッカー、バスケットボールやバレーボールなどたくさんの種類がありますが、どのスポーツも基本足腰が大事になります。

そのため、多くのスポーツはランニングを取り入れており、足腰を鍛えています。

そのくらい、スポーツをする上で足腰の強さは重要で、上手い選手ほど足腰は丈夫です。

これらのことから、スポーツは足腰を酷使するとも言えます。

マラソンは長い時間走り続け、サッカーはボールを蹴ったりダッシュしたりジャンプしたりします。

そして、バスケットバールもダッシュしたり急に止まったりジャンプをしたりし、バレーボールもとっさに素早く動いたり何度もジャンプをします。

例を挙げると切りがありませんが、これらの動作は膝に大きな負担がかかります。

そのように普通の生活ではかからない負担が膝にかかるため、膝にはダメージが蓄積していき、骨・軟骨・筋肉・靭帯などを損傷してしまいます。

また、スポーツ中の瞬発的な動きや接触などによって、1度に強い負荷が加わり、突発的に膝を痛めてしまうこともあります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポーツ障害とスポーツ外傷

スポーツによる怪我には「スポーツ障害」と「スポーツ外傷」があります。

膝に起こるスポーツ障害というのは、日々のスポーツでの疲れが膝に蓄積していくことにより痛みが起こり、痛みが比較的長期間続く症状になります。

軽度だとトレーニング中やトレーニング後に痛みますが、重度になると日々の生活に支障が出るようになってしまいます。

そのようなことを避けるためにも、痛みが出た時点で適した治療をすることが大切になります。

治療をせずに放っておくと悪化してしまい、長い期間スポーツができなくなってしまいます。

また、手術が必要なくらい酷くなると、治っても痛める前のようなプレイができなくなることがあるので、速やかに処置をすることをおすすめします。

次に、膝のスポーツ外傷とは、トレーニング中や試合中で1度に強い負荷がかかる動きをしたり、転倒したり、人や壁や物にぶつかったりなどのアクシデントで突発的に膝を怪我してしまうことになります。

1度に強い負荷や衝撃が膝に加わるので、打撲や捻挫や骨折を起こしてしまいます。

スポーツ障害による膝の痛み

スポーツ障害の詳細

それでは、スポーツ障害について詳しく説明していきます。

先程も言いましたが、スポーツ障害というのは、毎日のトレーニングにより膝に蓄積された疲労が原因となって起こる怪我になります。

簡単に言うと、酷使しすぎることにより痛めてしまう症状になります。

野球では投手が投げ込みをすることにより肘や肩を痛めることがありますが、これもスポーツ障害になります。

練習や試合で投げ込むことにより、肩や肘には疲労が蓄積されます。

それが回復せずに練習や試合で再び投げ込むことにより、さらに疲労が蓄積されてしまいます。

そのようなことを繰り返すと肩や肘にはどんどん疲労が蓄積されていき、肩や肘を痛めてしまうのです。

これらのことは、テニスやゴルフで肘や肩を痛めることと同じことになります。

オーバーワークが原因に

人間の身体は、トレーニングをして回復させると前よりも強くなります。

これを超回復と言い、回復する時間を与えずに身体に負荷をかけ続けるとオーバーワーク症候群になり、少し休んだだけでは回復しなくなります。

このような状態は疲弊しているため、怪我をしやすくなります。

そして、当然膝も怪我をしやすくなります。

現在では効率的に身体を強くすることが求められており、休養を上手く挟みながらトレーニングを行います。

そして、昔よりもマッサージやストレッチなどを取り入れる人は多くなりました。

そのため現在は、運動中に水分補給を禁止していたような時代よりも、膝痛を予防することができています。

しかし、身体のケアをしっかりと行っていても、膝を酷使し過ぎてしまう場合があり、膝を痛めてしまう人はいます。

膝のスポーツ障害を起こしやすくする原因

膝のスポーツ障害が起こりやすくなる原因は、筋肉に疲労が蓄積し過ぎること・休養が足りないこと・栄養が不足していること・トレーニング前後の体操やストレッチが不十分なこと・フォームが悪いこと・膝に負担がかかりやすい練習環境などが挙げられます。

疲労の蓄積と休養が足りないことと栄養不足

膝は膝周辺の筋肉に支えられているため、その筋肉に疲労が蓄積し過ぎると、膝にかかる負荷に膝が耐えることができず膝を痛めてしまいます。

そのようなことから、運動不足で膝周辺の筋力が弱いことも膝痛の原因になります。

そして、疲労が蓄積し過ぎてしまう原因になっているのが、適切な休養をとらないことです。

トレーニングによって壊れた筋肉を回復するには休養、もしくは積極的休養が必要になります。

積極的休養というのは、完全に休まないで身体を軽く動かすだけの運動になります。

休養や積極的休養をとらないでハードなトレーニングを続けていくと疲労はどんどん蓄積されていき、膝を痛めるなどの怪我をする確率は高くなります。

そのため、休養を忘れたトレーニングを行わないことが大切になります。

そして、身体を回復させるには休養だけでなく栄養も必要になります。

身体は食べ物の栄養から作られるので、栄養バランスを考え、1日3食しっかりと食べることが大切です。

そのようにすることで、身体を効率的に回復させ、膝の痛みなどの怪我を予防することが可能となります。

トレーニング前後の体操やストレッチが不十分

トレーニング前後の体操やストレッチも大切で、それが不十分だと怪我に繋がってしまことあります。

トレーニング前の体操やストレッチは身体を動きやすくするのと怪我を予防するのが目的なため、それらが不十分だと筋肉や関節が十分にほぐれていないので怪我をする恐れがあります。

そして、トレーニング後の体操やストレッチは主に回復を促すために行うため、それが不十分だと疲労が蓄積しやすくなり怪我へと繋がってしまう場合があります。

そのようなことから、トレーニング前後の体操やストレッチをしっかり行うことは大切になります。

フォームが悪いこと

フォームが悪いということは身体の使い方が悪いということにもなるため、筋肉や関節に余計な負担がかかってしまいます。

そのような余計な負担が筋肉や関節などにかかり続けると、膝や肘などの関節や筋肉を痛めてしまいます。

そのため、フォームを改善させる必要がありますが、悪いフォームと個性的なフォームというのは違ってきます。

個性的なフォームでも、筋肉や関節に変な負荷がかかっていなく、能力を十分に発揮できていれば悪いフォームとは言えないので、そのフォームは直す必要はありません。

スポーツ障害は練習環境も影響する

練習環境が影響してスポーツ障害を起こしてしまうこともあります。

そのことを分かりやすくランニングに例えると、練習場所が硬いアスファルトの上だと脚にかかる負担は大きくなります。

それは、ランニングでの着地の際、脚に伝わる衝撃が大きくなるためです。

そのため、ランニングは比較的柔らかい土や芝生の上などで行ったほうが脚には優しく、怪我をする確率が少なくなります。

また、ランニングをする場所だけでなく、履くシューズの種類も大切になります。

ランニングシューズには様々な種類がありますが、なるべくソールの厚いシューズを履くことをおすすめします。

それは、ソールが厚いほうがクッション性が高い傾向にあるため、脚に伝わる衝撃は少なくなるからです。

特に、走る場所がロードのようなアスファルトの上しかない方は、ソールが厚いクッション性の高いシューズを履きましょう。

まとめ

スポーツによる膝痛を中心に解説してきましたが、いかがでしたか?

スポーツ障害は予防することができるので、ある程度防ぐことが可能となりますが、スポーツ外傷は突発的な怪我でアクシデントが絡んでくる場合もあるため、防ぐのは難しいと言えます。

もしスポーツ外傷が起きてしまったら、速やかに適した処置を行い、専門の医療機関に行きましょう。

また、スポーツ障害でも速やかに処置をすることが大切になり、症状次第では専門の医療機関に行く必要があります。

それは、治りをできるだけ早くするためです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ