腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ソファで寝転がる際に腰痛にならない為のポイント4つ

   

ソファで寝転がると、腰痛になると言われることが多いです。

実際確かに、ソファの上でしばらく横になっていると、腰痛になる事もあります。

でも、ソファの上では横になりたいという方が多いのではないでしょうか?

だから、それには対策していくべきだと言えます。

そこでここでは、ソファで横になる際に腰痛にならない為のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

ずっと同じ向きでいないようにする

ソファで寝転がる際に腰痛にならないようにするためには、ずっと同じ向きで寝ないようにするという事が大切になります。

そもそもソファで横になっていると、腰は滑り台のような方になっていることでしょう。

すごく大きいソファであれば、その角度はやや緩くはなるでしょうが、結果クッションを枕にしたりもするでしょうから、多少なりともカーブしていきます。

本来腰から背骨にかけてはカーブしているものではありますが、それはあくまでも、前後ろで見たカーブになります。

でもここで言うカーブは、横向きのカーブになります。

その横向きのカーブは、腰の負担になるのです。

そんな負担となるような負荷が、ずっと同じところにかかっていたらどうでしょうか?

それは間違いなく、腰痛の原因となるでしょう。

でも逆に考えれば、ずっと同じところにその負荷が無かったら、腰痛にもなりづらくなるという事でもあります。

なので、身体の向きをちょくちょく変えるようにすれば、ソファの上で横になっていても、腰痛になりづらくなると言えるでしょう。

完全に寝ないようにすることが大切

そうしてソファの上でちょくちょく向きを変える為には、完全に寝ないようにすることが大切になります。

もし完全に寝てしまっていたら、当然ながら向きを変えることは出来なくなります。

しかも寝ているわけなのですから、長時間その姿勢のままになる可能性は高いです。

ソファの上は、決して広くはないことが多いでしょうから、寝返りをすることもできません。

なので、身体の向きは、寝てしまうともう起きるまでは変えられなくなるのです。

そうなれば当然、腰のあたりにはすごく負担がかかるようになり、腰痛がひどくなってしまうこともあります。

だから、ソファの上で横になっていて、そのまま寝てしまうというのは避けないとならないのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

身体を丸めるのが効果的

ソファの上で寝転がるのであれば、身体を丸めるのがおすすめになります。

身体を丸めるというのは、猫が寝る際の姿勢のようなものです。

一見すると、そうして身体を丸めると、猫背の様になるので、逆に腰に負担がかかりそうに思えるものです。

でも実はそんなことはないのです。

そうして身体を丸めることは、腰のストレッチになるのです。

だから身体を丸めでソファの上で横になると、腰をほぐしながら、ソファの上でだらだらデキることになります。

それは、ソファの上で横になっていると腰痛になってしまうという方にとっては、すごく効果的なのではないでしょうか?

長時間その姿勢はダメ

ただこれも、長時間この姿勢でいるのはダメだと言えます。

長時間この姿勢でいると、腰がその状態で固まってしまいます。

そうなったらやはり次に腰を動かした際に、すごく腰に痛みを感じるでしょう。

また、その姿勢がクセになったら、そのまま猫背のようになってしまう事もあります。

猫背になると、立って歩いている際などに、腰に体重の重さがすごくかかるようになってしまいます。

そうして腰に体重の重さがすごくかかるようになると、当然その分だけ腰痛にもなりやすくなります。

だから、その姿勢で長時間過ごしてしまうことは、二つの理由で腰痛を引き起こしてしまうと言えるのです。

それはまず避けないとならないので、ある程度この姿勢で横になったら、普通の姿勢で座り、そしてまたこの姿勢を今度は向きを逆にしてとるなど、工夫して過ごすようにすると良いでしょう。

そうすれば、多少腰痛は防げるようになるはずです。

仰向けで腰の下にクッションをいれる

ソファの上で横になる際には、仰向きで寝るのもおすすめです。

でも普通に仰向けで寝ようとすると、そのまま寝てしまうこともあるでしょう。

仰向けでソファに寝てしまっても、やはり横向きで寝る時と同じように寝返りができなくて、身体が痛くなる可能性がきわめて高いです。

だから、寝ないようにしないとなりません。

でも仰向けと言うのは寝やすい姿勢でもありますから、ついつい寝てしまう事もあるかもしれません。

では、どうすれば寝ないように出来るでしょうか?

そんな時におすすめなのが、仰向けで寝て、腰の下にクッションを入れるという方法です。

ソファではクッションを使う方も多いでしょう。

そのクッションを、仰向けで寝ている腰の下に入れるようにすればよいのです。

そうすると、体勢的にはちょっときつくなるので、そのまま寝てしまうという事はなくなるでしょう。

そしてそれは、腰を伸ばすことにも繋がります。

いうなれば、腰を思いっきり背中の方に反るようなポーズと似た形になりますから、そちら側に腰をストレッチさせてあげられるのです。

だから、腰も楽になるでしょう。

腰の下にクッションを入れて寝転がるというのは、2重の意味で優れた姿勢になるのです。

膝はまげて仰向けになるのが吉

そうして仰向けで寝て、腰の下にクッションを入れる際には、膝は立てておくのが吉だと言えます。

まず、そもそもそうしないとソファの上だと仰向けで横になれないという方もたくさんいるでしょう。

やはりソファを使用している方で多いのは、二人掛けのソファになるでしょう。

しかし二人掛けのソファは、実際問題そこまで大きくありません。

だから、そこの上に仰向けで寝転がるには、膝を立てないとならないことが多いです。

また、膝を立てると、腰はやや丸まります。

その状態で腰の下にクッションを入れると、より腰は反るようになるでしょう。

だから、よりしっかりとストレッチすることが出来るようになるのです。

そういうこともあって、膝を立てて腰の下にクッションを入れるのがおすすめになります。

柔らかいソファでは寝転がらない

また、そもそも柔らかいソファでは横にならないようにするというのも、ソファの上で横になる際に腰痛にならない為のポイントの一つだと言えるでしょう。

ソファは、やわらかいものもすごくたくさんあります。

でも柔らかいソファで寝転がっていると、その柔らかさによって腰がしずんでしまい、腰のあたりにすごく体重の負荷が掛かるようになってしまいます。

そうしてすごく体重の負荷が掛かるようになってしまうと、たとえ短い時間であっても、それが腰痛を引き起こしてしまうことが出てきます。

だから、やわらかいソファでは寝転がるのは避けるべきなのです。

どうしてもしたい場合は固いものを上に敷く

では、もしどうしても柔らかいソファで横になりたいと思ったらどうしたらよいでしょうか?

その時には、ソファの上に、なんらかの固いものを敷くのが良いでしょう。

そうすれば腰の辺りだけがしずんでしまうという事はなくなります。

たとえばマットレス使うような敷きパッドを駆使して、固さを出していきましょう。

まとめ

ソファの上で寝転がる際に腰痛にならないようにするためには、こうしたことを意識していると良いでしょう。

ソファの上でリラックス出来ないというのは残念ですから、横になることをとめることは出来ません。

でも、そのまま何も意識しないで横になるときっと腰痛になるのでそれもおすすめできません。

だからこそ、これらのポイントを是非意識していってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ