腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ソファは買い替えられない?柔らかいソファでも腰痛にならない為の対策方法

   

カーペット北欧スタイル パーラー/ソファ/ティーテーブル/ベッドルーム用 洗える絨毯

柔らかいソファで座っていると、腰痛になってしまう事があります。

だから、もしそうなったらソファを買い替えるのが一番早いのですが、ソファはそれなりに高額なモノになります。

だから、簡単に買い替えることが出来ないという事もあるでしょう。

そこでここでは、やわらかいソファでも腰痛にならない為の対策方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

適度に筋肉をつけるようにする

柔らかいソファで腰痛にならないようにするためには、適度に筋肉を付ける事が大切です。

腰痛の原因は、色々ありますが、筋肉が無くてあまり腰を支えることが出来ないから腰痛になってしまっているという事もあります。

でもそれならば、腰やお腹の辺りにしっかりと筋肉をつけて、筋肉で腰を支える事が出来るようになれば、その分だけ腰痛になりづらくなるという事になります。

それは、柔らかいソファに座る際にも同じことだと言えるでしょう。

柔らかいソファに座っていると、腰はしっかりと沈んでしまい、より体重の負荷を受けやすくなってしまいます。

でも、そうして強くうける体重の負荷にも耐えられる位の筋肉がついていたらどうなるでしょうか?

そうすれば別に、多少体重の負荷が強くかかったとしても、別に問題なく、腰痛になることなく過ごせる可能性が高いと言えるでしょう。

だから、柔らかいソファを買い替えることができない方は、まずは筋肉を付ける事をおすすめします。

そうすれば、柔らかいソファに座る際以外にも、様々なシーンでの腰痛を防ぐことが出来るでしょうから。

筋肉はどうやってつけるか

でも、筋肉はどのようにしてつければ良いでしょうか?

何か特殊な筋力トレーニングが必要なのでしょうか?

実は別にそうした特殊なトレーニングは必要ありません。

ごくごく一般的な腹筋や背筋、あるいはプランクと呼ばれる体幹トレーニングをしていれば、それで問題ありません。

腹筋や背筋は別段説明しなくても分かるでしょうが、プランクは分からない方もいるでしょう。

そんな方の為に説明しておくと、プランクというのは、腕立て伏せの姿勢から、肘を下して、つま先と肘から先の腕だけ地面につくようにして、その姿勢のまま、身体を真っ直ぐに保ちつつ、30秒とか1分とか、人によっては3分とか耐えるようなトレーニングになります。

これをしていれば、腹筋も背筋もバランスよく鍛える事が出来るので、時間が無くても、腰痛予防のトレーニングが出来るでしょう。

なので、すごくおすすめのトレーニングになります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

ちょくちょく座る位置を変える

柔らかいソファで腰痛にならないようにするためには、ちょくちょく座る位置を変えるのがおすすめです。

ちょくちょく座る位置を変えていけば、やわらかいソファであっても、お尻がしずみすぎることが無くなります。

そうなれば当然、腰に必要以上に負担がかかる事もなくなるのです。

だからその分腰痛になりづらくなると言えるでしょう。

柔らかいソファは、座っているとドンドンその座っているところが凹んできます。

なのでそこにずっといるとお尻が沈みすぎてしまうようになりますが、逆にそこが凹むという事は、他のところにちょっとソファの中身が密集したりもするのです。

そうしてソファの中身が密集していけば、当然他のところは少しだけ沈みづらくなるでしょう。

だから、ちょくちょく座る位置を変えると、良い腰痛対策になると言えるのです。

移動で腰を動かせるのも良い

また、そうして座る位置をちょくちょく変える際には、立って移動することになるでしょう。

立って移動するとなると、腰を一度がっつり動かすことになります。

腰痛の原因として、ずっと腰が同じ姿勢になってしまっているからと言うこともあります。

ずっと同じ姿勢であると、筋肉がどんどん固まってきてしまい、それが腰痛を引き起こすのです。

でも、立ち上がるという事は、その固まりかけた筋肉を解放してあげられることになります。

そんな風に筋肉を解放してあげることができれば、その分腰痛になりづらくなります。

そういう意味でも、この方法は効果的だと言えるでしょう。

ソファの上にたくさんクッションを敷く

柔らかいソファを買い替える事ができなくても、柔らかいソファの、お尻がしずみすぎてしまうという弱点をカバーする方法はあります。

それが、ソファの上にたくさんクッションを敷くという方法です。

ソファの上にたくさんクッションを敷くと、その下のソファが、柔らかいせいでたくさん沈んでしまったとしても、クッションの分背を与えることが出来るので、結果お尻がたくさん沈んでしまうということはなくなります。

そうしてお尻がたくさん沈んでしまうことがなくなれば、必要以上に腰のあたりが体重の負荷を受けることが無くなります。

だから、腰痛になりづらくなると言えるのです。

もちろん敷くクッションは、それがある程度高さがあり、固さがあるものなのであれば、一つでも問題はありません。

でも、そういうクッションは、わざわざかわないと無いでしょう。

わざわざその為のクッションを買うというのも、いささか勿体ない気もします。

ある程度の数のクッションがあれば、それで十分代用できますから、基本的にはそれがおすすめです。

もしそもそも家にあまりクッションがないというのであれば、そういう高さがあって、固さがあるクッションを買うのもアリではありますが。

形には注意が必要

そこで使うクッションは、形については注意が必要になります。

たとえば、星形や、あるいはちょっとしたぬいぐるみのようなクッションで、シンプルなかたちではない形になっている場合、それをお尻の下に敷くことで、バランスが崩れてしまう可能性が出てきます。

バランスが崩れてしまうと、体重の負荷が変な風に腰にかかってくる可能性も出てきます。

まっすぐかかってくる体重の負荷は支えることができても、変な風にかかってくる体重の負荷は、支えきれない事も多いです。

だから、結果それが原因で腰痛になってしまうことがあります。

そぅならない為には、クッションの形はなるべくオーソドックスな物を使うのがベターでしょう。

座らず横になるようにする

柔らかいソファで腰痛にならないようにするためには、そもそも座らないで横になるようにするという方法もアリです。

座るから、腰のあたりがしずんでしまい、そこに体重の負荷が強くかかってしまうのであって、たとえば横向きで寝ていたら、腰だけではなく、膝のあたりや、あるいは肘をついているあたりにもたくさん体重がかかるようになります。

だから、やわらかいソファでも比較的に腰痛にはなりづらくなると言えるでしょう。

向きは頻繁に変える必要がある

ただ横向きでも、向きは頻繁に変える必要があります。

ずっと同じ向きのままでいたら、結果腰の筋肉が凝り固まってしまい、腰痛が引き起こされてしまう可能性が出てきます。

それは避けないとならないので、向きは頻繁に変えましょう。

向きを頻繁に変えれば、座り位置を変える時同様に、腰をほぐせるので、腰痛リスクはグンと減ります。

まとめ

柔らかいソファでも腰痛を引き起こさせないためには、是非これらの事を参考にしてみてください。

ソファを買い替えるのはお金もかかり勿体ないですから、こうして工夫で対抗出来るのが一番に決まっています。

なのでぜひ、これらの事を参考に、対抗していってください。

そして、やわらかいソファでも気持ちよく使っていってあげてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ