腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ソファベッドしか置けない!ソファベッドでの腰痛を防ぐために出来る対策とは

      2017/09/08

ソファベッドは、スペースを上手く削減できる、すごく頼りになるアイテムだと言えます。

でも、やはりその上で寝ていると腰痛になってしまう事があります。

腰痛に耐えながら寝るのは辛いですが、ベッドを置くだけのスペースもない。

そんな時には工夫して対処していくしかありません。

そこでここでは、ソファベッドでの腰痛を防ぐために出来る対策を紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

上にパッドを敷くようにする

たとえばマットレスでは、上にパッドを敷いて寝る人も多いでしょう。

それは、何もパッドを敷いているとマットレスの汚れを防止できるからと言うだけの話ではありません。

確かにマットレスの上に敷パッドを敷いていれば、その分だけ汚れを防ぐことも出来ます。

でもそれ以外にもたとえば、質感を改善してくれたりする効果があるものもあるのです。

つまり、マットレスの質感が固い時には、そこに柔らかさを加えたり、あるいは逆にマットレスが柔らかい場合には、固さを加えたり出来るものもあるのです。

そういうものを使用していれば、当然ながらその分だけ寝心地は向上していくと言えるでしょう。

そうして寝心地が向上していけば、より腰への負担は減っていくはずです。

そしてそれは、ソファベッドにおいても同じことです。

固すぎるとか柔らかすぎるとかいう、腰の負担になりえる難点は、上にパッドを敷くことで解決することもあるのです。

なので、一度パッドを試してみる事をおすすめします。

パッドがあるとスイッチにもなる

もしパッドがあれば、それがソファとベッドを切り替えるスイッチにもなります。

ソファベッドは、それひとつでソファとベッドをこなすわけですから、睡眠モードに頭を切り替えるのが意外と難しかったりします。

でも、パッドがあれば、それを敷くことで寝具感が高まり、よりしっかりと睡眠モードに頭を切り替えていくことが出来るようになるでしょう。

そうして頭を切り替えることが出来るようになると、しっかりと上質な睡眠にはいれるようになる可能性も高くなります。

上質な睡眠がとれれば、それは身体の不調の改善につながります。

なのでそれもある意味では大切な腰痛対策だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

なるべく大きいソファベッドを使う

ソファベッドで腰痛にならない為の対策方法として、なるべく大きいソファベッドを使うという方法もあります。

あまり小さいソファベッドを使用していると、どうしてもその上で寝返りをしたりするのは難しくなります。

寝返りをするのが難しくなれば、当然ながら身体の筋肉はドンドン縮こまっていきます。

筋肉が縮こまっていくと、そのせいで血流が悪くなっていき、いずれそれが痛みを引き起こしていきます。

そうして腰痛がドンドン悪化していくのです。

そうならないようにするためには、ソファベッドを利用しているのに、寝返りがきちんとできるという状態を作り出すしかありません。

では、どうすればそんな状態が作り出せるでしょうか?

その状態を作り出すために出来ることはやはり、なるべく大きいソファベッドを使うということでしょう。

ソファベッドには、小さいものもあればある程度大きいものもあります。

なので、手が出せる範囲で大きいものを利用すると良いでしょう。

2つで1つだからある程度大きくてもいけるはず

これが、ソファとベッドが別の場合は話が別ですが、ソファベッドと言う、2つで1つのものなのですから、ある程度大きいサイズのものであっても入れることは出来るでしょう。

だから、大きいサイズを選ぶことのデメリットはないと言えます。

ソファとしても、大きい方が腰痛にはなりづらいと言えるでしょう。

大きいサイズのソファであれば、その上で色々な体勢に姿勢を変える事が出来ます。

なので、ソファの上に座っていて筋肉が凝り固まるという事もなくなるのです。

こんな風に特にデメリットがないのですから、腰痛持ちの人が使うソファベッドは大きいモノに限ります。

座面の髙めのソファベッドに変える

ソファベッドを変えるということで言えば、大きいモノにかえる以外にも、なるべく座面の高いモノに変えるということも挙げられます。

ソファベッドの座面は、あまり高くない事が多いです。

でも、座面が低いと、ソファとしてそれに座っている時にすごく腰に負担になるのです。

体重の多くが腰に掛かってしまう

座面が低いと、体重の多くが腰に掛かってしまうようになるのです。

座面が低いということは、腰の位置が低いということです。

腰はそもそも体重の多くがかかるところなのに、そうしてそれが座っている状態で低いところに来てしまうと、より重さがいってしまうのです。

そうして体重の多くが腰に掛かってしまうようになると、当然ながら腰は次第に痛みを感じるようになります。

だからそれが原因で腰痛になることがあるのです。

ベッドの状態だけが原因なわけではない

ソファベッドを使用していて腰痛になると、どうしてもベッドの状態の時が悪いように思ってしまうものです。

でも、必ずしもベッドの状態の時が悪いとは言えないのです。

このように、ソファの状態の時のせいで腰に負担がかかっていて、それが寝ている間に爆発してくるという事もあるのです。

だから、こうして座面の高さを変えて、すこしでも座っている状態の時に腰に掛かかる負担を無くしてあげるということも、腰痛持ちの人がソファベッドを使う際には大切なことだと言えます。

上に布団を敷くのもアリ

ソファベッドを使用していて腰が痛くなる時には、ソファベッドの上に布団を敷くという対策もアリだと言えます。

ソファベッドを使用して腰が痛くなる時、パッドでは対抗できない問題もあります。

たとえばそのソファベッドが3つ折りだったりすると、その折り目が寝ている時に気になったりすることがあるのです。

そのせいでうまく寝返りができなくなる事もあるでしょう。

寝返りができなくなれば、腰痛になります。

なので、それに対してもきちんと対策していかないとなりません。

では、どうすればそういう折り目に対して対抗していけるでしょう?

それは、基本的には深い折り目になりますから、やはりパッドでは対応しきれません。

なので、それに有効なのは、ソファベッドの上に布団や、あるいはマットレスを敷くという方法です。

折り目や凸凹などは感じなくなる

それをソファベッドの上に敷くことで、最低限折り目や凸凹などは感じなくなるでしょう。

そうすれば当然その分だけ寝返りなどはしやすくなり、腰痛が楽になる可能性も高くなります。

また、フローリングに直にマットレスや敷き布団を敷くことに比べると、下の弾力性もはるかにあるので、下が固くても身体が痛くなるという事もまずありません。

片づけるのがすごく面倒になるというデメリットはありますが、その位のデメリットは、腰が痛くなってしまうということに比べたらましなのではないでしょうか?

なので、ソファベッドで寝ていて腰が痛くなってしまうという方には、そのソファベッドの上に布団やマットレスを敷いて寝るというのもおすすめできます。

まとめ

ソファベッドで腰痛になってしまう人が出来る対策は、意外とこんな風に色々あります。

もちろんこれらの事意外にも何か自分で対策を思いついたらソレをどんどん試していくべきでしょう。

人の体は本当にそれぞれですから、意外な事が効果に繋がったりすることもあります。

なので是非、これらを参考にしつついろいろ試してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ