腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルのマットレスはコスパが良いのか?それとも悪いのか?

   

haplife ベッドシーツ 寝ござ むしろ 真夏に対応 涼しい 涼感 3点セット 枕カバー付き 折り畳み式 海風貝殻 3dジャカ一ド 厚くする夏用 通気 防カビ 防ダニ 汗取り快眠 滑り止め (ダブル)

ダブルサイズのマットレスは、それなりの値段になることが多いです。

そうしてそれなりの値段になるのであれば、やはり気になるのはその値段をかけるだけの価値があるのかと言う点です。

つまり、コスパが良いのか、悪いのかと言う点です。

実際、ダブルサイズのマットレスのコスパはどんなものなのでしょうか?

ここではそれについてみていきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

ダブルサイズも実は二人では狭い

ダブルサイズのマットレスは、2人で寝ることが多いでしょう。

2人で寝るのにちょうど良いからダブルサイズと言うネーミングになっているのだと思っている方も多いでしょう。

しかし実は、ダブルサイズのマットレスは2人で寝るには狭いと言えるのです。

なぜなら、ダブルサイズのマットレスは、横幅が140センチしかないからです。

横幅が140センチとなると、1人70センチしか使えません。

人の肩幅でいうと寝ている時の横幅はだいたい50センチ前後になるでしょう。

ということはつまり、寝ている時には左右に10センチずつしかあかないとなるのです。

それはやはりすごく狭いです。

寝返りなどはまずできないでしょう。

1人では広すぎる

では、1人で寝るにはどうでしょうか?

残念ながらダブルサイズのマットレスは1人で寝るには広すぎると言えます。

先述の通り、1人の横幅が50センチ程度だとすると、左右に50センチ近くずつあくことになります。

それだけ広いと、やはりあまり落ち着かないという方が多いのではないでしょうか?

もちろん、広ければ広い方が気持ちよく寝ることが出来るという方もいるかもしれませんが、多くの場合で、それだけ広いと広すぎる事が多いです。

サイズ感的にはコスパは悪い

つまり、2人で寝るには狭すぎるし、1人で寝るには無駄に広いということになるので、いずれにしてもサイズ感的にはコスパがあまり良くないと言えるでしょう。

狭すぎるのに高いお金を払うわけですから、それはコスパが悪いと言えますし、必要もなく、かつあまり気持ちよくもなれないのにお金を払うわけですから、それもあまりコスパが良いとは言えません。

ダブルサイズのマットレスは、サイズ感だけで見たらコスパが悪いアイテムだと言えるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

インテリアとしてのコスパは良い

サイズ感のコスパはいまいちだと言えるダブルサイズのマットレスですが、インテリアとしてのコスパはなかなか良いと言えるでしょう。

ダブルサイズのマットレスは、だいたい5万円前後で買えることが多いです。

つまりダブルサイズのマットレスは、5万前後の家具になるのです。

そんな5万円前後の家具は、他に何があるでしょうか?

たとえばソファなどになるでしょう。

ソファは、高いものであれば10万20万するものもありますが、一般的なものであれば、大体5万円前後で買えることが多いのではないでしょうか?

でもソファはソファにしか使えません。

しかし、ダブルサイズのマットレスは、ベッドにもなれば、そこでくつろげる、くつろぎ空間にもなるのです。

くつろぐにはちょうど良いサイズ感

その上で寝るのであれば、2人同時に使用するでしょうからやや狭くはなりますが、くつろぐ際にはそこは1人で使用することも多いでしょう。

また、仮に2人で使用するとしても、その際にはある程度密着して使用するでしょうから、意外と狭く感じず、気持ちよくリラックスできるものなのです。

そうしてそこをリラックス空間にすることができるのですから、もはやソファはいらないと言えます。

ということは、それには実はソファ分の価値があるということになるでしょう。

だいたい同価格帯の家具一つ分の価値があるのですから、インテリア的にみるとダブルサイズのマットレスのコスパはよいと言えます。

脚付きマットレスだとさらにコスパがよく

ダブルサイズのマットレスのコスパは、ベッドフレームに左右されるところもあります。

当然ながらマットレスには、それを置くベッドフレームが必要になります。

そしてそれを置くベッドフレームは、えてして高いものです。

そうしてベッドフレームにお金をかけていたら、ベッドとしてのコスパがますます悪くなるだけではなく、インテリアとしてすらもコスパが良いと言えなくなってしまう可能性が出てきます。

それはすごく勿体ないです。

だから、出来ればダブルサイズのマットレスでは、フレームにお金をかけないのがおすすめです。

では、どうすればフレームにお金をかけずに、コスパの良いマットレスとして使えるでしょうか?

それは、脚付きマットレスを選ぶことです。

脚付けならば安く買える

脚付きのマットレスであれば、マットレスに直接足がついているだけなので、ほぼほぼマットレスと同じ値段で買える事もあります。

ということは、シングルサイズのマットレスにベッドフレームを買う時よりも安く買えるようになったりすることもあるでしょう。

そうなればそれは間違いなくコスパが良いと言えるでしょう。

是非、ダブルサイズのマットレスを買う時には脚付きのマットレスを狙ってみてください。

脚付きマットレスなんて、シングルサイズしかないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、実はダブルサイズにも数多くの脚付きマットレスがあります。

なので、選択肢は意外と豊富にあります。

耐久性のコスパは悪い

ダブルサイズのマットレスは、耐久性と言う面で見るとコスパはあまり良くないと言えるでしょう。

なぜなら、ダブルサイズのマットレスまでは、一枚のマットレスで出来ていることが多いからです。

それ以上のサイズであれば、2枚のマットレスをつなぎあわせてできていることが多いのです。

ということはつまり、一つのマットレスが壊れたりしても、連動してもう一つが壊れるという事が無いということになります。

さらにいえば、重さもそれぞれ別にかかると言えるのです。

ダブルサイズのマットレスの場合は、全て繋がっているので、一枚で2人分支えることになります。

そうなるとやはり負荷も大きくなるので、耐久性には不安が生じてきます。

しかし1枚ずつのマットレスで1人ずつを支えるというそれ以上大きいサイズのマットレスであれば、1枚に1人分の負荷しかかからないので、その分マットレスがうけるダメージが少なくなります。

ということはつまり、それだけ耐久性に期待が持てるということになります。

お金の差はあまりない

では、ダブルサイズのマットレスと、それ以上大きいサイズのマットレスのお金の差はどの程度になるのでしょうか?

たしかにダブルサイズのマットレスよりは当然それ以上大きいサイズのマットレスの方が高いです。

でもその差は、それほどではありません。

耐久性や、寝返りのしやすさなどを考えると、それ以上大きいサイズのマットレスの方がコスパは良いと言えるでしょう。

なので結論、ダブルサイズのマットレスは、基本的にはあまりコスパは良くないと考えた方が良いでしょう。

もちろんコスパだけが大切なわけではありませんから、コスパがあまり良くないから悪いわけではありませんが、コスパはあまり良くないのは事実です。

まとめ

ダブルサイズのマットレスのコスパは、ベッドとしてはあまり良くはありませんでした。

なので、コスパを最重要視してマットレスを選ぶのであれば、ダブルサイズのマットレス以外を選んだ方が良いでしょう。

そうではなく二人の距離感や、インテリアとしてのバランスの良さをメインで選ぶのであれば、ダブルサイズのマットレスも十分おすすめできます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団