腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルサイズの『高反発マットレス(130N・160N)』を紹介!

   

ottostyle.jp 高反発マットレス 10cm ダブル 硬さ130ニュートン/ややかため (高密度ウレタンフォーム使用) ブラウン 【体圧分散】【快適睡眠】

マットレスには、寝返りがうちやすい高反発になっているものがあって、その中には肌触りが良くて硬さを選べるダブルサイズの『高反発マットレス(130N・160N)』があるのです。

寝返りがうちづらくて身体が痛くなってしまう方には興味深いマットレスだと思うので、高反発マットレス(130N・160N)について詳しく紹介しましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

高反発マットレス(130N・160N)の魅力

高反発マットレス(130N・160N)には、魅力的なポイントが3つあるので、どのような所が魅力的なのか紹介するので見ていきましょう。

2種類の硬さ

高反発マットレス(130N・160N)の商品名にある『130N』と『160N』とは硬さの種類を表すもので、130Nが少し固めで、160Nが硬めのサイズになります。

130Nのほうが160Nより柔らかめのマットレスになっているので、柔らかいマットレスを選び方は130Nのほうを選んだほうが良いでしょう。

そして硬めのマットレスが欲しい方であれば160Nのほうを選んだほうが良いです。

ただしマットレスの硬めに関しては個人差があるので、130Nを利用しても硬く感じる可能性もあるので、注意して下さい。

2種類のウレタンフォーム

高反発マットレス(130N・160N)には、2種類のウレタンフォームが用意されていて『フラットタイプ』と『プロファイルタイプ』があります。

フラットタイプは名前の通りでフラットな形をしているので『面』で身体を支えてくれます。

そのため、しっかりと身体が安定するので寝心地がよく感じられるでしょう。

それにひきかえ、プロファイルタイプの表面は凹凸があって『点』で身体を支えてくれるのです。

点で身体を支える事によって、体圧が分散されやすいので、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方にはおすすめのタイプです。

ただしフラットタイプは130Nと160Nが用意されていますが、プロファイルタイプは160Nしか用意されていないので注意して下さい。

マットレスのカバー

高反発マットレス(130N・160N)のカバーは、肌触りがいいパイル生地を使用しているので、暑い夏場の季節に薄着になっていても寝心地が悪く感じる事はないでしょう。

そのためオールシーズンで利用しやすいカバーになっているので、季節によってカバーを取り替える必要がありません。

ただし定期的に選択をしなければ、ダニが繁殖する可能性があるので注意する必要はあります。

洗濯しなければいけないと聞いたら、面倒に感じるかもしれませんが、高反発マットレス(130N・160N)のカバーはファスナーで着脱できるので、容易に洗濯できます(マットレス本体は洗濯できません)。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

反発力で選ぶ基準

日本で販売されているマットレスには、高反発なものもあれば、低反発なものもあります。

しかし、どちらのマットレスが、自分の身体に合うのか分からない方は多いでしょう。

そこで、低反発と高反発のマットレスのメリットやデメリットについて紹介するので、確認してみて下さい。

低反発マットレス

低反発なマットレスは、体圧を分散しやすくなっているので、腰痛に悩んでいる方にはおすすめのタイプです。

ただし身体を支える力が弱くなっているので、身体が沈み込んでしまうというデメリットがあるのです。

身体が沈み込んだら、マットレスに包み込まれるような感触を体験できるので、低反発なマットレスを好む方は多くいます。

しかし身体が沈み込んだら、寝返りがうちづらくなるので、背中や腰などに負担をかけつづけてしまうので注意する必要はあります。

高反発マットレス

高反発なマットレスは、反発力が強いのでマットレス表面で身体が、あまり沈み込みません。

そのため寝返りをうちやすいのですが、体圧を分散しづらい商品が多いのです。

そのため高反発マットレス(130N・160N)は、反発力が強いので体圧を分散できないはずです。

そこで体圧を分散しやすいプロファイルタイプを用意している事によって、体圧を分散しやすい上に、寝返りをうちやすくなっているのです。

そのため高反発マットレス(130N・160N)のプロファイルタイプは、低反発と高反発の長所を取り入れたマットレスと言えるのです。

高反発マットレス(130N・160N)の製品情報

高反発マットレス(130N・160N)の魅力を分かってもらえた所で、次に製品情報について紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

手頃な値段

硬さや形状などを選べる高反発マットレスなので、高額な値段ではないだろうかと心配してしまう方はいるでしょう。

しかしダブルサイズの高反発マットレス(130N・160N)は、楽天市場で税別価格6600円(2017年7月時点)で販売されています。

手頃な値段になっているので、多くの方が気軽に購入する事ができるでしょう。

商品の品質

赤ちゃんがいるご家庭では、同じマットレスで赤ちゃんと一緒に寝たくなる方は多いでしょう。

そこで心配になるのが「赤ちゃんの肌がマットレスのカバーに当たっても大丈夫だろうか」という所でしょう。

そこで、高反発マットレス(130N・160N)を開発したメーカーは、赤ちゃんの肌に刺激をあまり加えないように、ホルムアルデヒドを低い数値の状態で作られています(ホルムアルデヒドはアレルギー性皮膚炎を起こす可能性があるものです)。

ただし確実に安全という訳ではないので、赤ちゃんと一緒に寝てみて、肌に異常が見られた場合には使用をすぐに中止したほうがいいでしょう。

使用方法

高反発マットレス(130N・160N)を注文したら、ロール状に丸めて圧縮包装されて送られてくるので、最初は平らな状態ではありません。

しかし平らな状態で数日放置していたら、折り目もなくなって平らなマットレスになるので、それほど心配する必要はありません。

ただし使用する環境によって、折り目がなくなるまで1週間程度はかかる場合もあるので、気を付けて下さい。

高反発マットレス(130N・160N)の口コミ

高反発マットレス(130N・160N)は魅力的なポイントが多いマットレスですが、利用者たちの中には、満足している方もいれば不満を抱いている方もいました。

そこで、利用者たちの口コミを紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

高反発マットレス(130N・160N)を購入した方で、最初に使用している時は問題がなかったのですが、使用を続けていたら、マットレスの中央部分が凹み始めたのです。

メンテナンスや利用している方の体重によって、結果は変わる可能性はあります。

そのため全ての方が利用したら、マットレスの中央部分が凹む訳ではありませんが、注意したほうが良いでしょう。

その他に、このマットレスを陰干しをしても匂いが取れなくて不満を抱いていた方がいたので、匂いに敏感な方も気を付けて下さい。

良い口コミ

高反発マットレス(130N・160N)の160Nのほうを利用して方が、腰にかかる負担があまりかけられていないように感じていました。

そのため体圧を分散してくれる高反発なマットレスを探している方には、高反発マットレス(130N・160N)はおすすめです。

このマットレスは、丸めて包装されるようなタイプなので、女性の方でも軽く持ち上げられて満足している方もいました。

そのため湿気対策のために、容易に壁へ立てかけられる事ができるでしょう。

まとめ

ダブルサイズの高反発マットレス(130N・160N)を利用している方たちの中には、マットレスの匂いが取れなくて不満を抱いている方がいました。

ただし、肌触りが良い上に硬さを選べる所は魅力的なポイントでしょう。

そして高反発なのに体圧を分散できるプロファイルタイプまで用意されているので、腰痛に悩んでいる方は検討してみる価値があるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団