腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルサイズのマットレスをゴミとして処分するにはどうしたらよい?

   

ダブルサイズのマットレスがゴミになったとき、まず困るのはその処分方法でしょう。

まだ問題なく使える状態であれば売るという選択肢もなくはないですが、やはり使用済みの寝具は売れづらいですし、ゴミとして処分するのが一番無難です。

そこでここでは、ダブルサイズのマットレスを処分する際の方法について見ていきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

ダブルサイズのマットレスは粗大ごみで出すのが良い

ダブルサイズのマットレスをゴミとして処分する際には、一番おすすめなのは、粗大ごみとして出すことです。

ダブルサイズのマットレスは、140センチかける200センチと言う一般的に見ればバカでかいサイズのゴミになります。

それだけのサイズのごみを捨てるとなると、やはりそれは粗大ゴミになります。

だから、ダブルサイズのマットレスをゴミとして捨てようと思ったら、粗大ごみとして捨ててくださいです。

でも、なぜそれがおすすめの方法になるのでしょうか?

粗大ごみとして捨てるということは、当然ながらお金がかかるということになります。

お金もかかりますし、事前に申し込みをしないとならないことも多く、手間もかかります。

でもそれでも、粗大ごみとして出すのがおすすめなのです。

結果一番安いから

その理由はすごくシンプルです。

そうするのが結果一番安いからだと言えます。

確かに先述の通り、粗大ごみとしてダブルサイズのマットレスを出すのにはお金もかかります。

でもそのお金は、他のどんな方法で処分するとしても、だいたいかかるのです。

そしてその処分に掛かるお金は、粗大ごみとしてダブルサイズのマットレスを処分する時よりも、はるかに高い事が多いです。

それならばやはり、一番安い方法である、粗大ごみとして出すのがおすすめになります。

だいたい300円から500円くらい

では、粗大ごみとしてダブルサイズのマットレスを処分する際には、どのくらいの値段になるのでしょうか?

粗大ごみとしてダブルサイズのマットレスを処分するのであれば、だいたい300円から500円くらいになるでしょう。

なんとなく粗大ごみとして何かを処分するのはすごく高いというイメージがあった方もいるかもしれませんが、実はこのくらいしかかからないのです。

確かに多少の手間はかかりますが、それでもこのくらいで処分できるのであれば、その手間を含めたとしても、かなり安く処分出来ると言えるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

他の業者だとどれくらいなのか?

では、そもそも他の業者でダブルサイズのマットレスを処分しようと思ったら、どれくらいのお金がかかるのでしょうか?

ダブルサイズのマットレスを処分してくれる業者といえば、やはり不用品の回収業者になるでしょう。

不用品回収業者でダブルサイズのマットレスを処分してもらおうとしたら、5000円くらいかかることがあります。

もちろんその価格設定は業者によっても違うところがあるので、一概には言えませんが、ダブルサイズのマットレスを不用品回収業者で処分するためには、だいたい平均してこのくらいかかると思っていれば良いでしょう。

髙ければ10000円くらいすることも

まれに、もっとかかって、10000万円くらいしてしまう事もあります。

ダブルサイズのマットレスというのはやはりすごく大きいですから、それくらいしてしまう事もあるのです。

それを考えると、自治体に粗大ごみとして処分してもらう事がいかに安いかがよく分かります。

不用品回収業者は、ちょちょっとネットを操作すればすぐに来てくれるという利点もありますが、それでも、これだけの費用さを埋めるほどの便利さはないと言えるでしょう。

だからダブルサイズのマットレスを処分するのであれば、粗大ごみとして処分するのがおすすめだと言えるのです。

裁断して燃えるゴミ燃えないゴミにするのもアリ

ダブルサイズのマットレスがゴミになった時には、裁断して燃えるゴミと燃えないゴミにするという方法もアリです。

マットレスが粗大ごみとなるのは、それが大きいからです。

粗大ごみと燃えないごみの境い目は、大きさにあります。

自治体によってその決まりは違いますが、だいたい1辺が30センチか、あるいは40センチを超えると粗大ごみとして認定されるようになります。

でもそれは逆に、そのサイズ感を超えなければ、燃えないゴミになるということになるのです。

燃えないごみの処分費用は、無料です。

なので、マットレスを裁断して、燃えるゴミの部分と、燃えないごみの部分に分けて捨てるようにしていけば、無料でダブルサイズのマットレスを処分することが出来るようになるのです。

手間はものすごくかかる

ただ、そうしてマットレスをいちいち裁断して処分するようにするというのは、やはりすごく手間がかかります。

これがシングルサイズのマットレスくらいであれば、なんとかそれも出来たかもしれません。

しかし、今回ゴミとなっているのはダブルサイズのマットレスのはずです。

ダブルサイズのマットレスを裁断していくとなると、やはりかなりの手間と時間がかかるでしょう。

もしかしたら、というかおそらくは、一晩では終わらないのではないでしょうか?

そうなると、家の中に裁断途中のダブルサイズのマットレスがころがっている状態でしばらく過ごさないとならなくなります。

それはやはり気持ちの良いものではないでしょう。

なので、やはりダブルサイズのマットレスの場合は、裁断して燃えるゴミと燃えないゴミに分けて捨てていくという方法も、おすすめの方法とは言えません。

それだったら素直に300円とか500円とか払って、粗大ごみとして処分してしまった方がはるかに手間もかかりませんし、その為にかけた時間の事を考えると、もはや粗大ごみとして捨てた方が経済的だったとすら考えられるのではないでしょうか?

ダブルのマットレスは売るのも難しい

ダブルサイズのマットレスは、やはりまだ使える状態だとしても、売るのは難しいです。

だから要らなくなったらごみとして捨てるのが一番無難なのです。

でも、なぜダブルサイズのマットレスは売れづらいと言えるのでしょうか?

送料がすごくかかるから

それはすごく単純な話です。

まずそもそも買取ショップではマットレスは扱っていないことが多いので、その時点はその選択肢はきえます。

となると、売る場合に残された選択肢は、ネットを利用したオークション等の個人売買になります。

でも、個人売買でダブルサイズのマットレスを売る場合、すごく大きな問題が立ちはだかるのです。

それが、送料です。

ダブルサイズのマットレスは、すごく大きいものになりますから、当然送料もかなり高くなります。

極端な話、本体が1円でしか売れない可能性もあるのです。

1円でも、送料が数千円したら、やはり買い手がつかない可能性は高くなります。

よしんば売れたとしても、発送の手続きややり取り等、手間はすごくかかります。

そんな手間や苦労をして1円を手にいれるならば、多少お金を払って粗大ごみとして処分した方がはるかに健全でしょう。

まとめ

ダブルサイズのマットレスをゴミとして処分する際の方法については以上の通りになります。

なんとなく毛嫌いする方も多い自治体への粗大ごみとしての処分ですが、いざ利用してみるとすごく頼りになるものなのです。

だから、ダブルサイズのマットレスをゴミとして処分したいと思ったら、是非粗大ごみとして処分していってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団