腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルサイズのマットレスを使う時には薄型と厚みがあるものどちらが良い?

   

(DORIS) マットレス ダブル ボンネルコイル 【圧縮ロールボンネルマットレス】 コイル数480本 厚さ16.5cm ポリエステル生地(KIC)

ダブルサイズのマットレスと一口に言っても、たとえば薄型のダブルサイズのマットレスもあれば、厚みがあるようなものもあります。

では、実際問題ダブルサイズのマットレスを買う時には、厚みがあるダブルサイズのマットレスと薄型のダブルサイズのマットレスどちらの方が良いでしょうか?

ここではそれについて見ていきたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

厚みがあるとへたりづらいというメリットが

まず、厚みがあるようなダブルサイズのマットレスのメリットから見ていきたいと思います。

厚みがあるようなダブルサイズのマットレスのメリットはやはり、へたりづらいということになります。

厚みがあるようなマットレスは、基本的にはその分だけ耐久力があり、へたりづらいのです。

これが薄型の場合はそうもいきません。

当然ながらダブルサイズのマットレスはたとえ薄型でも厚みがあるタイプでも、基本的にはそれなりの値段してしまうものになります。

それなりの値段してしまうものなのであれば、やはりダブルサイズのマットレスを買う時には、少しでも長く持ってほしいと思うものです。

そういう意味では、厚みのあるダブルサイズのマットレスの耐久性があるというメリットは、すごく大きいと言えるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

厚みがあると高さも出る

厚みがあるマットレスと薄型のマットレスの違いとして、やはり高さの違いがあります。

薄型のマットレスは、ベッドフレームの上に置いた時にやはり高さが出ません。

でも、厚みがあるマットレスは、ベッドフレームの上に置いた時にすごく高さが出るでしょう。

そしてその高さがでるというのも、厚みがあるマットレスのメリットと言えるのです。

高さがあれば腰への負担が少なくなる

というのも、高さがあれば、その分だけ腰への負担が少なくなるのです。

高さがないベッドで寝ていると、それに乗って寝る際に、いちいちかがまないとならなくなり、腰にすごく負担がかかります。

でも、高さがあるベッドの場合、いちいち腰を曲げなくてもそのままベッドに乗る事が出来ることもあるでしょう。

そうしてそのままベッドに乗ることが出来れば、それは当然腰への負担が少なくなります。

だから、腰痛持ちの人になどには、厚みがあるというのはすごくメリットとなるでしょう。

朝には特に腰を痛めやすい

特に朝は、そうした高さの問題から腰を痛めやすいです。

朝になるころには、たとえ厚みがあるダブルサイズのマットレスに乗っていても、薄型のダブルサイズのマットレスにのっていても、いずれにしても体は固まってしまい、筋肉が縮こまっていると言えるでしょう。

そうして筋肉が縮こまっている中で、朝いきなり腰に高い負担がかかる動きをしていたら、すごく腰を痛めしてしまう可能性もあります。

もちろん薄型のダブルサイズのマットレスを使ったとしても、ベッドフレームを高くすればそういう問題はなくなるでしょうが、背の高いベッドフレームを探すのも大変ですから、やはり乗り降りの際の腰への負担と言う観点で見ると、厚みのあるダブルサイズのマットレスに軍配が上がるでしょう。

薄型は寝返りがしやすいことが多い

では、ダブルサイズの薄型のマットレスのメリットはどこにあるでしょう。

ダブルサイズの薄型のマットレスのメリットとしてまずいえることは、寝返りがしやすいということです。

ダブルサイズのマットレスは、基本的に寝返りがしづらいです。

それは、ダブルサイズのマットレスの狭さに問題があります。

ダブルサイズと言う名前から、ダブルサイズのマットレスはすごく大きいように思えますが、実はダブルサイズのマットレスはそこまで大きくないです。

横幅140センチしかないので、その上で2人寝るには、やや狭い位なのです。

狭いところで寝ていたら、当然ながらその分だけ寝返りもしづらくなると言えるでしょう。

だからダブルサイズのマットレスは寝返りがしづらいと言えるのです。

そんな寝返りがしづらいダブルサイズのマットレスですが、そのマットレスの質感が柔らかいとさらに寝返りがしづらくなります。

転がろうとした力をそのままマットレスに吸収されてしまうわけですから、それは仕方ないと言えるでしょう。

厚みのあるマットレスはだいたいの場合でやわらかいので、寝返りがしづらくなります。

でも逆に薄型のマットレスであれば、基本的には固いので、力を逃がしてしまうという事がなく、スムーズに寝返りが出来ると言えます。

寝返りが出来ることは、マットレスにおいてすごく大切なことです。

寝返りが出来ないと全身が痛くなる

寝返りが出来ないと、そのせいで全身が痛くなることがあります。

寝返りが出来ないということは、ずっと同じ体勢で寝るということになります。

寝返りをしていても、寝ている間には身体が固まりがちになり、筋肉が縮こまるのに、その上さらに寝返りができなくなるとなれば、よりひどく身体が固まってしまうことでしょう。

そうして身体が固まってしまうということは、痛みも強く出るということになります。

だから、腰や肩、あるいは首や頭、何なら腕等、全身が痛くなってしまうでしょう。

それはやはり避けたいところです。

ですから、たとえ寝返りがしづらいダブルサイズのマットレスでも、その中で少しでも寝返りがしやすいものを選ぶのが良いでしょう。

それが、薄型のダブルサイズのマットレスになるのです。

薄型はメンテナンスが簡単

薄型のダブルサイズのマットレスは、メンテナンスが簡単というメリットもあります。

薄型であっても厚みがあるタイプであっても、ダブルサイズのマットレスを使用している時には、定期的にメンテナンスをしないとならないと言えます。

というのも、ダブルサイズのマットレスには2人くらいの人が寝るでしょうから、2人分の汗や皮脂などがついてしまい、どうしても湿度がこもりがちになるのです。

でも、湿度がこもってしまうと、やはりカビが生えたり、ダニが増えたり、あるいは弾力がなくなったりして、ヘタるようになってしまいます。

だから、そうならないように、定期的にメンテナンスをしないとならないのです。

メンテナンスと言うとすごく難しい事のように思えるかもしれませんが、ここでいうメンテナンスとは、そういうものではなく、ただただマットレスの向きを変える位のメンテナンスになります。

表と裏、前と後ろ、そういうところを変えていくだけでも、マットレスの湿度はしっかりと飛ばしていくことが出来ます。

だから、マットレスの向きを変えることはすごく大切なのです。

でも、厚みのあるダブルサイズのマットレスは、そもそも重量がすごくあります。

なので、それをするだけでも大変だと言えるでしょう。

ところが薄型のダブルサイズのマットレスであれば、ダブルサイズでも軽いので簡単に向きを変えることが出来ます。

それは大きなメリットと言えるでしょう。

腰痛持ちでも女性でも簡単に出来る

厚みのあるダブルサイズのマットレスの場合は、それの向きを変えるのにすごく力が要りますから、たとえば女性や、腰痛持ちの方がやろうとすると危険な事もあるでしょう。

しかし、薄型であれば、女性や腰痛持ちの方でも問題なく出来るはずです。

だから、そういう方には薄型のダブルサイズのマットレスがおすすめです。

まとめ

厚みのあるダブルサイズのマットレスと、薄型のダブルサイズのマットレスのそれぞれの魅力についてはわかりましたでしょうか?

どちらも素敵なメリットもあれば、弱点といえるような事もあります。

なので、それぞれのメリットやデメリットを良く考えて、自分に合っている方を選ばないとなりません。

じっくり考えて選んでいきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団