腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ダブルベッドを使用する際はマットレスのシーツカバーが重要?

      2017/09/08

ギンガムチェック柄 ふんわりダブルガーゼ ベッドシーツ ダブルサイズ カラメルブラウン HS43064-102

恋人同士や夫婦の方たちにとって、ダブルベッドは二人で共有する事ができるベッドなので、購入したくなる商品でしょう。

所が、ダブルベッドを二人で共有したら注意しなければいけないのが、マットレスのシーツカバーです。

このシーツカバーに注意しなければ、寝心地が悪くなるだけではなくて健康面にも悪い影響を与えてしまうので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

ダブルベッドを使用する際の注意点

お二人でベッドを共有した事がない場合は、一人でベッドを使用した場合と大きく異なる点があります。

それが原因になって、シーツカバーの衛生面や素材に注意しなければいけないので、詳しく説明します。

就寝中の寝汗

二人でダブルベッドを共有すれば、洗濯をするシーツカバーは1枚で済むので、経済的に思えるかもしれません。

所が、お二人で揃って寝てしまえば、体温が上昇しやすくなるのです。

そうなれば、寝汗をかく量が増えてしまうので、シーツカバーを洗濯する回数を増やさなければいけません。

もしも洗濯をする事を面倒に感じて、1ヶ月に1回しか洗濯しなければ、衛生面で悪い影響が出てしまいます。

そのため、ダブルベットを利用する際はシーツカバーの取り扱いに注意しなければいけません。

肌触りの良い素材

ダブルベッドを利用する際は、多くの方たちがベッドのデザインや、マットレスの寝心地などに注目しがちです。

しかし寝心地を左右するのは、マットレスだけではなくてシーツカバーも大きく関係しています。

なぜならシーツカバーの肌触りが悪ければ、横向きになって寝た時や薄着になっている時などに、肌がシーツカバーに触れた時に寝心地が悪くなってしまうからです。

そのため寝心地を良くするためには、肌触りが良く感じる素材のシーツカバーを選んだほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

シーツカバーの衛生面

マットレスのシーツカバーを1ヶ月に1回洗濯してきた方にとって、それ以上に洗濯をするのが面倒に感じてしまう方は多いでしょう。

そこでシーツカバーを洗濯する頻度や、洗濯をしない時の問題点などを詳しく紹介します。

洗濯をする頻度

日本では、多くの方たちがマットレスのシーツカバーを洗濯する回数は、1ヶ月に1回と言われています。

しかし外国の方たちは、1週間に1回はシーツカバーを洗濯している方が多いのです。

この事から分かるように、シーツカバーを1ヶ月に1回洗濯する事は、シーツカバーを清潔に使用できているとは言えないのです。

そのため、お二人でダブルサイズのシーツカバーを利用する際には、週に1回は洗濯をしたほうが良いでしょう。

雑菌が繁殖

外国の方たちが、シーツカバーを洗濯している回数が多くても「何も問題がなければ洗濯する回数を増やす必要はない」と思う方は多いでしょう。

しかし私たち人間は、一人で寝るだけでも、一晩でコップ一杯分の寝汗をかいてしまうのです。

それが二人でダブルベッドを使用して寝たら、単純計算でも、一晩でコップ二杯分の寝汗をかく事を意味します。

そこまで多くの寝汗が染み込んだシーツカバーを1ヶ月も放っておいたら、雑菌が繁殖する可能性は極めて高いので、できる限り洗濯をする回数を増やしたほうが良いです。

シーツカバーの素材

マットレスのシーツカバーは、様々な素材が使用されているので、どの素材の肌触りが良いのか分からない方は多いでしょう。

そこでマットレスによく使用されている綿・麻・シルクについて紹介するので、見ていきましょう。

綿

多くのメーカーが、綿を使用しているシーツカバーを販売していますが、その魅力はコストパフォーマンスの高さでしょう。

綿100%のシーツカバーは、肌触りが良い上に、汗を良く吸収してくれます。

さらに通気性が良い商品も多いので、寝心地が良くて洗濯をする回数も少なく済むのです。

そのような良い所が多い素材なのに、値段の安いシーツカバーは多いので、綿のシーツカバーはコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

そのため値段が安くて、寝心地が良いシーツカバーを探している場合には、綿のシーツカバーがおすすめです。

麻も綿と同じようにシーツカバーで多く利用されていて、麻には、リネン・ラミー・ヘンプなどの種類があって、それぞれ特徴が違います。

リネンは肌に対して低刺激なので、使用している最中に寝心地が悪く感じる事は、それほどないでしょう。

それにひきかえラミーやヘンプは、吸収性が高いので、湿った感じがそれほど感じません。

ただし数多くある麻のシーツカバーの中には、肌がチクチクと感じる物も販売しているので、注意する必要はあります。

シルク

シルクのシーツカバーは、高級感のあるイメージを抱いている方が多くいて、そのイメージに負けないほどシルクは魅力的なポイントが多くあります。

実は、シルクは人間の肌や髪と同じ成分であるアミノ酸で作られているので、肌触りの良い素材になっています。

そして汗を良く吸収してくれる上に、保湿性が高いのでホコリもあまり溜まらないのです。

ただしシルクのシーツカバーは、値段が高い商品が多いので、値段の安いシーツカバーを探している方は注意して下さい。

おすすめのシーツカバー

マットレスのシーツカバーの素材が分かってもらえた所で、次におすすめのシーツカバーを3種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

フレンチリネンボックスシーツ

フレンチリネンボックスシーツ  ネイビー サイズ:シングル

フレンチリネンボックスシーツは、リネンの素材を使用したシーツで、柔らかくなっているので肌触りが良くなっています。

そして豊富なカラーバリエーションが用意されていて、その種類は、ネイビー・ミントグリーン・アッシュブルー・モーブ・オリーブ・アプリコット・アイボリー・ベージュ・ブラウン(インターネット限定)などがあります。

このように、フレンチリネンボックスシーツは肌触りが良い上に、豊富なカラーバリエーションが用意されているので、使用感とデザインを両立したシーツを探している方は検討してみる価値があるでしょう。

のびのびフィット!wrapボックスシーツ・枕カバー

東京西川 ボックスシーツ ダブル・クイーン wrap ストレッチ素材 抗菌防臭 ダークブルー

のびのびフィット!

wrapボックスシーツ・枕カバーは、名前の通りで、様々な敷き寝具にフィットしやすくなっています。

実際に、このシーツカバーは伸縮性に優れているので、マットレスにシーツカバーをかぶせた時にシワになってしまう事を抑えてくれるのです。

そしてサラサラとした肌触りなので、暑い夏場の季節には、利用しやすいシーツカバーになっています。

その他にも優れている所があって、それは消臭・抗菌・防臭加工をしている所です。

そのため寝汗や湿気で臭い匂いにならないシーツカバーを探している方には、のびのびフィット!

wrapボックスシーツ・枕カバーはおすすめです。

ふんわりダブルガーゼのベッドシーツ

ギンガムチェック柄 ふんわりダブルガーゼ ベッドシーツ ダブルサイズ カラメルブラウン HS43064-102

ふんわりダブルガーゼのベッドシーツは、綿100%でふんわりとした柔らかさになっているので、肌触りがよくなっています。

さらに、このシーツでも抗菌防臭加工されているので、匂いに敏感な方でも利用しやすいでしょう。

そしてチェック柄のデザインになっていて、カラーはカラメルブラウン・モンターニュブルー・バニラベージュなどがあります。

ふんわりダブルガーゼのベッドシーツは、ワンタッチで着脱できるようになっているので、洗濯が面倒に感じる方でも、定期的に洗濯しやすくなっています。

まとめ

ダブルベッドを二人で使用したら、マットレスのシーツカバーを何回も洗濯しなければいけないので、面倒に感じる方は多いでしょう。

しかし雑菌が繁殖したシーツカバーの使用を続けていたら、健康に悪い影響を与えてしまいます。

さらにシーツカバーの肌触りは寝心地に大きく関係しているのです。

そのため、これからダブルベッドを購入しようと考えている方は、ベッドだけではなくてシーツカバーにも注目したほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団