腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

テンピュール シートクッション ヤナセは腰痛でも利用しやすい!

   

YANASE テンピュール カーコンフォーター

腰痛の方は、座るだけでも腰が痛く感じてしまうので、底つき感を緩和するためにクッションを利用する事が重要になります。

しかし、クッションは素材によって、腰にかかる負担が大きくなる事もあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『テンピュール シートクッション ヤナセ』です。

このクッションは、多くの方たちから注目されているテンピュール素材を採用する事によって、腰痛の方でも利用しやすくなっているので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

テンピュール シートクッション ヤナセの特徴

YANASE テンピュール カーコンフォーター

本製品は、テンピュール素材を採用しているだけではなく、その他にも『腰当て』を備えている上に安定感が優れている事から、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そこで、腰痛の方たちのために、本製品の特徴について紹介するので、参考にしてみて下さい。

体圧を分散

テンピュール素材は、クッションだけではなくマットレスでも採用されているほどの素材で、体にフィットしやすい素材になっています。

さらに、本製品はテンピュール素材を採用している事によって、体圧を分散する事ができるのです。

実際に、体圧が集中しやすいクッションを利用していたら、お尻が沈み込みすぎてしまいます。

本製品は車のシートに装着するクッションなので、お尻が沈み込みすぎたら、車の振動によって腰が上下に揺れやすくなるのです。

そのため、本製品のように体圧を分散できていたら、腰にかかる負担を軽減できます。

腰当て

腰痛になる原因はいくつかありますが、そのうちの一つとして『姿勢』が挙げられます。

実は、猫背になっていたら、背中が曲がってしまうので、上半身の体重の負担が腰に集中しやすくなるので注意しなければいけません。

しかし、猫背の方が正しい姿勢に直す事は、簡単ではありません。

ところが、本製品の背もたれには『腰あて』が備えられているので、背筋を伸ばしやすくなっているのです。

そのため、姿勢が崩れる事によって、腰痛になっている方は、本製品はおすすめのクッションです。

安定性

クッションは底つき感を緩和できるので、腰痛の方には魅力的な製品です。

ただし、クッションの『安定性』が優れていなければ、クッションがズレてしまうので注意しなければいけません。

なぜなら、クッションがズレてしまえば、腰に負担をかけてしまうからです。

腰に負担をかけるようになれば、腰痛が悪化してしまうので、安定性が優れているクッションを利用する事が重要になります。

ところが、本製品は車のシートにしっかりと装着させる事ができるので、安定性が優れています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方が注意すべきポイント

本製品は腰痛の方でも利用しやすいクッションになっていますが、腰痛の方はいくつか注意すべきポイントがあります。

そのポイントを知らなければ腰痛が悪化してしまうので、詳しく紹介しましょう。

軽めの運動

腰痛になってしまえば、体を動かすだけで腰が痛く感じてしまいます。

そのため、多くの方たちが安静にしようとしますが、あまりにも安静にしすぎていたら筋力が低下してしまうので、注意しなければいけません。

実際に、腰付近の筋肉は腰を支える働きがあるので、腰付近の筋力が低下したら腰痛が悪化する恐れがあります。

そのため、適度に運動する事が重要になるので、あまり腰に負担をかけない程度に、ウォーキングまたは水中ウォーキングなどを行なったほうが良いです。

ただし、腰痛の症状が重い時期だけは、安静にしたほうが良い場合もあるので注意して下さい。

座る時間

腰痛になってから、座った時に腰が痛く感じてしまう事を不思議に思う方は多いでしょう。

実際に、多くの方たちは立っている時のほうが楽な姿勢のように勘違いをしています。

しかし、それは大きな誤解で、立っている時は、上半身の体重の負担は両足によって分散されているのです。

それに引き換え、座っている時は、上半身の体重の負担が腰に集中しやすくなっています。

そのため、本製品を利用している時でも、1~2時間に1回は車から降りて、立ち上がって休憩を取るようにして下さい。

製品情報の詳細

本製品の特徴や、腰痛の方が注意すべきポイントを理解してもらえたところで、次に製品情報の詳細も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は見ていきましょう。

デザイン性

本製品は、以前まで2種類のカラーバリエーションを用意していて、ブラックやグレーがありました。

ところが、現在はグレーが生産中止となって、カラーはブラックのみとなっているので、注意して下さい。

そのため、車のシートがブラックになっていなければ、本製品を装着した時にカラーが違ってしまうので気をつける必要があります。

本製品のサイズ

本製品は車のシートにしっかりと装着させる事ができても『サイズ』が合っていなければ、安定感が損なわれてしまうので注意する必要があります。

そして本製品のサイズは、幅30.5~51.0×長さ105cmになっているのです。

もしも、本製品のサイズが車のシートに合っていなければ、座りづらく感じてしまうので、事前に本製品と車のシートのサイズを把握しておいて下さい。

そして、腰当てのサイズは、幅29×高さ16cmになっています。

コストパフォーマンス

本製品は、テンピュール素材を採用している事もあって、コストをかけた製品になっています。

そのため、本製品は、楽天市場では送料無料で、税込価格22,680円で販売されているのです(2018年6月24日時点)。

実際に日本で販売されているクッションは、値段の安い製品であれば1,000円前後になっている製品は多くあります。

そのため、本製品はコストパフォーマンスが悪い製品のように思うかもしれませんが、テンピュールという素材を採用している事を考えたら、値段が高くなっているのは仕方のない部分です。

利用者たちの口コミ

本製品は、腰痛でも利用しやすいクッションとは言え、値段が高くなっていたので購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、購入するほど価値のあるクッションなのか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用してみたら、適度な硬さになっていて、満足している方がいました。

実際にクッションが硬すぎたら、お尻が痛く感じてしまうので、正しい姿勢をキープする事が難しいです。

さらに、クッションが柔らかすぎたら、お尻が沈み込みやすいので同じように、正しい姿勢をキープする事が難しくなってしまいます。

そのような事を考えたら、適度な硬さになっているのは、本製品の大きな魅力です。

ただし、利用する方によって、クッションの硬さは違って感じる場合があるので、注意して下さい。

悪い口コミ

本製品を利用してみたら、何も敷かない状態よりは改善しましたが、期待していたほどの座り心地ではなく不満を抱いているケースがありました。

そのため、本製品の座り心地について、あまり過信しないほうが良いです。

さらに、本製品に座っている間に、腰当てが動いてしまう所を気にしてしまうケースもありました。

実際に、車に乗っている間に腰当てが動いてしまえば、腰に痛みが感じるだけではなく運転しづらく感じてしまうので注意する必要があります。

まとめ

本製品は、車のシートに装着させるタイプなので、その他に、自宅に設置するクッションも購入する必要があります。

そのため、自宅と車の両方で、利用できるクッションのほうを購入したくなった方は多いかもしれません。

しかし、そのように併用できるクッションは、車のシートでは安定感が優れていない可能性が高いので、注意する必要があります。

そのため、腰痛の方には、少し値段が高くても安定感が優れている本製品は、おすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション