腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

テンピュール 敷き布団の魅力は寝心地だけではない?腰痛の方は必見

   

テンピュールは寝心地の良いマットレスを数多く販売してきたメーカーとして知られていますが、実は敷き布団も販売しているのです。

そしてテンピュールが販売している『テンピュール 敷き布団』は、今まで寝心地の良いマットレスを開発してきた技術を活かしているので、この敷き布団は腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そのため腰痛で眠るだけでも辛く感じてしまう方には、興味深い商品だと思うので、テンピュール 敷き布団の魅力について迫ってみます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

テンピュール 敷き布団の寝心地

テンピュール 敷き布団は寝心地がよく感じられるように作られているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そこでテンピュール 敷き布団の寝心地がよくなっている理由を3つまで紹介するので、確認してみて下さい。

体圧を分散

今までテンピュールが開発してきたマットレスは、体圧を分散する事ができるので寝心地がよく感じられる物ばかりでした。

そして、テンピュール 敷き布団も、他のマットレスと同じように体圧を分散できるようになっているのです。

実際に体圧を分散できない敷き布団を利用したら、重くなっている腰のほうから沈み込んでいきます。

腰痛の方が敷き布団で横になるだけで、腰が痛く感じやすいのは体圧が大きく関係しています。

そのため体圧を分散できるテンピュール 敷き布団であれば、腰が沈み込みづらくなっているので、腰痛の方にはおすすめの敷き布団です。

2層構造

身体が沈み込んでいく敷き布団を利用したら腰に大きな負担をかけますが、腰が全く沈み込まない敷き布団を利用しても腰が痛く感じる場合があります。

実際に硬めの敷き布団を利用したら、腰が痛く感じて利用できないケースは多くあるのです。

しかしテンピュール 敷き布団は『2層構造』を採用していて、テンピュール サポート層と高耐久性ベースの中材が入っています。

この中材は厚みが3cmずつあって、テンピュール 敷き布団の厚みは6cmもあります。

この2層構造によって、腰が適度に沈み込んでくれる上に、厚みが6cmもあるので底つき感があまり抱かないようになっているのです(個人差があるので注意)。

サラサラとしたカバー

テンピュール 敷き布団は、中材だけではなくカバーにもこだわりを持って作られています。

実際にテンピュール 敷き布団のカバーは、サラサラとして肌触りになっているので、夏場の季節でも利用しやすくなっているのです。

もしもチクチクするような敷き布団のカバーを利用していたら、肌が敷き布団のカバーと接触した時に、睡眠の質が低下する恐れがあります。

そのためテンピュール 敷き布団は、カバーにおいても寝心地がよく感じられるように作られているのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

利便性の良い敷き布団

テンピュール 敷き布団の魅力は寝心地が良いだけではなく、利便性が良い所も挙げられます。

そこで、テンピュール 敷き布団のどこが、利便性が良いのか紹介します。

三つ折りタイプ

テンピュール 敷き布団は三つ折りタイプになっているので、他の敷き布団と同じように折りたたむ事ができます。

さらにテンピュール 敷き布団は、立てかけて湿気対策を講じる事ができるので、押入れに上げる必要がありません。

実際に重くなっている敷き布団を押入れに上げようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのような事になれば腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

所が、テンピュール 敷き布団であれば、コンパクトなサイズに折りたたむ事ができる上に立てかけるだけで良いので、腰かかる負担を軽減できます。

使用できる部屋

テンピュールはマットレスと敷き布団の両方を開発してきたメーカーという事もあって、テンピュール 敷き布団は和室の畳だけではなく、洋室のフローリングの上でも使用する事ができます。

さらにベッドの上でも使用する事ができるので、和室と洋室のどちらでも使用する事ができるのです。

そのため実家でテンピュール 敷き布団を購入した後に、アパートへ独り暮らしをした場合に洋室の部屋しかなくても、このマットレスの利用を続ける事ができるのです。

来客用として活用

テンピュール 敷き布団は三つ折りタイプにする事ができるので、コンパクトなサイズに折りたたんでクローゼットに保管する事もできます(カビが生えないように注意)。

そのため友達や知人たちが泊まりに来る事が多い場合には、テンピュール 敷き布団を保管していて、来客用として提供する事も可能です。

そしてテンピュール 敷き布団には『収納ケース』まで付いてくるので、そのケースに入れておけば保管しやすいです。

注意すべきポイント

テンピュール 敷き布団は腰痛の方にとって魅力的なポイントがいくつもありますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

そのため腰痛の方がテンピュール 敷き布団を購入した後に、後悔する可能性もあるので、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので確認してみて下さい。

保管方法

テンピュール 敷き布団を使用していない間は、風通しの良い所で保管するようにして、湿気があまり溜まらないようにする必要があります。

実際に、私たち人間は一晩の間に寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでしまうのです。

そのため湿気対策を講じなければ、カビが生えるだけではなく、ダニも繁殖しやすくなります。

そのような事があるので、定期的に敷き布団のカラーを洗う事も忘れないようにして下さい。

コストパフォーマンス

多くの方たちは敷き布団と言えば、10,000円前後で購入できるようなイメージを抱いているかもしれません。

確かに多くの敷き布団は10,000円前後で販売されています。

しかしテンピュール 敷き布団は、楽天市場では送料無料ですが、税込価格57,240円にもなっているのです(2017年11月28日時点)。

このようにテンピュール 敷き布団は高額な商品なので、値段の安い敷き布団を探している方は注意して下さい。

利用者たちの使用感

テンピュール 敷き布団の魅力や注意点を紹介してきましたが、使用感も把握したい方たちは多いはずです。

そこでテンピュール 敷き布団を利用している方たちの口コミを紹介するので、どのような使用感になっているのか、確認してみて下さい。

悪い口コミ

テンピュール 敷き布団を利用している方たちの中には、この敷き布団は熱に弱いので布団乾燥機を使えない所を残念に思っている方がいました。

実際に布団乾燥機が使えたら、天候に関係がなく布団を乾燥させる事ができます。

そのため湿気対策にもなるので、便利な商品です。

そのため布団乾燥機を使える敷き布団を利用したい方は、テンピュール 敷き布団を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

良い口コミ

テンピュール 敷き布団を利用している方で、折りたためる所を気に入っている方がいました。

実際に敷き布団であれば、折りたためるのは当然のように感じてしまうかもしれませんが、腰痛でも利用しやすい寝具では折りたためない物もあるのです。

そしてテンピュール 敷き布団は、体圧を分散できるので、寝心地がよくなっている所を気に入っている方もいました。

実際に体圧を分散できなくて、睡眠の質が低下したら睡眠不足に陥る場合があります。

そのような事になれば、身体に疲れが溜まってしまって、腰痛が悪化する場合があるのです。

そのため、テンピュール 敷き布団が良質な睡眠を確保しやすくなっているのは注目すべきポイントです。

まとめ

テンピュール 敷き布団は体圧を分散できるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

さらにコンパクトなサイズにする事ができるので、湿気対策を講じても、腰に負担をあまりかけません。

そのためテンピュール 敷き布団が高額な商品でも、腰痛の方は購入してみる価値があります。

ただしテンピュール 敷き布団を利用していくうちに、敷き布団がへたってしまえば、腰に負担をかける事になるので注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団