腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

デスクワークなどで腰痛に悩まされている人は腰痛対策用のクッションを活用してみましょう

   

デスクワークなどを頻繁に行っている人は、座り続けることで腰痛になってしまうリスクが他の人よりもはるかに高くなってしまいます。

こうした腰痛のリスクを少しでも回避させるには、腰痛対策用のクッションを活用することが一番簡単な方法です。

数多くのタイプの腰痛対策用のクッションがありますので、時間をかけて選んで活用していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

突発的な腰痛の原因

一般的な腰痛

腰痛にはさまざまなタイプがあります。

どのような腰痛にも原因がしっかりとあり、その原因を取り除くことで回避することができますが、普段の生活を行っている中でこの原因を取り除くことは簡単なことではありません。

とくに、腰痛になりやすい高齢になった場合は、筋力も同時に低下していくためさらにこの腰痛を回避することは難しくなってしまいます。

腰痛にはさまざまなタイプがありますが、一般的な腰痛の原因は日常生活の中での過度な疲労があります。

この腰痛は慢性筋肉性腰痛症と呼ばれており、筋肉の力が低下してしまうことで腰骨を支える力が低下していき結果的に腰痛を引き起こしてしまいます。

こうした腰痛は誰にでも起こるタイプであり、自分が持っている筋肉量を超えてしまうことで発症してしまいます。

高齢の人は、当然筋肉量が少ないため、早い段階でこの慢性筋肉性腰痛症を発症してしまいますが、筋肉がしっかり付いている若い人でも、過度な運動を継続的に続けることで慢性筋肉性腰痛症に陥ってしまう可能性があります。

ぎっくり腰

ぎっくり腰も、年齢に関係なく発症してしまう腰痛のタイプになります。

ぎっくり腰は重たい荷物などを持ち上げたときによく起こる腰痛タイプであり、一度発症してしまうことで慢性化してしまう可能性も高くなってしまいます。

自分の筋肉量を超えた荷物を持ち上げようとすること、準備運動をしないまま重たい荷物を持ち上げようとすること、また膝を伸ばしたまま荷物を持ち上げるような行動を起こした場合には、ぎっくり腰を発症してしまいやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、一般的な腰痛とはまた違った症状になります。

腰への強い痛みが生じることは同じですが、背骨に負担がかかることで起こる腰痛の症状になります。

椎間板が極端に老化していたり、骨盤の歪みなどがあったりする状態で腰へ負担を与えた場合にはこの腰椎椎間板ヘルニアになってしまうリスクが高くなってしまいます。

他の症状との違は、しびれるほどの痛みが生じることです。

酷い場合には、トイレも自分の力でできないほどになってしまいますので、とくに注意するべき症状の一つです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛を回避する最も基本的なこと

体を鍛える

腰痛は回避できないと考えている人も多いかもしれませんが、腰痛は基本的には強い力が腰に加わってしまうことと、自分が持っている筋肉量とのバランスが崩れることで起こります。

つまり、少しでも多くの筋肉を持っていれば、腰痛を引き起こしてしまう可能性が低くなると言うことなのです。

腰痛を回避するために最も重要なことは筋肉量を増やすことなのです。

意識をして体を鍛えていけば、起こるかもしれない腰痛のリスクを回避できると言うことを理解しておきましょう。

無理をしないことも大切

腰痛が起こるときには、無理な行動をしたときです。

単純に腰痛を回避するには、この無理をしないことが重要なのです。

そのためには、まずは自分の能力を把握しておきましょう。

年齢を重ねることで、当然体の筋力は低下していきますが、自分の意識の中ではまだまだ筋肉量は衰えていないと考えてしまいます。

そのため、年配の人が無理をして腰痛を引き起こしてしまうことが多くなってしまいますので、頻繁に自分の体の筋肉量を確認することが重要です。

一度腰痛になってしまえば、その腰痛がクセになってしまい頻繁に腰痛を引き起こしてしまいます。

無理をすることなく、自分の力では運ぶことができない荷物だと感じた場合には、他の人にお願いするなどの対応が重要なのです。

腰痛用クッションを利用する

また、常に腰をいたわることも重要です。

腰をいたわるには、例えば椅子に座るときにはクッションを利用することも重要です。

腰痛は座っていても起こることが多く、腰を常に曲げた状態になってしまう座った体制は決して腰に良いとは言えない体制なのです。

仕事でデスクワークが多く、座る姿勢を維持しなければならないと言う人は、積極的にクッションを活用することをおすすめします。

クッションには一般的なタイプと腰痛用タイプに分けられます。

既に腰痛の人や、腰痛になってしまうリスクを抱えている人はできるだけ腰痛対策用のクッションを活用して回避するように心がけましょう。

おすすめの腰痛用のクッション3選

美姿勢座椅子

美姿勢座椅子は、腰痛に効果的なクッションですがそれだけではなく体の姿勢自体も整えてくれる効果があります。

使いやすい座椅子タイプになっており、座椅子とクッションが一体型になっているようなイメージです。

長時間座り続けても猫背にならないため、もともと腰痛になっていない人でも長時間座り続けても腰に大きな負担がかかるようなことは少ないと言えます。

リラックスしたいときにもおすすめなので、美姿勢座椅子はさまざまな用途で使用することができます。

お医者さんの円座クッション

お医者さんの円座クッション ブルーグレー

お医者さんの円座クッションは、腰痛改善専用のクッションとしてとても高い人気を誇っています。

ドーナツ型のクッションであり、お尻に敷いて使用するタイプになります。

コンパクトなサイズなため、持ち運ぶもしやすくどこでも使用することができます。

このクッションを使用することで、体のバランスが安定しやすくなり、腰痛になってしまうリスクを回避させることができます。

腰痛のリスクを抱えている人にはおすすめです。

メイクヒップスベーグルクッション

メイクヒップスベーグルクッション ビターチョコ

メイクヒップスベーグルクッションは、腰痛用の2wayクッションとして人気があります。

2つのドーナツ型のクッションを合わせたような形になっており、そのまま広げて使用することもできますが、折りたたんで腰やお尻に敷いて使用することもできます。

デスクワークス用の椅子に使用することもできますが、車の椅子などにも使用できるまさにどのような場面でも活用することができる万能なクッションです。

自分の腰の状況に合わせて選ぶ

症状によって選ぶクッションを分ける

腰痛対策用のクッションは、腰痛に高い効果を発揮してくれますが、自分に合ったタイプでなければ意味がありません。

全ての腰痛対策用のクッションが、自分に合うと言うわけではありませんので、まずは実際に確認するなどをして自分に合っているのかを確認するようにしましょう。

また、腰痛対策用のクッションによってはどのような腰痛の症状に効果的なのかが記載されているタイプもありますので、こうした情報は必ず確認しておくようにしましょう。

自分に合ったタイプを長期間使用することで、腰痛の改善も早くなっていきます。

まとめ

腰痛に悩まされている人は、とてもたくさんいますが、どのような対策を行うべきか迷っている人も多い傾向にあります。

対策方法が分からない場合には、まずは身近なクッションを使用した改善方法を行っていきましょう。

腰痛対策用のクッションを上手に活用することで、慢性的な腰痛でもその痛みを回避することができるようになります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション