腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ドーナツ形低反発クッションを紹介!腰痛の方でも利用しやすい?

   

低反発ウレタン使用 もっちりドーナツ型クッション 「モルビド円座クッション」 2個セット グリーン色

腰痛に悩まされるようになってから、椅子に座る時に腰が痛くなってしまう事はないでしょうか?

そのような時にはクッションを利用しても、腰が痛くなってしまう場合があります。

所が『ドーナツ形低反発クッション』は、腰痛でも利用しやすいように作られたクッションなので、腰痛の方には必見です。

そこで腰痛に悩まされている方のために、どのような魅力があるクッションなのか紹介するので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の方でも利用しやすいポイント

ドーナツ形低反発クッションが、腰痛の方でも利用しやすくなっているのは『ドーナツ形』と『低反発』が大きく関係しています。

そこで腰痛でも利用しやすいクッションを探している方のために、ドーナツ形低反発クッションが腰痛でも利用しやすい理由を紹介するので、確認してみて下さい。

低反発クッション

ドーナツ形低反発クッションは低反発クッションになっているので、腰にかかる負担を軽減していますが、この低反発について詳しく知らない方は多いでしょう。

低反発クッションとは反発力が低いので、お尻がある程度まで沈むようになっています。

それにひきかえ高反発クッションの場合は反発力が高いので、お尻があまり沈まないようになっているのです。

低反発クッションの場合は腰がある程度まで、お尻が沈み込むようになっているので、腰にかかる負担を軽減できています。

そのため反発力が高いクッションを利用していて、腰が痛く感じる場合には、ドーナツ形低反発クッションはおすすめです。

坐骨の負担を軽減

腰痛には様々な症状があって、椅子に座った時に、坐骨が当たって痛みを感じる場合があります。

所が、ドーナツ形低反発クッションは商品名の通りで、ドーナツのような形になっているのです。

そのため、ドーナツ形低反発クッションの中央部分には空洞になっています。

このように真ん中の部分が空洞になっているので、坐骨がクッションに当たりづらくなっているので、椅子に座る時に坐骨が痛く感じる方にもドーナツ形低反発クッションはおすすめです。

正しい姿勢をキープ

ドーナツ形低反発クッションの中央部分が空洞になっているので、この空洞にお尻がスッポリと入り込みます。

そのため、腰が安定されるので、正しい姿勢をキープしやすくなっているのです。

多くのクッションは中央部分が膨らんでいて、4つのハジが低くなっているので、正しい姿勢をキープするのが難しくなっています。

そのため、ドーナツ形低反発クッションの中央部分が、空洞になっているのは魅力的なポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

正しい姿勢をキープする重要性

腰痛の方が椅子に座る時には正しい姿勢をキープする事が重要になりますが、その理由を詳しく知らない方は多いでしょう。

そこで正しい姿勢をキープする重要性を紹介するので、その理由が分かれば、ドーナツ形低反発クッションを利用する重要性も分かるはずです。

お尻の位置

正しい姿勢で座る事が難しい方で多いのが『猫背』です。

なぜなら猫背の方は背筋が丸くなっているので、背もたれに背中が密着していたら、自然にお尻が前のほうへズレてしまうのです。

そのような状態で座っていたら、お尻で座っているというよりは、腰で座るような姿勢になります。

腰で座っているような状態が続いていたら、腰にかかる負担が大きいので、腰痛を悪化させる可能性が高くなるのです。

そのため、正しい姿勢で座る事は重要と言えるでしょう。

S字カーブ

正しい姿勢で座っていなかったら『S字カーブ』が崩れる可能性が高くなります。

このS字カーブについて、詳しく知らない方は多いかもしれませんが、S字カーブをキープする事で腰にかかる負担を緩和できるのです。

S字カーブは、真横から背筋を見た時にS字のように見える状態を指します。

このような姿勢になっているので、腰の部分が湾曲していて、腰がバネの役割を果たしているのです。

そのため腰のバネが、歩いている際に、地面へ着地した時の衝撃を緩和してくれます。

そのような働きがあるので、腰痛に悩んでいる方はS字カーブをキープできるように、正しい姿勢で座ったほうが良いです。

ドーナツ形低反発クッションの利便性

ドーナツ形低反発クッションは腰痛の方でも利用しやすくなっているだけではなく、利便性が高くなっています。

そこで、どのような特徴があるのか紹介するので確認してみて下さい。

オールシーズンで利用可能

日本は四季がある国なので、暑い夏や寒い冬の季節などがあるので、クッションの生地によって利用しづらい季節があります。

所が、ドーナツ形低反発クッションは表面と裏面で生地が変わっているので、オールシーズンで利用できているのです。

実際にドーナツ形低反発クッションは、表面がメッシュ素材で通気性が優れているので、夏の季節に利用しやすくなっています。

そして裏面は綿100%で、暖かみを感じる生地なので、寒い冬の季節に利用しやすくなっているのです。

様々な活用法

ドーナツ形低反発クッションは本来であれば、お尻の下に敷いて利用するクッションになります。

所が、ドーナツ形低反発クッションを背もたれに立てかけて使用する方法もあれば、枕がわりに使用する方法もあります。

実際に真ん中の部分が空洞になっているので、枕として利用すれば、頭部が安定しやすくなっているのです。

そしてドーナツ形低反発クッションを床に置いて、肘の下に敷いて、うつ伏せの状態で使用する方法もあります。

そのため、うつ伏せの状態でドーナツ形低反発クッションを利用して、雑誌を読んでみるのも良いでしょう。

低価格なクッション

ドーナツ形低反発クッションは腰痛の方でも利用しやすくなっているので、多くの方は高額なクッションのようにイメージしてしまうでしょう。

所が、ドーナツ形低反発クッションは、楽天市場では送料別で税別価格1,944円で購入する事ができるのです。

実際に、日本には腰痛でも利用しやすいクッションは数多く販売されていますが、そのようなクッションの値段は3,000~5,000円になっている商品が多いのです。

それを考えたら、ドーナツ形低反発クッションは低価格なクッションと言えるでしょう。

利用者たちの満足度

ドーナツ形低反発クッションは魅力的なポイントが多い上に、低価格になっているので、多くの方は「本当に低価格で魅力的なポイントが多いのだろうか」と思ってしまうでしょう。

そこで、ドーナツ形低反発クッションを利用している方たちの口コミを紹介するので、本当に魅力的なクッションなのか参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

ドーナツ形低反発クッションは坐骨が当たりづらいように設計されていますが、座り心地が悪いように感じてしまう方がいました。

この方はドーナツ形低反発クッションのサイズが大きくて、硬いように感じたのです。

実際にドーナツ形低反発クッションのサイズは、外形45×内径15×厚さ10cmになっているので、このサイズが大きく感じる場合には注意して下さい。

好意的な口コミ

ドーナツ形低反発クッションが硬く感じる方がいる一方で、柔らかく感じて満足している方もいました。

そのためドーナツ形低反発クッションの柔らかさに関しては個人差があるので、注意したほうが良いでしょう。

その他にドーナツ形低反発クッションを利用する場合には、お尻を当てる場所によって、腰にかかる負担を軽減できた方もいました。

そのため腰痛の方がドーナツ形低反発クッションを利用する場合には、できるだけ空洞の場所にお尻が入り込むように使用したほうが良いでしょう。

まとめ

ドーナツ形低反発クッションは、真ん中の部分が空洞になっているので、坐骨にかかる負担が軽減できます。

さらに正しい姿勢をキープしやすくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そのため、腰が痛くて正しい姿勢をキープできなくて、悩んでいる場合には、ドーナツ形低反発クッションを利用してみる価値があるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション