腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ナチュラル体圧分散敷き布団2は腰痛の方におすすめ!

   

日本ではベッドを愛用している方は多くいますが、ベッドよりも敷き布団を利用したい方も多くいます。

しかし敷き布団は柔らかい商品が多いので、腰痛の方は利用しづらい場合あります。

所が『ナチュラル体圧分散敷き布団2』は、あまり腰が沈み込みづらくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっているのです。

そのため腰痛に悩んでいる方にとって、興味深い商品だと思うので、ナチュラル体圧分散敷き布団2について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ナチュラル体圧分散敷き布団2の特徴

ナチュラル体圧分散敷き布団2には、注目すべきポイントが4つあって、それが、200Nの硬さ・体圧分散・三つ折りタイプ・コストパフォーマンスです。

そこでナチュラル体圧分散敷き布団2を詳しく知らない方のために、この4つのポイントについて詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

200Nの硬さ

腰が沈み込みづらい敷き布団を選ぶ際には、硬さが重要になります。

もしも柔らかい敷き布団を利用していたら、重くなっている腰が沈み込んでしまうので、腰に体圧が集中するようになります。

そのような事になれば腰が痛く感じてしまうので、眠り続ける事が難しくるなので注意しなければいけません。

所が、ナチュラル体圧分散敷き布団2は、200Nの硬さを誇るウレタンを使用しているので、腰が沈み込みづらくなっています。

200Nの『N』とはニュートンと呼ばれていて、硬さを表す数値になります。

そのため、数値が200も誇っているので、硬めの敷き布団を探している方には、ナチュラル体圧分散敷き布団2はおすすめです。

体圧分散が可能な形状

硬めの敷き布団を利用すれば腰痛が悪化しないのかと言われたら、実は腰痛が悪化するケースもあります。

なぜなら腰が沈み込みづらくなっても、背中や足などは凹んでいる部分があるので、身体が沈み込まなければ、一部分の身体が浮いてしまうからです。

一部分の身体が浮いてしまえば、身体は緊張状態に陥って、身体の疲れを取る事が難しくなります。

身体の疲れが取れなくなれば腰痛が、悪化するケースがあるのです。

そこでナチュラル体圧分散敷き布団2は、200Nのウレタンを『凹凸形状』にする事によって、一部分の身体が浮きづらくなっているのです。

凹凸構造にする事から、硬さは200Nから140N相当に変わっていますが、体圧を分散できる形状なので腰があまり沈み込まないようになっています。

三つ折りタイプ

私たち人間は、多くの寝汗をかいてしまうので、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでいきます。

そのため、定期的に敷き布団を押入れに上げなければ、ダニが繁殖しやすくなります。

しかし腰痛の方が、敷き布団を押入れに上げたら、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

所が、ナチュラル体圧分散敷き布団2は硬めの中材になっているので、立てかける事が可能です。

そのため、押入れに上げなくても、湿気対策を講じる事ができます。

さらに三つ折りタイプになっているので、コンパクトなサイズにする事ができるので、腰痛の方でもナチュラル体圧分散敷き布団2を立てかけやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

長く使用できる敷き布団

腰が沈み込みづらい敷き布団でも、耐久性が悪ければ腰痛が悪化しやすいので、注意しなければいけません。

所が、ナチュラル体圧分散敷き布団2は耐久性が優れているので、長い間に渡って使用する事ができます。

そこで、長い間に渡って使用するための方法やメリットなどについて紹介するので、確認してみて下さい。

中材を交換

敷き布団を利用していけば腰が重くなっているので、腰を支えている部分が、へたりやすくなっています。

ナチュラル体圧分散敷き布団2は中材が3つに分かれているので、足を支えている部分や頭部や肩などを支えている部分を、腰を支えている部分と交換する事が可能です。

このように、ナチュラル体圧分散敷き布団2の中材はローテーションで使用する事が可能になっているので、通常タイプより使用できる期間が、単純計算でも3倍に増える事を意味しています。

そのため、長い間に渡って使用できる敷き布団を探している方にも、ナチュラル体圧分散敷き布団2はおすすめです。

耐久性が優れているメリット

腰痛の方にとって、耐久性が優れている敷き布団を利用する事が重要なのは、腰の沈み込みが関係しています。

実際に、腰の沈み込みを抑えられる敷き布団でも、へたってしまえば、腰が沈み込むようになるのです。

腰が沈み込んだら、腰痛が悪化してしまうので注意しなければいけません。

そのため敷き布団を購入したばかりの頃は、腰に痛みを感じなかったのに、途中から腰が痛くなったら敷き布団がへたっていないか確認する事が重要です。

そのような事があるので、耐久性が優れているのは、腰痛の方にとって大きなメリットです。

体圧を分散する重要性

体圧を分散できる敷き布団を利用したら、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで体圧を分散したら、どのようなメリットがあるのか紹介するので、ナチュラル体圧分散敷き布団2を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

寝返りの回数

体圧分散できれば、腰があまり沈み込まないので、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっています。

実際に寝返りを打たなければ、仰向けになっている時間が長引く恐れがあるので、腰に負担をかけてしまいます。

なぜなら仰向けになっている時は、腰が下のほうになっているので、腰痛が悪化する恐れがあるのです。

そのため、寝返りを打ちやすくなっていれば、腰にかかる負担を軽減できるので、体圧分散できるのはナチュラル体圧分散敷き布団2の大きな魅力です。

良質な睡眠

体圧分散できなかったら、腰にかかる負担が大きくなるので、良質な睡眠を確保する事が難しくなります。

実際に良質な睡眠を確保できなければ、睡眠不足に陥ってしまうのでストレスを溜める事になります。

ストレスを溜めたら、血管が収縮されて、血行不良に陥ってしまうケースがあるので注意しなければいけません。

実際に血行不良に陥って、腰が冷えてしまって腰痛が悪化する場合もあるのです。

そのため体圧分散できる敷き布団を利用して、良質な睡眠を確保しやすくなっているのは、大きなメリットです。

利用者たちの口コミ

ナチュラル体圧分散敷き布団2は、体圧を分散できるようになっていますが、全ての方の身体に合う訳ではありません。

そのためナチュラル体圧分散敷き布団2を購入してから、イメージしたものと違って、後悔する可能性があります。

そこでナチュラル体圧分散敷き布団2を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

椎間板ヘルニアになっている方が、ナチュラル体圧分散敷き布団2を利用してみたら、良質な睡眠を確保できなくて不満を抱いているケースがありました。

この方は、腰にかかる負担を軽減できているように感じても、腰痛に悩まされてしまったのです。

そのため腰痛の症状によっては、ナチュラル体圧分散敷き布団2を利用しても、腰が痛く感じる場合もあるので注意した方が良いです。

そしてナチュラル体圧分散敷き布団2を利用している方で、少し硬くなっている所を気にしている方もいました。

そのため硬めの敷き布団が苦手な方は、気を付けて下さい。

良い口コミ

ナチュラル体圧分散敷き布団2の硬さに不満を抱いている方がいる一方で、適度な硬さになっているように感じて満足している方もいました。

実際に敷き布団の硬さは、個人差があるので、硬めの敷き布団が好きな方には、利用しやすくなっています。

そしてナチュラル体圧分散敷き布団2が、簡単に立てかける所を満足している方もいました。

そのため、押入れに敷き布団を上げる事が苦痛に感じる場合には、ナチュラル体圧分散敷き布団2を検討してみる価値があります。

まとめ

ナチュラル体圧分散敷き布団2は、少し硬めの敷き布団なので、体圧分散できても腰が痛く感じてしまう場合があります。

そのため全ての方が満足できるという訳ではありませんが、硬めの敷き布団が好き方であれば腰の負担を軽減できます。

さらに敷き布団を立てかける事も可能になっているので、日頃から湿気対策を講じやすいのも、腰痛の方にとって魅力的なポイントです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団