腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ネックピロー 腰トラベル クッションは腰痛の方におすすめ!

   

エアーピロー ネックピロー 腰枕空気枕手動プレス式膨らませる車載用枕 腰と首を支える 携帯クッショントラベルピロー 洗える (グレー)

腰痛になってから、クッションを利用して、底つき感を緩和しようと考えている方は多いでしょう。

所が、椅子の座面に敷いて利用するだけのクッションでは、対応できる腰痛の症状に限りがあります。

そこで、おすすめしたいのが『ネックピロー 腰トラベル クッション』です。

このクッションは、様々な体の部分をサポートする事ができるので、様々な腰痛の症状に対応しやすくなっているので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

ネックピロー 腰トラベル クッションの利用法

本製品は、首・背中・腰の3か所をサポートする事ができるので、腰痛対策を講じる事ができます。

しかし、この3か所をサポートする事によって、どのような効果があるのか知らない方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用して、3か所をサポートする効果を説明するので確認してみて下さい。

首をホールド

本製品は、ネックピローという製品名が付いている事から分かるように、首をホールドするような枕として利用する事ができます。

そのため、旅行中に座席に座っている時に眠りたい場合には、本製品を利用すれば、首にかかる負担を軽減できるのです。

首と腰は関係がないように思う方は多いかもしれませんが、実は肩や首に負担をかけるようになってしまえば、首こりや肩こりになってしまって、腰にまで悪い影響を与えるようになるのです。

そのため、本製品を利用して、首や肩にかかる負担を軽減できれば、ある程度まで腰痛対策を講じる事ができます。

S字カーブをキープ

本製品の背面には『バックストラップ』が備えられていて、このバックストラップはゴム製になっている事から、椅子に装着させる事ができます。

そのため、椅子の背もたれに本製品を装着させた状態で、その上から背中を当てたら、猫背の方でも背筋を伸ばしやすくなります。

実際に背筋を伸ばしたら『S字カーブ』という姿勢にする事ができるのです。

実は、S字カーブにできたら、腰にかかる負担を軽減できます。

そのような事を考えたら、猫背になってしまう事から、腰痛になってしまう方には、本製品はおすすめです。

腰をサポート

腰を強打した場合には、椅子の背もたれに腰を当てた時には痛く感じてしまうでしょう。

しかし、柔らかくなっている椅子に買い換えようとしたら、今まで利用している椅子を捨てなくてはいけないケースもあるので、手間暇をかけてしまいます。

所が、本製品はゴム製のバックストラップによって、椅子の背もたれの中央部分だけではなく、下の部分にも装着させる事ができるのです。

そのため、本製品は背中だけではなく、腰に当てる事ができます。

本製品はクッション性が優れているので、腰に当てたら、少しは腰に与える刺激を弱める事ができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

S字カーブをキープするメリット

本製品を利用すれば、S字カーブをキープしやすくなるので、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、それが分かれば本製品を利用する価値も分かるはずです。

運動しやすい姿勢

S字カーブをキープできたら、腰の部分が湾曲するので、バネの役割を果たしてくれます。

そのため、歩いている際に硬い路面へ歩いている時に、腰に加わる衝撃を緩和する事ができるのです。

そのため、S字カーブをキープできたら、ウォーキングを行なっても、腰の痛みが少し和らぎます(腰痛の症状によって違いがあるので注意)。

実は、腰付近の筋肉は、腰を支える働きがあります。

そのような事を考えたら、ウォーキングをする事によって、筋力をキープできたら、ある程度まで腰を支える事が可能です。

正しい姿勢をキープ

S字カーブをキープできなくて、猫背になってしまったら、椅子に座った時に、お尻の位置が前のほうへズレてしまいます。

なぜなら、椅子の背もたれに寄りかかった時に、背筋が後方に曲がっている事から、お尻が自然に前のほうへズレてしまうのです。

もしも、背もたれに寄りかかっている際に、お尻が前のほうへズレていたら、上半身の体重の負担が腰に集中してしまいます。

そのような事になれば、腰痛が悪化するので、S字カーブをキープするメリットは大きいです。

製品情報の詳細

本製品の利用法や、S字カーブをキープするメリットなどを理解してもらえた所で、次に製品情報の詳細も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

運びやすいサイズ

本製品は、椅子に装着させる事ができるのは魅力的なポイントですが、椅子のサイズに合わなかったら腰を支える事が難しくなってしまいます。

そして、本製品のサイズは、横35×縦20cmになっています。

ただし、最大幅は54cmにまで伸びるので、ある程度まで椅子のサイズに合わせる事が可能です。

そのため、本製品を購入する際には、自宅に設置している椅子のサイズが本製品に合うのか確認してみて下さい。

デザイン性

多くの方たちは、クッションと言えば、長方形か四角形のイメージを抱いてしまうでしょう。

所が、本製品はメガネのような形状をしていて、少しオリジナリティーの高いデザインになっているのです。

さらに、2種類のカラーバリエーションが用意されていて『ビンテージブラック』と『オリーブメタリック』などがあります。

ビンテージブラックは、ブラックに近いカラーをしていて、オリーブメタリックは少し味わいのあるカラーになっています。

低価格なクッション

本製品は、小型サイズのクッションになっている事もあって、コストを抑えた製品になっています。

そのため、楽天市場では税込価格1,780円で販売されているのです(2018年8月20日時点)。

実は、腰痛でも利用しやすいクッションの中には、10,000円を超えてしまう高額な製品もあります。

それを考えたら、本製品がいかにコストパフォーマンスが優れているクッションか分かるでしょう。

本製品のレビュー

本製品は、コストパフォーマンスが優れているクッションですが、利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品のレビューを紹介するので、このクッションが購入するほどの価値があるのか参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品は、コンパクトなサイズになっていますが、折りたたむ事もできるので、それよりも小さくする事ができます。

そのため、持ち運びしやすいクッションになっているので、満足している方がいました。

そのようなケースがあるので、腰痛になっている方で、旅行をする機会が多い場合には、本製品を購入してみる価値があります。

さらに、本製品の使い心地に満足している方がいました。

そのため、椅子の背もたれが硬く感じて、痛く感じやすい場合には、本製品を利用してみる価値があります。

否定的なレビュー

本製品は、空気を入れてふくらませるタイプのクッションですが、あまりふくらまないクッションになっていて、不満を抱いている方がいました。

そのため、クッション性を重視する方は注意したほうがいいです。

さらに、本製品がコンパクトなサイズになっている所を気に入っている方がいましたが、ネックピローとしては使用感があまりよくなくて不満を抱いている方もいました。

ただし、本製品はネックピローとしてだけではなく、クッションとしても利用できるので、この辺りは仕方のない部分です。

まとめ

本製品は、様々な体の部分をサポートする事ができるので、様々な腰痛の症状に対応する事ができます。

しかし、尾てい骨を怪我している場合や、椎間板ヘルニアなどの症状には対応する事が難しいので注意しなければいけません。

そのような注意すべきポイントはありますが、ネックピローとしても利用できるクッションなので、少しでも腰にかかる負担を軽減したい方は本製品を購入してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション