腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

フェザーヌードクッションは腰痛に合う!その秘密はフェザー?

   

ヌードクッション フェザー45cm×45cm(羽根 クッション 中材)1個

腰痛になってから、クッションを利用しても、腰が痛く感じて、頭を悩ませていないでしょうか?

実際に腰痛でも利用しやすいクッションはありますが、クッションが凹んでしまう事があるので、腰が痛く感じやすいケースがあるのです。

そこで、腰痛の方におすすめしたいのが『フェザーヌードクッション』です。

このクッションはフェザーを使う事によって、あまりクッションが凹まないようになっている上に、腰にかかる負担を軽減できるので詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

フェザーヌードクッションで腰痛対策

本製品は、フェザーを利用している事によって、腰痛対策を講じる事ができます。

そのため、今までクッションを利用していても、腰が痛く感じやすい方には興味深い所だと思うので、詳しく紹介するので確認してみて下さい。

フェザーの量

フェザーは高価な素材なので、多めに使用しているクッションは、少ないのが現状です。

所が、本製品はフェザーを800gも使用しているので、優れたクッション性を誇っています。

実際に硬すぎるクッションは腰に大きな刺激を与えてしまうので、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そのため、クッション性が優れている本製品を利用すれば、腰にかかる負担を軽減できるのです。

そしてクッション性が優れていれば、腰がある程度まで沈み込むので、腰がある程度までホールドされます。

そのようなメリットのあるクッションなので、正しい姿勢をキープしやすくなっています。

高い復元力

腰痛の方はボリュームのあるクッションを利用しなければ、底つき感があるので、腰が痛く感じてしまいます。

しかしボリュームのあるクッションを利用していても、クッションがつぶれてしまえば意味がありません。

実際に、ウレタンを採用しているクッションは利用を続けていくうちに、つぶれてしまう事があるのです。

所が、フェザーを採用している本製品であれば、天気が良い日に干していたら、クッションのボリュームが元に戻ります。

そのため、クッションを利用していくうちにつぶれて、腰が痛く感じやすい方には、元のボリュームに戻りやすい本製品はおすすめです。

背中をサポート

多くの方は、クッションは椅子の座面に敷いて利用するものと思っているかもしれませんが、本製品は椅子の座面に敷くだけではなく、ソファーの背もたれに立てかけて利用する事もできます。

実際に、腰痛は様々なケースがあって、坐骨が痛く感じて腰痛になっている場合もあれば、猫背になって腰痛になってしまうケースもあります。

坐骨が痛くて腰痛になる場合には椅子の座面にクッションを敷く方法が有効ですが、猫背になって腰痛になる場合には背もたれにクッションを敷く方法がおすすめです。

なぜなら猫背になってしまえば、腰にかかる負担が大きくなるので、ふくらみのある本製品を背もたれに立てかける事によって、背中が後方に曲がらないようにする事が有効です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

注意すべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすいポイントがいくつもありますが、残念ながら注意すべきポイントもあります。

実際にどのような所を注意すれば良いのか分からなければ、腰痛が悪化する可能性があるので、詳しく説明します。

独特な匂い

本製品は少し独特な匂いがするので、匂いに敏感な方は部屋の窓を開けて換気したほうが良いです。

実際に匂いと腰痛は関係がないように感じてしまう方は多いかもしれませんが、嫌な匂いによって、ストレスを感じたら腰痛が悪化する可能性があります。

なぜならストレスを溜めてしまえば『ドーパミンシステム』が乱れてしまうからです。

このシステムは痛みを和らげる働きがあるので、ストレスを溜めてしまえば、以前よりも腰の痛みが強く感じやすいので注意しなければいけません。

フラットな形状

本製品は少しふくらみのあるクッションですが、ほぼフラットな形状をしています。

そのため、クッション性が優れていても、姿勢が崩れやすい方はお尻の位置がずれる可能性があるのです。

特に猫背の方は、後方に曲がっている背中が椅子の背もたれに当たった時にお尻が前のほうへズレやすくなっています。

本来であれば上半身の体重は、お尻や腰に負担をかけるようになっていますが、お尻が前のほうへズレてしまえば腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

そのため、お尻がズレやすい方は、できるだけ背もたれに腰を密着させるようにして座って下さい。

商品情報の内容

本製品の魅力や注意すべきポイントを分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、このクッションを購入するべきか悩んでいる方は確認してみて下さい。

簡易梱包

本製品を注文したら『簡易梱包』で送られてくるので、簡単に燃えるゴミとして包装紙を捨てる事ができます。

実際にダンボール箱であれば、捨てやすいサイズにハサミもしくはカッターでカットしなくてはいけないので、捨てるだけでも大変です。

そして本製品の簡易包装は、内側がラミネート加工されているので、雨や雪に打たれても、商品が濡れづらくなっています。

そのため天候が悪くなりやすい時期でも、気軽に注文する事ができるのです。

北欧生地カバー

腰痛でも利用しやすいクッションでも、デザインにもこだわりたい方は多いでしょう。

本製品を販売しているメーカーは、そのような方でも満足できるように、別売り品になりますが『北欧生地カバー』も販売しています。

この北欧生地カバーは、少し柄模様になっているので、華やかなデザインが好きな方であれば、満足できる可能性が高いです。

さらに豊富なカラーバリエーションを用意していて、レッド・ライトグリーン・ブラウン・ブルー・ライトブルー・パープル・ブラックなどがあります。

これほど多くのカラーバリエーションが用意されているので、あなたが気に入るカラーを見つけられる可能性も高いです。

コストパフォーマンス

本製品はフェザーを採用しているので、高額なイメージを抱いている方は多いかもしれませんが、楽天市場では送料別ですが税込価格2,700円で購入する事ができるのです。

さらに本製品と北欧生地カバーをセットで購入した場合には、楽天市場では送料別ですが税込価格5,508円で購入する事ができます(2018年1月27日時点)。

実際に腰痛でも利用しやすいクッションの中には、10,000円前後で販売されている商品もあるのです。

それを考えたら、カバーとセットで購入しても、10,000円以下で購入できるのは魅力的なポイントです。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもある事から、利用者たちの中には不満を抱いている方もいました。

そこで本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は800gものフェザーを採用している事もあって、利用者たちの中にはクッションがふわふわとしている所を気に入っている方がいました。

そのため、クッション性が優れていないクッションでは腰が痛く感じやすい方は、本製品を検討してみる価値があります。

さらに本製品はボリュームがある所を気に入っている方もいたので、底つき感を抱きやすいクッションが苦手な方は、一度でも良いので本製品を試してみる価値があります。

悪い口コミ

本製品はフェザーを採用していたので、期待して購入してみたら、自分がイメージしているほどのクッションではなくて、不満を抱いている方もいたのです。

そのため、フェザーの性質をあまり過信しないほうが良いです。

そして本製品を枕として利用していたら、「ぱりぱり」という音が出てしまうケースがありました。

そのため、本製品をクッションだけではなく、枕としても利用しようと考えている方は注意して下さい。

まとめ

本製品はフェザーを採用している事によって、優れたクッション性を実現している上に、クッションを干しておけばボリュームが元に戻ります。

実際に腰痛の方は、少しでも腰を動かしたら痛く感じやすいので、本製品のように優れたクッション性のある商品を利用するのは重要です。

そのため、不安定なクッションを利用していて、腰が動いてしまう事によって、腰が痛く感じてしまう方は本製品を検討してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション