腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ブレスエアー 三つ折りマットレス 敷き布団は腰痛の方におすすめ!

   

敷き布団はソフトな使用感になっている物が多いので、腰が沈み込みやすいケースがあります。

そのため、腰痛の方が敷き布団を利用したら、症状を悪化させてしまう可能性が高いので、頭を悩ませている方は多いでしょう。

そこで、腰痛の方におすすめしたいのが『ブレスエアー 三つ折りマットレス 敷き布団』です。

この敷き布団は、腰の沈み込みを抑えられる中材を採用しているので、本製品について詳しく説明します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ブレスエアー 三つ折りマットレス 敷き布団の中材

本製品は『ブレスエアー』という中材を採用している事によって、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そこで、腰痛の方のために、ブレスエアーの魅力に迫ってみましょう。

体圧分散

ブレスエアーは、フラットな形状をしていなくて、細いパイプ状になっている物が絡まっているような形状になっています。

実際に、フラットな形状をしている中材は、体圧を分散する事が難しいので、重くなっている腰が沈み込みやすくなっているのです。

もしも、腰が沈み込んでしまえば、その周りも少しずつ沈み込んでしまうので、さらに腰は沈み込んでいきます。

所が、本製品は特殊な形状をしている事から『体圧分散』しやすくなっているので、腰痛の方にはおすすめの敷き布団です。

数多くの穴

私たち人間は、眠る事によって、体の疲れを取っています。

そのため、睡眠不足に陥ってしまえば、腰に疲労がたまっていくので、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

しかし、敷き布団は寝汗や熱がたまっていく事によって、湿っぽくなるので、湿気対策を講じなければ湿っぽくなってしまいます。

そのような事になれば、睡眠の質が低下してしまいますが、腰痛の方は簡単に敷き布団を押入れに上げる事はできないでしょう。

所が、本製品の中材は無数の穴が生じている事から、寝汗や熱を放出しやすくなっているので、湿気がたまりづらくなっているのです。

水洗い可能

通気性が優れている本製品でも、日本は湿度が高くなりやすい国なので、湿気がたまっていく事は避けられません。

実は、敷き布団に湿気がたまっていけば、湿っぽくなるだけではなくダニが繁殖しやすくなります。

ダニの中には、私たち人間の肌を刺してくるツメダニがいるので、ダニが繁殖したら睡眠の質が低下してしまいます。

所が、本製品の中材はシャワーで水洗いする事ができるので、ある程度までダニを洗い流す事ができるのです。

底つき感を緩和

本製品は、敷き布団の厚みが4cmしかないので、本来であれば底つき感が出やすいボリュームになっています。

なぜなら、ボリュームが足りない場合には、腰が少し沈み込むだけでも、腰が床に近づいてしまうので底つき感が出やすいからです。

所が、本製品は体圧分散できる上に高反発タイプになっている事から、底つき感を緩和できます。

実際に高反発タイプになっていれば、敷き布団が硬めになっているので、ボリュームが足りなくなっていても、底つき感があまり出ないのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝返りを打つ重要性

本製品のように体があまり沈み込まないようになっていれば、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっています。

実は、寝返りを打ちやすくなっていれば、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、寝返りを打つメリットを紹介するので、それが分かれば本製品を利用する重要性が理解できるはずです。

血行不良の対策

寝返りを打つ回数が少なくなっていたら、眠っている時は同じ姿勢を続ける時間が長引いてしまう事から、血行不良に陥ってしまいます。

実際に、デスクワークの方は同じ姿勢を続ける事によって、肩こりや首こりに悩まされています。

なぜ、同じ姿勢を続けたら血行不良に陥ってしまうのかと言えば、筋肉が緊張状態に陥って血管が収縮するからです。

血行不良に陥ったら、体内で疲労物質がたまってしまうので、腰に疲労をためないために、寝返りを打ちやすい敷き布団を利用する事は重要です。

睡眠の質をキープ

私たち人間は、無意識のうちに寝返りを打っていますが、これは同じ体が下のほうにならいようにするためです。

実際に、寝返りを打つ回数が少なくなっていたら、仰向けになっている時間が長引きやすいので、腰が下のほうになっている時間も長引きます。

そうなってしまえば、腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

そして、横向きになっている時間が長い場合でも、横向きの時は体の半分が下のほうになってしまうので姿勢が崩れやすくなっています。

姿勢が崩れてしまえば、腰にかかる負担が大きくなるケースもあるので、寝返りを打つ事は大気なメリットです。

製品情報の詳細

敷き布団を購入する場合には、腰にかかる負担だけではなく『デザイン』や『価格』なども気になってしまうでしょう。

そこで、製品情報の詳細も紹介するので、この敷き布団を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

デザイン性

多くの敷き布団は、清潔感のあるホワイトまたはアイボリーが多くなっています。

清潔感のあるホワイトやアイボリーを好きな方は多いかもしれませんが、ホワイトやアイボリーは明るいトーンになっているので、汚れが付いたら、目立ちやすいというデメリットがあるので注意しなければいけません。

それに引き換え、本製品は『ブラック』になっているので、汚れが付いても目立ちづらくなっているのです。

そのため、汚れが気になる方は、本製品を検討してみる価値があります。

コストパフォーマンス

本製品は、ブレスエアーという特殊な中材を採用している事もあって、値段が安い敷き布団ではありません。

実際に、Amazonでは税込価格15,984円もするのです(2018年7月3日時点)。

この値段が高いのか分からない方は多いかもしれませんが、実は日本で販売されている敷き布団の中には、10,000円以下になっている製品はいくつもあります。

そのような事を考えたら、コストパフォーマンスが優れている敷き布団を探している方は注意して下さい。

利用者たちの満足度

本製品は、腰痛でも利用しやすい敷き布団ですが、値段が高くなっているので、購入するほど価値のある製品なのか分からない方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、ブレスエアーの品質に満足している方がいました。

実際に、日本で販売されている敷き布団の中には、ウレタンを採用している製品もあります。

このウレタンは体が沈み込んでしまう事がありますし、臭い匂いがする場合もあります。

そのような事を考えたら、ブレスエアーが採用されているのは、注目すべきポイントです。

さらに、本製品は軽量タイプになっていて、満足している方もいました。

実際に、本製品は約4kg程度になっているので、簡単に持ち運びしやすくなっています。

否定的な口コミ

本製品を利用していたら、1年も経過しないで、敷き布団の真ん中の部分がへたってしまうケースがありました。

実際に敷き布団を利用していたら、体を支え続けた事によって、へたっていきます。

もしも、敷き布団がへたってしまえば、腰が沈み込みやすくなるので注意しなければいけません。

そのため、定期的に敷き布団の向きを変えてみて、重くなっている腰を支える部分を変えてみましょう。

そうすれば、敷き布団のへたりをある程度まで抑える事ができます。

まとめ

本製品の中材は、体圧分散する事ができるので、腰の沈み込みを抑える事ができます。

そのため、今まで腰が沈み込みやすい敷き布団を利用している場合には、本製品に買い換えてみる価値はあります。

ただし、睡眠の質が低下してしまえば、本製品を利用しても腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、電気やテレビなどを消して、睡眠の質が高くなりやすい環境で眠る事も重要です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団