腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ベッドとマットレスの下に敷くラグはどんなものが正解?

   

【高級感あふれる立体ジャガード織りラグマット 185×185cm(約2畳用)】 抜群に柔らかい上質なボア生地使用 ホットカーペット・床暖房対応 安心ノンスリップ加工済 洗えるタイプ 華やかな織物ラグ (ブラウン色)

ベッドとマットレスの下には、何も敷かないという方もいます。

確かにそれはそれで間違いではありません。

しかし、ベッドとマットレスの下にラグ等を敷かないと、フローリングが傷つくことがおおいです。

さらに掃除も面倒になるので、敷くことが出来るのであれば敷くのがおすすめです。

では、そんな風にベッドとマットレスに下にラグを敷く際には、どんなラグを敷くのが正解になるでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

サイズがとにかく大きいものが正解

ベッドとマットレスの下にラグを敷くのであれば、とにかくサイズが大きいものが正解になります。

それは、機能的な問題というよりかは、見た目の問題になります。

ベッドもマットレスも、基本的にはすごく大きなサイズ感になります。

もっとも一般的なシングルサイズであっても、200センチかける100センチくらいのサイズ感になりますから、基本的には大きいのです。

そんな風に大きなサイズ感のベッドとマットレスの下に、ぎりぎりのサイズ感のラグを敷いていくと、どうしても窮屈に見えてしまうのです。

そうして窮屈に見えてしまうというのは、ベッドとマットレスのコーディネートとしてまず避けないとならないことになります。

だから、ラグのサイズ感はなるべく大きなサイズ感のものを選ぶべきなのです。

部屋全体に行きわたるくらいが正解

ただ大きなサイズと言われても、どのくらいのサイズかはわからないものです。

そこでよりわかりやすくいうと、そのベッドやマットレスがある部屋全体に行きわたるくらいのサイズ感のラグが正解になります。

ベッドやマットレスがある部屋全体に行きわたるくらいのサイズ感のラグであれば、ベッドやマットレスの下にそれが敷かれていても、窮屈になることはありません。

そしてそれがあることによって、部屋全体に統一感が出てくるというメリットも出てきます。

だから、ベッドとマットレスの下に敷くラグは、部屋全体に行きわたるくらいのサイズ感のものを選んでいってください。

ソファなども乗せてしまう

そんな風に部屋全体に行きわたるくらいのサイズ感のラグなのですから、当然そこに乗せるのはマットレスやベッドだけではありません。

マットレスやベッドだけではなく、ソファやテーブルなどもそれに乗せていくのが正解です。

そうすることによってますます統一感も出ていきますし、ベッドやマットレスの存在感が強すぎてしまうということもなくなります。

是非いろいろその上においてみてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

毛足が長くないものが正解

ベッドとマットレスの下に敷くラグは、毛足が長くないものが正解になります。

ベッドとマットレスの下に敷くラグには、毛足が長いものを選ぶことも当然可能です。

しかし、毛足が長いラグを選んでしまうと、いろいろな弊害が出てきます。

なので、基本的には毛足があまり長くないものを選んでいくようにしてください。

毛足が長いとゴミがたまりやすくなる

でも、なぜ毛足が長いラグを選ぶのはおすすめできないのでしょうか?

それは、毛足が長いとゴミがたまりやすくなるからです。

毛足が長いラグを使用していると、どうしてもラグの中にごみがたまりやすくなります。

毛足の奥深くに入り込んでしまって、簡単には取れなくなってしまうのです。

そうなってしまってはよくありません。

だから、すこしでもゴミが取れやすいようなラグを選ぶべきなのです。

それは、毛足が短いラグになります。

ベッドやマットレスの下はごみがたまりやすい

ただでさえ、ベッドやマットレスの下はごみがたまりやすい状態にあります。

ベッドやマットレスの下には、寝ている間の髪の毛や、寝ている間にする寝返りのせいで舞い散ったほこりが落ちていきます。

だから、すごくごみがたまりやすいのです。

そんなごみがたまり環境に、ごみを取り除くのが難しいようなラグを置いていくのが、正しい選択なはずがありません。

部屋全体に敷いていくということだけ考えると、さわり心地が気持ちよいことが多い毛足が長いラグを選びたくなる気持ちはわかります。

でも、ごみが取れづらくなるのは困るので、毛足が長いラグは避けるようにしていってください。

立体的なデザインがあるラグも避ける

マットレスとベッドの下に敷くラグでは、立体的なデザインがあるラグも避けるようにするのがおすすめになります。

立体的なデザインがあるラグを使用していると、その立体的なデザインのせいで、マットレスとベッドのバランスが悪くなることが出てきます。

それは当然、ラグ自体に段差があるようなものなのですから、その上にベッドとマットレスを置いたら、ちょっとだけ斜めになっていってしまいます。

そうして斜めになると、やはり寝心地は悪くなります。

それは、自分では気が付かない程度の斜めかもしれません。

でも、身体は意外とビンカンなもので、斜めであることにより寝心地の悪さを感じてしまうものなのです。

そうして寝心地の悪さを感じてしまっていたら、やはり質の高い睡眠はできなくなります。

なのでそうならないように、立体的なデザインのあるラグは避けるようにしていってください。

立体的なデザインのラグもごみが取れづらい

また、マットレスとベッドの下に敷くのに、立体的なデザインのラグを避けた方が良いというのは、ごみがとれづらいからでもあります。

立体的なデザインである分、段差にごみが入り込んでしまい、ごみが取れづらくなるのです。

ごみが取れづらくなるのは避けないとなりませんから、そういう意味でも立体的なデザインのラグは避けないとなりません。

色がある程度多いラグがおすすめ

ベッドとマットレスの下に敷くラグは、色がある程度多いラグがおすすめになります。

ラグには、単色使いのものもあれば、いろいろな色が使われているものもあります。

そんな中でベッドとマットレスの下に敷くのにおすすめなのは、色がある程度使われているものなのです。

それは、そのラグのサイズ感が関係しています。

単色だと単調になりすぎる

先述のとおり、ベッドとマットレスの下に敷くラグは、ある程度大きなサイズ感でないとなりません。

ある程度大きなサイズ感でないとならないということは、それのインパクトが部屋の印象を決めるということになります。

それなのに、もしそれが単色使いだったら、やはり単調すぎる印象を与えることになってしまうのです。

勿論ベッドとマットレスを置くところなので、ある程度単調でも構わないということもあります。

しかしどうせならばできるだけ部屋をおしゃれに見せたいものです。

そうして部屋をおしゃれに見せたいのであれば、ベッドとマットレスの下に敷くラグには、ある程度色が使われているべきなのです。

そこにある程度色が使われていれば、それだけで部屋はすごく明るくなっていきます。

明るい印象を与えることが出来れば、それによりおしゃれな印象にもつながりやすくなります。

良い印象を感じますから。

良い印象を感じてくれると、あとは勝手におしゃれに見えてくるものです。

なので、いろいろな色が使われているラグを使うようにしていってください。

ただ、いろいろと使われているとは言っても、うるさくなりすぎないようには注意していってください。

原色系が強くないものを選んでいってください。

まとめ

ベッドとマットレスの下に敷くラグには、ある程度サイズが大きくて、毛足が短くて、立体的なデザインではなくて、かつ色が多色使いのものがあっているということになります。

そういうラグは、あまりたくさん数があるわけではありません。

なので、そういうものでかつ気に入るものを見つけるのは多少大変にはなります。

しかしないわけではありませんし、是非そういうものを探してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団