腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ボンネルコイルのダブルは無し?ボンネルコイルのダブルサイズのマットレスのメリットデメリット

   

タンスのゲン ポケットコイルマットレス 厚み18cm シングル 高密度 コイル数465個 圧縮梱包 ホワイト AM 000055 00

マットレスには、大きく分けてボンネルコイルとポケットコイルのマットレスがあります。

でも一般的に人気なのはポケットコイルになります。

そしてそれはダブルサイズのマットレスにおいても同じことです。

では、ボンネルコイルのマットレスには魅力はないのでしょうか?

ここではそんな、ボンネルコイルのダブルサイズのマットレスのメリットとデメリットについて紹介します。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

ボンネルコイルは寝返りがしやすい

ボンネルコイルのダブルサイズのマットレスの魅力としてまず挙げることが出来るのは、寝返りがしやすいという点です。

ボンネルコイルのダブルサイズのマットレスは、ポケットコイルのそれと比べて固いです。

固いということは、寝返りをする際の込めた力を逃がさないということになります。

だから、スムーズに寝返りをすることが出来るのです。

これがポケットコイルの場合、やわらかいものが多いので、込めた力を逃がしてしまう事も多いです。

そうして込めた力を逃がしてしまうと、当然ながらその分だけ寝返りはしづらくなります。

なので、ポケットコイルのマットレスは寝返りがしづらいと言えます。

ダブルサイズはただでさえ寝返りがしづらい

ダブルサイズのマットレスは、ただでさえ寝返りがしづらいと言えるのです。

まず基本的に、ダブルサイズのマットレスで寝るのであれば、1人で寝るのではないでしょう。

ほとんどの場合、二人で寝るのでしょうが、二人で寝るとなると、やはりダブルサイズのマットレスでは横幅が足りないところがあるのです。

そうして横幅が足りないと、当然ながら寝返りはしづらくなります。

その上さらにポケットコイルの様に力を吸収されてしまっていたら、ますます寝返りはしづらくなるでしょう。

だから、寝返りをしたい人には、ダブルサイズのマットレスではボンネルコイルのマットレスを選ぶことをおすすめします。

寝返りしないと身体が痛くなる

寝返りは、睡眠においてすごく大切なこととなります。

寝返りしないで睡眠していたら、そのせいですごく身体が痛くなるでしょう。

寝返りしないで睡眠をするというのは、ずっと同じ体勢でいるということになります。

ずっと同じ体勢でいたら、当然ながら身体は凝り固まっていってしまいます。

そうして身体が凝り固まっていけば、次第に痛みを感じるのも当然になるのです。

だから、寝返りは出来た方が良いです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

ボンネルコイルはへたりづらい

ボンネルコイルのマットレスは、へたりづらいと言えます。

ポケットコイルのマットレスは、やわらかいですし、ある一部分だけ凹むような事もあるマットレスになります。

しかし、ボンネルコイルの場合はそうはなりません。

ボンネルコイルは一部分がへこむというよりは、全体が凹むような構造になっています。

なので、ダブルサイズの場合、二人分の重みを全体で感じるので、余計に凹みやすいところはあります。

ただ、凹むとはいっても、ある一部分が凹むのではなく全体がしなるように凹む感じになるので、特別寝心地において問題となることはないでしょう。

ポケットコイルの場合は、その凹みを繰り替えしているうちに、次第にそこに腰などがハマるようになるでしょう。

すると益々寝返りもしづらくなりますし、それだけではなく、体重の負荷もそのハマっているところに強くかかるようになるでしょう。

それはまさにマットレスがへたっている状態と言えるでしょう。

デメリットは揺れること

では、ボンネルコイルのダブルサイズのマットレスのデメリットはどこにあるでしょうか?

ボンネルコイルというのは、全体が凹むような構造と言うことからも分かる通り、全体がつながっているような作りになっています。

そうして全体がつながっているような作りになっているということは、その上に誰かが乗ったら、それだけですごく揺れるという事になります。

それは、ダブルベッドの場合すごく大きな問題となるでしょう。

1人で寝るわけではないから揺れるのは問題

これがシングルベッドであれば、別に揺れても何の問題もないでしょう。

しかし、ダブルベッドの場合はそれには二人で寝る事になるわけなのですから、揺れてしまったら先に寝ている方は起こされてしまう可能性が出てくるのです。

ダブルベッドで寝るからといって、常に同じタイミングでベッドに入るわけではないでしょう。

というよりも同じタイミングでベッドに入る人達の方が少ないのではないでしょうか?

同じタイミングでベッドに入らないということは、どちらかが先に寝ているということになります。

どちらかが先に寝ているところに後からもう一人来て、それで揺れていたら、やはり起きてしまう事もあるでしょう。

なので、ダブルベッドの場合には、それは大きな弱点と言えるのです。

寝返りの振動も来る

また、先述で、ボンネルコイルのマットレスであればダブルサイズのマットレスであっても多少寝返りがしやすいと紹介してきましたが、そうして寝返りをする際にも当然振動はきます。

なので、その寝返りがしやすいということすらも、デメリットになってしまう事があるのです。

もし、一度寝たらそうそう起きないという二人で寝るのであれば、ボンネルコイルのこのデメリットは全く関係なくなりますが、繊細な二人で、ちょっとの物音や振動などでも起きてしまうというのであれば、ボンネルコイルのダブルサイズのマットレスでは熟睡できない可能性が高いと言えるでしょう。

痛く感じることがあることもデメリット

また、ボンネルコイルのマットレスは、先述の通りすごく固いものになります。

もし今まで布団で寝ていたと言う二人であれば、それは間違いなくメリットになるでしょう。

今までと近い寝心地になりますから。

でも、もし今までマットレスで寝ていた、つまりベッドで寝ていたというのであれば、ボンネルコイルになったせいで、体が痛くなる事もあります。

今までは身体がしずみこむのに慣れていたわけですが、急にそれができなくなるのです。

そして、ダブルサイズのマットレスに寝るので、サイズ感も狭くなり、寝る体勢も崩れがちになります。

それなのに、質感が固くなってしまったとなれば身体が痛くなる事もあるのです。

腰が痛くなることが多い

そうして固くて痛くなってしまう人は、腰が痛くなる事が多いです。

今まで沈んでいたのは、間違いなく体重の多くがかかる、腰になります。

その腰にかかる負担をバランスよく身体を鎮めることで中和していたのでしょうが、それができなくなるわけですから、腰が痛くなることが多いのです。

ただそれに対しては対処法もあります。

それが、膝を立てて寝るという方法です。

膝を立てて寝ると、腰のあたりが適度な曲線を描くようになりますし、体重の負荷のバランスもとれやすくなります。

だから、腰にばかりやたらと負担がいくということはなくなるのです。

ただそれはあくまでも応急処置では有ります。

固くて痛いという根本的な問題を改善しないと、いつしかこうした応急処置が利かなくなることが想定できます。

なので、もしダブルサイズのマットレスに寝る二人のうち、どちらか一人が今までマットレスで寝ていたという場合、よく相談した方が良いでしょう。

まとめ

ダブルサイズのマットレスならば、ポケットコイルが選ばれることが多いですが、ボンネルコイルにはボンネルコイルの良さがあるのです。

もちろんこうして悪いところもあるので、ポケットコイルが選ばれることが多くなっているのですが、良い点に魅力を感じたからは、ボンネルコイルのダブルを選択肢に入れてみて良いのではないでしょうか?


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団