腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ボンネルコイルマットレスの優れた点は?注目したい5つのメリット

   

タンスのゲン 三つ折りマットレス 圧縮梱包 ボンネルコイル シングル メッシュ ブラウン 65090100 BR

スプリングが入ったマットレスには、中のスプリングが連結されたボンネルコイルと呼ばれるタイプがあります。

ボンネルコイルマットレスには、他のタイプとは違ったメリットがあるので、選ぶときはしっかりチェックしておきましょう。

その製品のメリットを把握してから選ぶようにすると、初めて購入するようなときでも、失敗を防ぐことができます。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

適度な硬さがある

ボンネルコイルマットレスは、スプリングが連結され、すべてつながっている状態です。

他のタイプだと、バラバラのスプリングをいくつも敷き詰めたポケットコイルもありますが、ボンネルコイルは、すべて合わせてひとつのスプリングになります。

この構造は、硬さに影響してくるポイントです。

連結されたスプリングを使ったものは、面で支えることになるため、体を乗せたときに適度な硬さを感じます。

独立したコイルが並んだタイプだと、点で支えるために形が変わりやすく、硬さをあまり感じません。

全体がつながったスプリングなら、簡単に形が変わることはないため、ちょうどよい硬さで体を支えてくれるのです。

そのため、硬い寝心地が好みの人にはおすすめです。

柔らかいものはフワフワした気持ちよさがありますが、体の安定性は少し低いため、人によっては眠りにくく感じることもあります。

特に、体格の良い男性の場合は、柔らかさのために疲れてしまうことも多いのです。

硬めのものなら、体がしっかりと支えられるため、安心して使うことができます。

沈みすぎない硬さ

硬めのボンネルコイルには、寝るときの自然な姿勢を維持する効果もあります。

柔らかいものは沈みやすくなるため、場合によっては不自然な曲がり方をすることがあり、体に負担をかけてしまいます。

適度な柔らかさなら問題はありませんが、柔らかすぎて極端に深く沈むようなものは、腰や背骨などを傷める可能性が高いのです。

しかし、硬めのものを使っていれば、そのようなことは起こりません。

硬さがあると、体が沈みすぎることはないため、姿勢の維持が容易になります。

変に曲がった姿勢のまま一晩過ごすようなことがなくなり、体へのダメージが少ない快適な睡眠ができるようになるのです。

腰痛を防ぎたいときは、沈みすぎない寝具が重宝されているので、ボンネルコイルマットレスもしっかりチェックしておきましょう。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝返りがしやすい

寝返りは、毎日の睡眠を楽なものにするための大切な動きです。

無意識に転がっているだけのようにも思えますが、同じ姿勢を長く続けないことは、体への負担を減らすための重要なポイントになります。

ボンネルコイルマットレスは、その寝返りをサポートすることができるのです。

寝返りをスムーズに行うためには、しっかりと体を支えてくれる寝具が必要になります。

柔らかすぎて深く沈むものを使ったりすると、思うように動くことができません。

体が埋もれるような状態になってしまうため、自然と動きを制限してしまうのです。

跳ね返す力が弱く、一度沈んだらなかなか元に戻らない低反発素材の製品も、度が過ぎれば動きを妨げてしまいます。

きちんと寝返りをうつためには、体を固定しないマットレスを選ぶべきです。

そんなときは、ボンネルコイルを使ってみましょう。

ボンネルコイルの適度な硬さがあれば、体が埋もれるほど沈んだりしないため、動きを邪魔する要素がなくなります。

それなら、すんなりと寝返りをうつことができるのです。

腰痛対策をする

寝返りがうまくできないことは、腰痛を引き起こす原因のひとつです。

まったく動かない状態が長く続けば、どうしても体に負担がかかるので、腰を痛めやすくなってしまいます。

そうしたデメリットをしっかり防ぐなら、寝返りがしやすいボンネルコイルを積極的に使っていきましょう。

じっとしているのが辛くなってきても、スムーズに動けるくらいのちょうどよい硬さがあれば、簡単に楽な姿勢をとることができます。

へたりにくい

マットレスを使うときの重要なポイントとしては、耐久性もあります。

耐久性が低く、簡単にへたってしまうようなものは、あまり体によくありません。

スプリングがへたってしまうと、体を支える働きも低下することになるため、適度な硬さによる快適な寝心地が損なわれてしまうのです。

また、中央が凹んだものに寝ていると、姿勢の維持も難しくなります。

柔らかすぎるものを使ったときのように、腰が不自然な沈み方をすることも多く、腰痛を回避できない可能性があるのです。

そのようなデメリットを防ぐなら、ボンネルコイルのマットレスをおすすめします。

スプリングが連結されたボンネルコイルは、単に感触が硬いだけでなく、しっかりした耐久性を備えています。

ポケットコイルのようにスプリングが独立したタイプだと、よく負荷をかけるところから劣化していくため、腰を乗せる辺りが凹みやすくなるものです。

すべてつながっているボンネルコイルであれば、そのようなことは起こりません。

長持ちする

へたったものを使い続けると体を痛めてしまうので、明らかに凹んできたときは、速やかに交換しなければなりません。

そのため、耐久性が極端に低い製品を使ったりすると、頻繁に買い替えを行うことになってしまいます。

できるだけ長く使うことを重視するなら、ボンネルコイルを選びましょう。

耐久性が高く、なかなかへたらないものであれば、せわしなく何度も買い替えたりする必要はありません。

体への負担を防ぎつつ、お気に入りのマットレスと長く付き合っていきましょう。

通気性が高い

ボンネルコイルは、湿気がたまりにくくなっているため、ジメジメした不快感を軽減することができます。

内部のスプリングが開けているため、通気性が高く、内部に湿気がこもりにくい状態なのです。

スプリングマットレスの中でも、ポケットコイルのものは、あまり通気性がよくありません。

ポケットコイルは、その名のとおり、個々のスプリングがポケット状の袋に入っているため、湿気を逃がしにくい構造になっています。

ボンネルコイルの場合は、すべて連結されているだけで、何かに覆われているわけではないので、きちんと逃げ道を確保することができるのです。

湿気の蓄積は、カビやダニの繁殖を助けることになってしまうので、健康を保つためにも、通気性には注意して選ぶようにしましょう。

安く買える

ボンネルコイルを使ったものは、なるべく出費を抑えたいときにもおすすめのタイプです。

ポケットコイルのように、独立したスプリングをたくさん使うようなタイプは、部品の数だけコストがかかります。

また、ひとつひとつ袋に入れなければならないので、かなり手間をとられることにもなります。

そのため、どうしても値段が高くなりがちであり、少ない予算で購入したいときは、あまりおすすめできません。

ボンネルコイルの場合は、そうした値段を上げるような要素が少なくなっています。

複数のスプリングをつなげてはいますが、ポケットコイルほど部品の数は多くないため、だいぶ安く買うことができるのです。

メーカーによって多少差はありますが、中には10,000円以下のものもあるので、出費が気になるようなときは、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

スプリングが入ったマットレスを初めて購入するときは、「ボンネルコイル」という聞き慣れない名前に戸惑ってしまうこともあります。

そんなときは、ここで紹介したようなメリットを思い出してください。

適度な硬さや寝返りのしやすさ、通気性の高さなどをよく考えて、最も使いやすく、快適に眠ることができるものを探しましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団