腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

ポケットコイルシート高座椅子で腰痛対策!高さや角度が調整可能?

   

エムール 組立不要 ポケットコイルシート 高座椅子 立ち上がりを考えた 肘の高さをキープできる木製肘掛け ブラック

腰痛になってしまえば、椅子に座るだけでも辛く感じてしまいます。

そのため、椅子に座る事が嫌になってしまう方は多いでしょう。

ところが、日本で販売されている椅子の中には『ポケットコイルシート高座椅子』のように、腰痛でも利用しやすい椅子があるのです。

この椅子は高さや角度を調整する事ができるので、腰にかかる負担を軽減できるようになっています。

そこで、腰痛に悩んでいる方のために、本製品の魅力に迫ってみるので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

ポケットコイルシート高座椅子の魅力

本製品には、腰痛の方にとって、魅力的なポイントが4つあって、それがポケットコイル・リクライニング機能・高さ調整・肘掛け付きなどです。

この4つのポイントがあるお陰で、本製品は腰痛でも利用しやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

ポケットコイル

ポケットコイルとは、マットレスで採用されているケースが多いのですが、椅子で採用しているケースは多くありません。

実は、このポケットコイルというのは、コイル(スプリング)が1本ずつ独立している事から、身体を面ではなく『点』で支える事が可能です。

そのため、体圧を分散しやすくなっているので、腰の沈み込みを抑える事ができるのです。

そのような特徴があるので、本製品を利用すれば、腰があまり沈み込まないようになっているので、腰にかかる負担を軽減できます。

リクライニング機能

本製品は『リクライニング機能』が搭載されていて、背もたれの角度を無段階で調整する事ができます。

実際にリクライニング機能を搭載している座椅子は多くありますが、その中には決められtら段階までしか、背もたれを調整できないものがあります。

もしも決められた段階までしか、背もたれを調整できなかったら、自分の体に合う角度に背もたれを調整できない場合もあるので、注意しなければいけません。

そのため、本製品のように、無段階まで背もたれの角度を調整できたら、身体にかかる負担を軽減できます。

そのため、腰痛に悩んでいる方には、本製品はおすすめです。

高さ調整

腰痛になっていない時は、椅子から立ち上がる時には、あまり意識していなかったかもしれませんが、実は低い位置から立ち上がろうとしたら腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、腰痛になってから椅子を利用しようとしたら、腰が痛く感じるのは、この高さが大きく関係しているのです。

ところが、本製品は座面の高さを4段階まで調整する事が可能で、40.5cm・43.5cm・46.5cm・49.5cmに変える事ができます。

そのため、本製品から立ち上がる際には、あまり腰に負担をかけないで済むのです。

肘掛け付き椅子

座面の高さを調整できる椅子でも、腰痛の症状によっては、腰が痛く感じる場合があります。

しかし本製品には、高さを調整できる機能だけではなく『肘掛け』まで備えられているので、腰にかかる負担を軽減できるようになっています。

なぜなら肘掛けに手を置いて、腕力を使って立ち上がろうとすれば、腰にかかる負担をできるだけ軽減する事ができるからです。

さらに肘掛けに、肘を乗せた状態であれば、雑誌を読んでいても、肩にかかる負担を軽減できます。

実は肩に大きな負担をかけていたら、腰にも悪い影響を与える事があるのです。

そのため、本製品に肘掛けまで備えられているのは、腰痛の方にとって、注目すべきポイントになります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

本製品を利用する際のポイント

本製品は腰痛でも利用しやすくなっていますが、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを知らなければ腰痛が悪化する可能性があるので、詳しく紹介しましょう。

位置ズレ

本製品はリクライニング機能が搭載されているので、背もたれを少し後方に倒せば、楽な姿勢で座る事ができます。

しかし、そのような姿勢で座っていたら、お尻が前のほうへズレやすくなってしまうので注意しなければいけません。

もしも、お尻が前のほうへズレている状態で、背もあれに背中で寄りかかってしまえば、上半身の体重の負担は腰に加わりやすくなってしまいます。

そのため、背もたれを倒す時には、お尻が前のほうへズレないように気を付けて下さい。

座っている時間帯

私たち人間は、立っている時は上半身の体重が、両足によって分散されますが、座っている時は上半身の体重が腰に加わりやすくなってしまいます。

このような理由がある事から、腰痛の方が椅子に座ったら、腰が痛く感じやすいのです。

そのため、腰痛の方は本製品に座っている時は、1~2時間に1回は立ち上がって、腰の疲れを取る事が重要です。

本製品の背もたれは90度まで倒す事はできますが、座面が高くなっている事から、あまり安定感が優れないので注意する必要はあります。

腰痛の方が注意すべきポイント

腰痛の方は椅子を利用していない時でも注意すべきポイントはいくつもあります。

そこで腰痛が悪化しないように、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

ストレス

腰痛に悩んでいる方は意外に思うかもしれませんが、実はストレスを溜めすぎたら腰痛を悪化するケースがあるのです。

なぜならストレスを溜めたら『ドーパミンシステム』が乱れてしまうからです。

このシステムは、痛みを緩和する働きがあるので、ストレスを溜めすぎたら腰の痛みを強く感じてしまいます。

そのような事になれば、さらにストレスが溜まって、ドーパミンシステムは乱れたままの状態になってしまうので、悪循環に陥ってしまいます。

そのため、定期的にストレスを発散して、ドーパミンシステムが乱れないようにしたほうが良いです。

睡眠時間

腰痛の方は、椅子に座る時だけではなく、ベッドに横になる時でも、腰が痛く感じてしまいます。

そのため、睡眠時間を短縮してしまう方は多いかもしれませんが、そのような事をしたら、睡眠不足に陥って腰痛が悪化してしまいます。

なぜなら、私たち人間は眠る事によって、身体の疲れを取っているからです。

そのため、日頃から睡眠時間を確保して、腰の疲れを取る事が重要です。

実際に、日本には腰痛でも利用しやすいマットレスや敷き布団は数多く販売されているので、腰が痛く感じやすい方は、腰にかかる負担を軽減できるマットレスまたは敷き布団を利用してみて下さい。

製品情報の詳細

椅子を購入する際には、製品情報を把握しておかなければ、イメージしたものと違ってしまう場合があります。

そこで、この椅子の製品情報も紹介するので、参考にしてみて下さい。

サイズ

通常タイプの椅子とは違って、リクライニング機能を搭載している本製品を購入する際には、空きスペースを十分に確保する必要があります。

なぜなら背もたれを倒したら、奥行きのスペースを確保しておかなければ、壁または家具と接触する可能性があるからです。

そして本製品のサイズは、幅65.5×奥行75~126×高さ58.5~110cmになっています。

本製品を購入する際には、この程度の空きスペースを確保してから購入したほうが良いです。

デザイン性

座椅子であれば洋室だけではなく、和室にも合いやすい商品は多く販売されています。

しかし、本製品のような座面が高い椅子の場合は、洋室にしか合わないデザインが多いので、注意しなければいけません。

ところが、本製品は肘掛けと脚の部分が木製になっているので、洋室だけではなく和室にも合いやすいデザインになっているのです。

さらに背もたれと座面などは、ブラウンカラーになっているので、ご高齢の方が好みやすいデザインになっています。

ただし若い方にしてみれば、少し地味に見えてしまう場合もあるので、注意する必要があります。

高額な椅子

本製品は腰痛でも利用しやすい椅子ですが、注意すべきポイントとして、値段が高い事が挙げられます。

実際に楽天市場では、送料無料ですが税込価格19,900円にもなります(2018年3月15日時点)。

実は日本で販売されている椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品は多くあるのです。

そのため、腰痛で辛い思いをしている方が本製品を購入する際には、値段が高くても腰にかかる負担を軽減したいのか考えてから、本製品を購入したほうが良いです。

まとめ

腰痛になってしまえば、椅子に座るだけでも辛く感じてしまいますが、本製品のように角度や高さを調整できたら、腰にかかる負担を軽減できます。

そのため、値段が高くなっている本製品でも、腰痛の方は購入してみる価値があります。

ただし本製品を利用している際に、姿勢を崩してしまえば、腰痛が悪化するので、背筋を伸ばして座るようにして下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子