腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

マットレスが黄ばんでしまうのはなぜ? 注意したい4つの原因

   

マットレスは、睡眠のために欠かせない寝具ですが、普段の使い方には注意しなければなりません。

適当に使っていると、いつの間にか黄ばんでいることがあるのです。

そのようなマットレスの変色を防ぐには、まず原因を知る必要があります。

では、黄ばんでしまうときのよくある原因について、対策と一緒に詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝汗

マットレスの変色は、寝汗がたっぷり染みこんでいるときによく起こります。

染みこんだ汗が酸化すると、だんだん黄色くなってくるのです。

ひどいときには、黄色を通り越して茶褐色になることもあるため、あまり多量に染みこむような状態は避ける必要があります。

しかし、人間が寝ているときは、意外なほど多くの発汗があるものです。

激しく動くわけではないため、一見するとあまり汗をかかないように思えますが、実際にはそれほど少ないわけではありません。

多いときには、コップ1杯くらいの汗を流していることもあるのです。

それがマットレスに染みこむことになれば、黄色く変色する可能性は高くなります。

なるべく変色させないようにするためには、なんとか汗を防ぐ対策をしなければなりません。

直接寝ない

マットレスに汗が染みこむことを防ぐなら、自分の体とマットレスが直接触れ合わないようにしてください。

直接触れていると、汗がダイレクトに染みこむことになってしまい、黄ばみを防ぐことが難しくなってしまいます。

多量の汗による黄ばみを防ぐなら、必ずシーツや敷きパッドを使うようにしましょう。

何かを敷いて使うようにすれば、汗をたくさんかいたとしても、マットレスに染みこむ量は抑えることができます。

マットレスをガードできるものを使っていれば、汗によるデメリットはなくなるのです。

しかし、腰痛対策で高反発マットレスを使うときなどは、「直接寝ないと効果がない」という注意点があるため、シーツを使わずに寝てしまうことがあります。

確かに、マットレスの効果を確実に得るためには、体との間に余計なものを入れるべきではありませんが、シーツや敷きパッドなら避ける必要はありません。

「直接寝ない」というのは、「他の寝具を重ねない」という意味であり、シーツや敷きパッドの必要性を否定しているわけではないのです。

高反発の効果を妨げるようなことにはならないので、どんどん使っていきましょう。

速乾性に注意

汗対策でシーツを使うなら、適当なものを選ぶのではなく、すぐ乾くものを選ぶべきです。

水分が乾きにくいものを使っていると、湿った状態が長く続き、その間にマットレスまで染みこむことになります。

そんなことでは、シーツを使っていたとしても、汗による黄ばみを防ぐことはできません。

確実な対策をするなら、速乾性の高いシーツを使い、汗をしっかり蒸発させるようにしてください。

マットレスに染みこむ前に蒸発してしまえば、汗による変色を抑えることができます。

防水シーツを使う

マットレスに染みこむ汗を防ぐなら、防水シーツを使い、水分をシャットアウトしてしまう方法もおすすめです。

夏場は汗の量が増えるので、シーツくらいでは防ぎきれないことも多くなります。

そんなときでも、防水機能のあるシーツなら問題はありません。

防水シーツなら、汗だけでなく、子供のおねしょなども防ぐことができるので、黄ばみ対策をするなら、うまく利用していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷きっぱなし

マットレスの変色を防ぐなら、湿気はできるだけ少なくしておくべきです。

湿気が多くじめじめしたマットレスは、染みこんだ汗を蒸発させることができません。

何か敷いて使うようにすれば、多量に染みこむことはありませんが、少しずつ染みこんだ汗が蓄積されていけば、やがては変色してしまう可能性が高いのです。

それを防ぐためには、マットレスをしっかり乾燥させる必要があります。

しかし、いつも敷きっぱなしにしていたのでは、うまく湿気をとばすことができません。

常に敷いたままの状態になっていると、どうしても裏面に湿気がこもるため、汗を蒸発させることもできなくなってしまうのです。

湿気を少なくするためには、敷いたまま放置するのではなく、起こして立てかけるようにしましょう。

起きたあとにきちんと立てかけておけば、空気に晒すことができるため、水分が蒸発しやすくなります。

部屋の湿気も減らす

マットレスを立てかけておくなら、部屋の換気を行い、室内にこもった湿気をとばすようにしてください。

いくら敷きっぱなしを避けていても、部屋の中がジメジメしていたのでは、汗の蒸発を妨げることになってしまいます。

窓を開けて換気すれば、中の湿気が外へ逃げ、新しく新鮮な空気が入ることになるため、部屋の中の湿度を下げることができるのです。

その中でマットレスを立てかけるようにすれば、少しくらい汗が染みこんでしまっても、しっかり乾くようになります。

干す

湿気が少ない状態を保つためには、ただ立てかけるだけでなく、ときどき天日干しにすることも大切です。

日光を当てれば、水分がよりしっかりと蒸発するようになるため、汗の酸化による黄ばみが少なくなります。

ただし、干すときは強く叩きすぎないようにしてください。

マットレスを干すときは、布団叩きでバンバンと叩いてしまうことがありますが、むやみに強い衝撃を与えていると、へたるのが早くなってしまいます。

変色を防ぐことができても、その代わりにへたりが進むようなことになれば、マットレスを長く使うことはできません。

マットレスを叩くなら、軽くホコリを落とすくらいにとどめておくようにしましょう。

直射日光

黄ばみを防ぐなら、干すことはとても効果的な方法ですが、どんなマットレスでもできるわけではありません。

中には、日光を当てたことによって、黄ばみがひどく進行してしまうマットレスもあるのです。

避けるべきなのは、ウレタンを使った高反発マットレスになります。

ウレタンは日光に弱いので、普通に天日干しをすると、劣化を早めてしまいます。

そのようなマットレスを乾燥させるときは、日光を避けて、陰干しにしてください。

陰干しは、風通しのよい日陰で乾かす方法であり、日光がNGとなるものを乾燥させるには最適な方法です。

窓を開けて部屋の風通しをよくしておけば、その場に立てかけておくだけでも陰干しができるので、ぜひ試してみてください。

シーツの洗剤

シーツを洗ったあとは、流しきれなかった洗剤が残ってしまうこともありますが、それを放置していると、黄ばみを悪化させることがあります。

洗剤も酸化で変色してしまうため、汗と一緒に染みこむようなことになれば、マットレスが黄ばんでしまうのです。

それを防ぐためには、念入りにすすぐことも大切ですが、使う洗剤を選ぶことも重要になってきます。

粉末洗剤だと、きちんと溶けなかったものが残ってしまうことが多いので、できるだけ液体洗剤を使うようにしましょう。

洗剤が残らないようにしっかりと洗っていれば、黄ばみの原因となる要素を減らすことができます。

まとめ

マットレスは、普段からよく使うものなので、適当に使っていると劣化を速めてしまいます。

変色して黄色くなることを避けるためには、ここで紹介した原因を頭に入れておき、間違った使い方を避けるようにしてください。

汗を多量に染みこませることや、ずっと敷きっぱなしにすることを避けていれば、マットレスの黄ばみはかなり抑えることができるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団